イオン銀行のクレジットカード(イオンカードセレクト)の解約方法

公開日:2017年1月3日
最終更新日: 2017年8月12日

イオン銀行 クレジットカード 解約

イオン銀行のクレジット機能付きキャッシュカードであるイオンカードセレクト。

クレジットカードを整理しようと考えて、解約を検討している人もいると思います。

そこで、イオン銀行のクレジットカードであるイオンカードセレクトの解約方法と影響などを見ていきたいと思います。

イオン銀行のクレジットカード(イオンカードセレクト)の解約方法

イオン銀行 クレジットカード 解約

  • コールセンターに連絡
  • カードを破棄する

イオンカードセレクトの解約はとても簡単で、イオン銀行のコールセンターに電話して、「クレジットカードを解約したい」旨を伝えるだけです。

イオン銀行コールセンターの連絡先、営業時間は以下になります。

イオン銀行コールセンター:0120-13-1089
9:00~21:00(年中無休)

ちなみにイオン銀行コールセンターに電話をすると音声ガイダンスに従って、解約担当に電話をすることになります。

クレジットカードの解約の場合は、「1→4→1」の順に入力すると解約担当につなげることができます。

イオン銀行のコールセンターには電話が多く入っているのか、非常につながりづらくなっていますが、フリーダイヤルですのでしばらく待つのが一番効率的です。

無事オペレーターに繋がったら、後はクレジットカードを解約したい旨を伝えるだけです。

手続きは電話上で完結しますので、5分ほどでカードの解約が完了します。

イオン銀行 クレジットカード 解約

使用しなくなったカードは使えなくなりますので、破棄しましょう。

また解約するとときめきポイントが失効しますので、ポイント残高がある人はポイントを使い切ってから解約手続きをするようにしましょう。

なお、イオンカードセレクトは電子マネーのWAONも一体化していますが、WAONはクレジットカードの有効期限までは使えます。

WAONは移行することもできますので、WAONを使い切るか、移行手続きを済ませてからカードを破棄しましょう。

クレジットカードは解約した後は上記の注意点を考慮した上で、問題ないようでしたらハサミを入れて破棄してしまいましょう。


イオン銀行の口座も解約する場合

イオン銀行 クレジットカード 解約

クレジットカードを解約するだけであれば上記で完了ですが、イオンカードセレクトはイオンカードとイオン銀行キャッシュカードが一つになったカードですので、イオンカードセレクト解約の際には、イオン銀行の口座を解約するかも聞かれます。

イオン銀行の口座を解約する場合には、口座解約用紙を郵送するか、イオン銀行の窓口で手続きをする必要があります。

イオン銀行 クレジットカード 解約

イオン銀行の窓口で手続きする方が簡単ではありますが、イオン銀行の店舗は限られますので、イオン銀行の店舗が近くにない人は郵送での手続きの方が面倒でなくおすすめです。

イオン銀行の店舗窓口で手続きをされる場合には、イオンカードセレクトのほかに運転免許証などの身分証明書、印鑑、解約口座残高を移行する場合には他行の口座情報がわかるものを持参する必要があります。


イオンカードセレクトを解約する前に

イオン銀行 クレジットカード 解約

なお、イオンカードセレクトを解約すると心に決めている方には余計な情報かもしれませんが、イオンカードセレクトはクレジットカードですが年会費無料なので持っていて損のないカードです。

使わなければそのまま置いておけば良いので、解約手続きをするだけ手間になります。

また、イオンカードセレクトを持っているだけで普通預金金利が100倍に優遇されるなど、持っているだけで受けられるメリットもありますので、イオン銀行を使っている人でイオンカードセレクトを解約するのはあまりメリットがありません。

さらにイオンカードは2枚持ちもできますので、他のイオンカードを作るためにイオンカードセレクトを解約しようとしているのであれば、解約をしなくても別のイオンカードを作ることはできます。

気持ち的に手持ちのクレジットカードを整理しておきたいという人なら、解約しても良いと思いますが、何となくイオンカードセレクトを解約しようとしている人はそのまま持っていても特にデメリットはないと思います。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ