住信SBIネット銀行のスマプロポイントのため方、使い方、効率よくためる方法

公開日:2018年3月20日
最終更新日: 2018年3月23日

スマプロポイント

住信SBIネット銀行には「スマプロポイント」というポイント制度があり、住信SBIネット銀行を利用することでポイントがたまっていきます。

住信SBIネット銀行はATM手数料や振込手数料の無料回数も多く便利な銀行ですが、利用していくことでポイントまでたまっていきます。

住信SBIネット銀行をよりお得に利用していくために、ポイントはどのように使えるのか、またどのようにしたらポイントがたまるのか、効率的にためる方法はあるのか、見ていきたいと思います。

住信SBIネット銀行のスマプロポイントの特徴

スマプロポイント

  • 住信SBIネット銀行の特定サービスを利用することでたまる
  • 1ポイント1円として現金に交換できる
  • ポイントの交換先は現金のみ
  • ポイントの有効期限は翌々年度の3月末まで(約2-3年)

スマプロポイントは住信SBIネット銀行の特定サービス、商品を利用することでたまる、住信SBIネット銀行のロイヤル顧客(優良顧客)向けのサービスです。

住信SBIネット銀行には、サービスの利用状況にあわせてランク判定をして、ランクに応じてATM手数料や振込手数料が無料になる「スマートプラグラム」というサービスがあり、スマプロポイントはそのサービスの一部です。

住信SBIネット銀行で給与や年金を受け取ったり、外貨積立や純金積立を行うことでポイントがたまり、たまったポイントは1ポイント1円相当で現金と交換することができます。

ポイントの交換先は現金(キャッシュバック)のみとなっており、Tポイントや楽天スーパーポイント、JALやANAのマイルなど他のポイントと交換することはできません。

交換は500ポイント以上100ポイント単位で可能で、キャッシュバック申請の翌々月に入金がされます。

またポイントの有効期限はポイント付与月の翌々年度となっており、仮に2018/5/31にポイントが付与された場合は2020/3/31が有効期限になります。
(年度=4/1から翌年3/31まで)

最短で約2年、最長で約3年の有効期限になっています。

1ポイント1円として使うことができ、使い勝手の良い現金に交換できるので、シンプルながら非常に使い勝手の良いポイントサービスになっています。


スマプロポイントのため方(付与対象サービス)

スマプロポイント

  • 給与、年金の受取、定額自動入金サービのいずれかを利用:30ポイント
  • 口座振替(月1件以上):5ポイント
  • 外貨積立(月1万円以上):10ポイント
  • 純金積立(月5,000円以上):10ポイント
  • Visaデビットカードの利用:1,000円ごとに6ポイント
  • ミライノカードの利用:ミライノポイント1,000ポイント→スマプロポイント2,000ポイント
  • ランク特典のボーナスポイント:毎月50ポイント(ランク4のみ)

住信SBIネット銀行の特定サービス利用

スマプロポイントをためる方法はいくつかあります。

まずは住信SBIネット銀行の特定サービスや商品を利用することです。

住信SBIネット銀行で給与年金を受け取ったり、定額自動入金サービスのいずれかを利用していると毎月30ポイントがたまります。

また、その他にも口座振替(銀行引き落とし)が1件以上あると、毎月5ポイントがたまります。

カードの支払いや電気、ガス、水道、電話代、NHKなど、何かしらを引き落としで支払っている人は多いと思いますので、ポイント数は少ないですが多くの人がためられる条件です。

その他に外貨積立を月1万円以上行うと10ポイント純金積立を月5,000円以上行っていると10ポイントのスマプロポイントがたまります。

外貨積立、純金積立はともにリスクのある投資商品ですので、ポイント狙いではじめる必要はありませんが、すでに投資を行っている人には嬉しい特典といえます。

住信SBIネット銀行の外貨積立、純金積立はともに手数料の面などでお得なので、他社で取引している人は住信SBIネット銀行の外貨積立や純金積立を検討してみても良いと思います。


Visaデビットカードの利用

スマプロポイント

また住信SBIネット銀行のVisaデビットカードを利用すると、利用金額に応じてスマプロポイントがたまります。

デビットカードは、Visa加盟店で利用できる点ではクレジットカードと同じですが、お買い物をすると即時に口座からお金が引き落とされるもので、後からまとめて請求が来るクレジットカードとは異なります。

クレジットカードだと使いすぎてしまう人や、クレジットカードが作れない人、現金派の人におすすめのカードといえます。

デビットカードを使うことで、ATMでいちいちお金を引き出す必要がなくなり、ATM手数料や時間の節約になります。

Visaデビットカードは1,000円利用ごとにスマプロポイントが6ポイントたまりますので、利用金額に対して0.6%分がポイント還元されます。


ミライノカードの利用

スマプロポイント

ミライノカードを利用することでもスマプロポイントをためることができます。

ミライノカードは、住信SBIネット銀行が発行するクレジットカードで、住信SBIネット銀行利用者には多くのメリットがあるカードです。

ミライノカードからスマプロポイントをためるには、ミライノカードでたまるミライノポイントとスマプロポイントを交換します。

ミライノカードは1,000円利用ごとに5ポイントのミライノポイントがたまり、ミライノポイント1,000ポイントでスマプロポイント2,000ポイントと交換可能(1,000ポイント以上100ポイント単位)なので、利用金額に対して1%分のポイントが還元されることになります。

仮に年間36万円(月に3万円)利用した人であれば、約1,800ミライノポイントがたまりますので、スマプロポイント3,600ポイントと交換可能で現金3,600円のキャッシュバックを受けることができます。

ミライノカードの詳細を見てみる

ミライノカードGOLDの詳細を見てみる

ミライノカードPLATINUMの詳細を見てみる


ランク特典のボーナスポイント

スマプロポイント

最後にランク特典のボーナスポイントでもスマプロポイントがたまります。

スマートプログラムのランク制度の中で最高ランクのランク4になると、毎月50ポイントのボーナスポイントをもらうことができます。

毎月50ポイントのボーナスポイントがもらえると、年間では600ポイントもたまることになりますので結構大きいです。

ランク4になるには外貨預金、仕組預金、住宅ローンのいずれかを利用する必要があり、ハードルは高めですがポイント以外にもATM手数料、振込手数料が毎月15回まで無料になるなどメリットが大きいです。

上記の方法以外にもミライノカードを持っていると、GOLDとPLATINUMであれば住信SBIネット銀行を引き落とし口座とすることで2ランクアップしますので、比較的条件のゆるいランク2やランク3の条件を満たすだけで最高ランクのランク4になれます。

一般カードでも利用金額に応じて、ランク判定商品として利用金額が1万円以上で1つ、5万円以上なら2つとしてカウントされます。

このようにミライノカードはランク4を簡単に達成できるカードですので、ランク4を目指す人は必携のカードといえます。


スマプロポイントを効率よくためる方法

スマプロポイント

  • 住信SBIネット銀行のサービスを集中的に利用する
  • Visaデビットではなくミライノカードを利用する

住信SBIネット銀行のサービスを集中的に利用する

スマプロポイントを効率よくためるには、まずは住信SBIネット銀行を給与受取口座にするなど、住信SBIネット銀行のサービスを集中的に利用することです。

給与の受取、口座振替、外貨積立、純金積立をすべて利用することで、毎月55ポイントをためることができます。

年間で660ポイントをためることができるので、結構大きいですね。

また、スマプロポイントがもらえるキャンペーンも随時実施していますので、キャンペーンをチェックすることも重要です。

住信SBIネット銀行の実施中のキャンペーンをチェックする


Visaデビットではなくミライノカードを利用する

スマプロポイント

またスマプロポイントがたまるカードには、Visaデビットカードミライノカードがありますが、ミライノカードの方がポイントがたまりやすいので、ミライノカードを集中的に使うことでポイントを効率的にためることができます。

還元率はVisaデビットカードが0.6%、ミライノカードが1%ですので、ミライノカードを使うことでデビットカードより167%もポイントがたまります。

ミライノカードは住信SBIネット銀行を引き落とし口座とすることで、スマートプログラムのランクが1から2ランク上がるので、ランク4を簡単に目指せる意味でもボーナスポイントがもらえてお得です。

スマプロポイントを効率的にためるならミライノカードは必須のカードと言えます。

ミライノカードには、一般カードのほかにGOLDカード、PLATINUMカードがありますが、ポイントのたまり方は券種による違いはありませんので、ポイントだけを考えるなら普通のミライノカードで十分です。

ミライノカードの詳細を見てみる

このようにスマプロポイントを効率良くためるには、住信SBIネット銀行に利用を集中させたり、ミライノカードを作って利用していく必要があります。

スマプロポイントが住信SBIネット銀行のロイヤル顧客向けのサービスということもあり、住信SBIネット銀行のサービスを使い倒すことでどんどんお得になっていきます。

住信SBIネット銀行、ミライノカードともにスペックが高く、便利なサービスです。

住信SBIネット銀行がメイン銀行という人は給与受取口座にしたり、ミライノカードを活用するなどして、住信SBIネット銀行を活用していきましょう。

ミライノカードの詳細を見てみる

ミライノカードGOLDの詳細を見てみる

ミライノカードPLATINUMの詳細を見てみる


まとめ

スマプロポイント

住信SBIネット銀行のスマプロポイントのため方や使い方、効率的にためる方法を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • スマプロポイントは1ポイント1円で現金と交換できる
  • 給与の受取や口座振替、特定商品の利用でポイントがたまる
  • ミライノカードを使うとポイントがたまりやすい

スマプロポイントは、住信SBIネット銀行利用者向けのポイントプログラムで、給与受取口座振替などを住信SBIネット銀行とすることでポイントがたまります。

たまったポイントは1ポイント1円で現金と交換できます。

住信SBIネット銀行が発行するクレジットカードのミライノカードを使うことでもポイントがたまり、還元率1%で現金と交換できるのでシンプルで使い勝手の良いポイントです。

ミライノカードの詳細を見てみる


住信SBIネット銀行を普通に利用するだけでもたまっていきますので、無駄にしないようどんどんためていきましょう。

住信SBIネット銀行の詳細を見てみる


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


注目のネット銀行

GMOあおぞらネット銀行口座開設

GMOあおぞらネット銀行はGMOインターネットグループとあおぞら信託銀行が共同出資で立ち上げた新しいネット銀行。

無条件でATM手数料が月2回まで無料他行宛振込手数料が月1回無料になるなど、銀行サービスが充実していて、テクノロジーを活かしたセキュリティも魅力です。

グループのGMOクリック証券との連携も強力で、入出金がスムーズなだけでなく、証券口座とひもづけることで、普通預金金利が0.11%となり、証券口座開設後6ヶ月は0.15%とかなり高い金利が適用されます。

【公式】GMOあおぞらネット銀行



高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る




サブコンテンツ

このページの先頭へ