Suicaチャージの代金をイオン銀行口座で決済する方法

公開日:2016年12月22日

イオン銀行 Suica チャージ

イオン銀行をメイン銀行に使っている人、またはこれからイオン銀行の口座開設をしようとしている人で、Suicaをメインの電子マネーとしている人はSuicaチャージをイオン銀行でできないか気になると思います。

イオン銀行から直接Suicaにチャージすることはできませんが、Suicaチャージの代金をイオン銀行口座で決済する方法はあるので、見ていきたいと思います。

Suicaにチャージできるイオンカード

イオン銀行 suica チャージ

Suicaチャージの代金をイオン銀行口座で決済するには、Suicaにクレジットカードからチャージをして、カード料金の引き落としをイオン銀行ですれば、間接的にSuicaチャージをイオン銀行で行うことができます。

イオンを利用している人なら、イオンカードを持っていると思いますが、Suicaにオートチャージできるイオンカードは唯一イオンSuicaカードだけです。

チャージだけなら、どのイオンカードでもできますが、残高をチェックして一定残高以下の時には自動的にチャージをしてくれるオートチャージ機能はやはり便利です。

イオン銀行 Suica チャージ

Suicaとイオンカードが一体型にもなっているので、イオンカードを使ってSuicaへチャージしたい人はイオンSuicaカードを使われるのがおすすめです。

WAONもついており、WAONへのオートチャージも可能ですので、SuicaもWAONもどちらも利用したい人はお財布をすっきりさせたまま複数の電子マネーを使うことができます。

ちなみにイオンSuicaカードにはiDもついています。

またイオンカードを利用するとたまる「ときめきポイント」から唯一Suicaへ直接交換することができます。

Suicaへクレジットチャージをして、たまったポイントもSuicaに交換できて、Suicaユーザにとっては二度美味しいカードになっています。


Suicaに高還元でチャージできるクレジットカード

イオン銀行 Suica チャージ

イオンSuicaカードはSuicaへオートチャージが可能だったり、たまったポイントもSuicaへ交換することができるので便利ですが、還元率だけを見るともっとお得なカードがあります。

それはVIEWカード(ビューカード)です。

ビューカードはJR東日本系のクレジットカードで、Suicaチャージや定期券購入、新幹線の切符購入をする時の還元率が1.5%となるカードです。

イオン銀行 suica チャージ

中でもビックカメラSuicaカードがお得で、年会費は初年度無料で翌年以降も一度でもカードを利用すると年会費が無料になります。

さらにビックカメラではSuica払いは現金払いと同じ10%ポイント還元の対象となりますので、チャージ分のポイントと合わせると11.5%となる超お得なカードです。

Suicaに高還元でチャージして得したい人にはビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ビックカメラSuicaカードの詳細を見てみる


イオン銀行での引き落としは不可

イオン銀行 Suica チャージ

ただし、ビックカメラSuicaカードは引き落とし口座としてイオン銀行を指定することができません。

ビックカメラSuicaカードだけでなく、ビューカードはすべてのカードでイオン銀行を引き落とし口座に指定することができません。

お得なネット銀行系では、住信SBIネット銀行楽天銀行新生銀行などを利用することができますので、これらの銀行を持っている人は引き落とし口座に指定したりサブ口座として作ることをおすすめします。

どうしてもイオン銀行で引き落とししたい人は、還元率には目をつぶってイオンSuicaカードを利用するのが良いでしょう。

イオンSuicaカードの詳細を見てみる


最もお得なイオンカード

イオン銀行 suica チャージ

なお、ビックカメラSuicaカードなどイオンSuicaカード以外のカードでSuicaへのチャージをする場合でも、イオンSuicaカードは20日30日に5%割引になるなどイオンでお得な特典があります。

イオン系の特典目当てで、ビックカメラSuicaカードとイオンSuicaカードを作ろうと考える人もいますが、その場合はイオンカードセレクトかイオンカード(WAON一体型)を使うのがおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる


イオンカードセレクトやイオンカード(WAON一体型)など、提携カードでないいわゆるプロパーカードと呼ばれるカードは、プロパーカードにしかない特典があります。

イオン銀行 suica チャージ

最も大きいのは利用実績を積むことで、年会費無料のゴールドカードである「イオンゴールドカード」のインビテーションをもらうことができる点です。

イオンゴールドカードは、イオン内にある専用ラウンジを無料で利用できたり、イオンを利用する人ならすべての人が持っておきたいカードです。

イオン銀行 suica チャージ

ですので、Suicaチャージは別のカードで行い、イオンカードを1枚持つなら、イオンカードセレクトイオンカード(WAON一体型)がおすすめです。

一番お得なのは、持っているだけでイオン銀行の優遇金利を受けることができ、WAONへのチャージでもポイントがたまるなど多くの特典があり、イオン銀行キャッシュカードも一つになったイオンカードセレクトです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

ただ、イオン銀行の口座を持ちたくない、作りたくないと考える人ならイオンカード(WAON一体型)がおすすめになります。

イオンカード(WAON一体型)の詳細を見てみる


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ