アフィリエイトASPごとの報酬受取時の手数料が最安になる方法とネット銀行口座の組み合わせ

公開日:2014年7月9日

アフィリエイトをしている人は、アフィリエイト報酬をアフィリエイト用の銀行口座を開設して、受け取っている人は多いと思いますが、アフィリエイトの報酬はASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)ごとに入金に手数料がかかる場合があります。

せっかくの報酬が手数料として減ってしまうのはもったいないので、手数料が最も安くなる方法で受け取りをしたいですよね。

そこで、本記事ではASPごとに報酬受け取り時に手数料が最安になる方法や銀行口座の組み合わせを確認していきたいと思います。


ASPごとの報酬受取時の手数料が最安になる方法

まず、ASPごとの報酬受取時の手数料体系を以下に記載します。

■ASPごとの報酬受取時の手数料体系と最低報酬額

ASP 手数料 最低支払金額
A8.net ゆうちょ銀行の郵便貯金口座:30円
同店(三井住友銀行渋谷駅前支店)宛3万円未満:108円
同店(三井住友銀行渋谷駅前支店)宛3万円以上:216円
当行(三井住友銀行渋谷駅前支店以外の店舗)宛3万円未満:216円
当行(三井住友銀行渋谷駅前支店以外の店舗)宛3万円以上:432円
他行(三井住友銀行以外の金融機関)宛3万円未満:540円
他行(三井住友銀行以外の金融機関)宛3万円以上:756円
1,000円以上もしくは5,000円以上
バリューコマース ASP負担のため無料 1,000円以上成果が出ると入金
リンクシェア ASP負担のため無料 1円以上成果が出ると入金
トラフィックゲート ジャパンネット銀行の場合無料。
その他の銀行口座の場合、3万円未満の場合は172円、3万円以上の場合は270円
1,000円以上成果が出ると入金
ジャネット ASP負担のため無料 1,000円以上成果が出ると入金
アクセストレード ASP負担のため無料 1,000円以上成果が出ると入金
アフィリエイトB ASP負担のため無料 777円以上成果が出ると入金
もしもアフィリエイト ASP負担のため無料 1円以上成果が出ると入金
Amazonアソシエイト Amazonギフト券:無料
銀行振込:一律300円
Amazonギフト券:500円
銀行振込:5,000円


A8.net

A8.netはゆうちょ銀行が30円と最安になっており、その他の銀行では、三井住友銀行が金額、支店によって108円から432円、三井住友銀行以外の銀行は540円から756円の手数料がかかります。

最安のゆうちょ銀行と最も高い三井住友銀行以外の銀行口座への振込では700円以上の差があるので、これは大きいですね。

A8.netを利用している方はぜひゆうちょ銀行の口座を用意しておきたいですね。

なお、A8.netのゆうちょ銀行の口座登録には少しくせがありますので、以下のヘルプを参考にしてください。


バリューコマース

バリューコマースは振込手数料がASP負担になっており、アフィリエイター側の手数料は無料になっています。

そのためバリューコマースを利用する場合は、どの銀行口座を利用していても問題ありません。


リンクシェア

リンクシェアも振込手数料がASP負担になっているため、アフィリエイターの手数料は無料で負担はありません。

そのためリンクシェアを利用する場合も、手数料の観点ではどの銀行口座でも良いといえます。

リンクシェアは1円でも報酬が発生すると手数料無料で入金してくれるので、最も取引条件が良く大変太っ腹なASPといえますね。


トラフィックゲート

トラフィックゲートでは、ジャパンネット銀行の口座の場合、振込手数料が無料になります。

ジャパンネット銀行以外の銀行口座の場合は、3万円未満の場合は172円、3万円以上の場合は270円の手数料がかかります。


ジャネット

ジャネット(Janet)では報酬の振込手数料はASP負担になっているため、アフィリエイターに手数料はかかりません。

そのためどの銀行を選んでも問題ありません。


アクセストレード

アクセストレードでも報酬の振込手数料はASP負担になっているため、アフィリエイターに手数料はかかりません。

そのためどの銀行を選んでも問題ありません。


アフィリエイトB

アフィリエイトBでも報酬の振込手数料はASP負担になっているため、アフィリエイターに手数料はかかりません。

そのためどの銀行を選んでも問題ありません。最低振込金額が777円となっており、1,000円が多い他のASPよりも最低振込金額が低くなっています。


もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトでも報酬の振込手数料はASP負担になっているため、アフィリエイターに手数料はかかりません。

そのためどの銀行を選んでも問題ありません。1円以上成果があれば振り込んでくれるのもうれしいですね。


Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイトは銀行振込か、Amazonギフト券で受け取ることができますが、銀行振込の場合は一律300円の手数料がかかります。

Amazonギフト券であれば手数料はかからないので、Amazonを利用する方であればAmazonギフト券で受け取るとお得です。


まとめ

ASPごとに手数料が最安になる方法を見てきました。

ASPごとに手数料が最安になる銀行口座は以下の通りです。

■ASPごとの手数料が最安になる銀行口座

ASP 最安になる銀行
A8.net ゆうちょ銀行の郵便貯金口座
バリューコマース どこでもOK
リンクシェア どこでもOK
トラフィックゲート ジャパンネット銀行
ジャネット どこでもOK
アクセストレード どこでもOK
アフィリエイトB どこでもOK
もしもアフィリエイト どこでもOK
Amazonアソシエイト どこでもOK

振込手数料はASP負担としているところが多く、ASPによってはあまり気にする必要ないところが多いです。

注意が必要なのが、A8.netとトラフィックゲートです。

A8.netの場合はゆうちょ銀行、トラフィックゲートの場合はジャパンネット銀行を利用しないと多く手数料がかかってしまいます。

アフィリエイトをする際は、専用の銀行口座を作る方も多いので、A8.netやトラフィックゲートの利用が多い方は特に準備しておきたいですね。

今回は報酬の受け取り手数料から開設しておくべき銀行口座を紹介しましたが、アフィリエイトをはじめとしたお小遣い稼ぎ用の銀行口座は、入出金のしやすさお得さや、振込手数料の無料回数なども含めて総合的に判断する必要があります。

総合的にどのネット銀行がアフィリエイト用の口座におすすめかは別の記事で紹介していますので、本記事の内容と合わせてぜひ参考にしてください。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ