貯金がつづく心構え2:目的を持って目的ごとに貯金する

公開日:2013年12月20日
最終更新日: 2014年12月14日

貯金の目的は1つでなくてもよい

  • 貯金の目的は1つではなく、複数持っていてもよい

003158貯金が続く心構え1:将来的な目標と現実的な目標を置くでは貯金するには大きな目標と小さな目標を持ちましょうと述べました。

ただ実は、貯金をする上で、目的は1つでないといけないわけではありません。

家を買うために貯金をしたいけど、その間に旅行にも行きたいというのは普通の感情だと思います。

家を買うまではマイホーム取得用の貯金を続けて旅行に行けないというのでは、我慢が増えて心にも負担がかかり貯金が続かなくなってしまうかもしれません、それでは本末転倒です。

かといって、家用の貯金から旅行用の資金を引き出してしまうと、貯金が切り崩れてしまって何が何だか分からなくなり、うまく貯金が出来なくなってしまいます。

そんな家も買いたいけど旅行にも行きたい時はどうすればよいでしょうか?

答えはシンプルで、目的別に複数貯金をすれば良いのです。

家を買うために毎月5万円貯金していたとすると、それとは別に口座を用意して旅行用に毎月1万円づつ1年貯めれば12万円貯まって家族旅行にも行けますね。

人生の目的が1つではないように、貯金の目的も一つではないことが通常だと思いますので、
目的ごとに貯金をしていくのがわかりやすく混乱しないので良いと思います。

計画は人それぞれ

  • 苦しいと感じるほどの計画で貯金をするのはつらい
  • マイペースでも継続的に貯金していくというのも作戦の一つ

目的別に貯金をするという上の例を聞いて、「毎月の貯金額が増えて大変になるではないか!」とか、「家を買うのが遅くなるのは嫌だ!」と思う方もいるかもしれません。

「毎月の貯金額が増えて大変になるではないか!」と思う方は、家の貯金を貯める期間を延ばせば良いと思いますし、「家を買うのが遅くなるのは嫌だ!」という方は旅行用の貯金が貯まったタイミングで旅行に行くか、家用の貯金に入れるか決めればよいと思います。

ここで重要なのは、「心が苦しいと思うほどの節約はしない」ことと、
「何かのために貯めている貯金を他のことで使わない」ということです。

計画は人それぞれですので、自分の心が最も喜ぶような計画を立ててあげましょう。

ちなみに目的別に口座をもつという考え方を実践しようとすると、旅行に行きたいと思うたびに銀行口座を開設しないといけないと思うかもしれません。

実は、ネット銀行には目的別口座というサービスがあり、目的ごとに口座を分けて持つことができるので、本記事の考え方にあった活用の仕方ができます。

目的別口座はネット銀行では住信SBIネット銀行ソニー銀行が提供しているサービスですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。


大きな目標と小さな目標を設定する

目的別に貯金をするという考え方を紹介しました。

上述した通り、人生の目標は一つではないので、目標を実現するための方法である貯金も一つの目的ではなく、人生にいくつもある目的だけ分けて考えるのが頭もスッキリして良いですね。

また目的ごとに大きな目標と小さな目標を設定してあげると、途中で挫折するということが少なくなりおすすめです。

大きな目標と小さな目標を設定するとは、仮に5年後までにマイホーム取得資金として300万円をためるという目的で貯金を使用とする時に、5年後に300万円ためるというのは大きな目標で、1年後に60万円ためるだったり、毎月5万円ためるなど、より小さな目標を設定するとゴールが見えて挫折しずらくなります。

300万円をためると考えると、金額の大きさから何をして良いかわからず、吐き気がして心が折れそうになります。

ですが、毎月5万円ためると考えると、今の状況だと2万円足りないから飲み代を削って、外食も減らせば何とかなるかもと具体性を持って考えることができるようになります。

また、途中経過もチェックするのが楽になり、毎月の目標を達成していけば大きな目標に届くと考えると、毎月の貯金が楽しくなります。

逆に、毎月5万円ためるという小さな目標だけ定めても、大きな目標がないと何のためにやっていて、いつになったらゴールがあるのか見えなくなって、これもまた心が折れる原因になります。

ですので、最終的な目標と日々越えるべきハードルとして「大きな目標」と「小さな目標」を定めることで貯金の継続することが出来るようになります。

  • ネット銀行を複数持っているとお金が貯まりやすくなる理由


  • その他の貯金に関する記事は以下にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。


    本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ