楽天銀行と楽天証券の組み合わせのメリットと特典

公開日:2013年12月26日
最終更新日: 2015年12月22日

SBI証券と住信SBIネット銀行は最強の組み合わせで紹介したように、「ネット証券×ネット銀行」はセットで選んだ方が何かとお得で、現状最もおすすめできる組み合わせはSBI証券と住信SBIネット銀行の組み合わせです。

ただ、楽天銀行と楽天証券の組み合わせに限って、人によってはSBI証券と住信SBIネット銀行を超えてお得になる場合もありますので、楽天銀行と楽天証券を組み合わせた場合の効果を検証していきたいと思います。


楽天ユーザにとっては一番お得な組み合わせ

logo-rakuten楽天銀行と楽天証券を利用する最大のメリットは楽天市場などで利用できる楽天スーパーポイントがそれぞれの取引で貯まることです。

ネット上の買い物はすべて楽天でしているという方もいるくらい、説明不要の国内最大級の楽天市場で使える楽天スーパーポイントが株の取引などをすることでもらえるというのは大きなメリットです。

次に魅力的なのは楽天銀行と楽天証券の連携サービスです。

楽天銀行と楽天証券の連携サービスは「ハッピープログラム」と「マネーブリッジ」の2つです。


ハッピープログラムは利用による特典

「ハッピープログラム」は楽天証券の利用に応じて、楽天銀行のサービスがどんどんお得になっていくプログラムです。

楽天銀行では会員ステージというクラスを設けていて、サービスの利用状況などに応じてATM無料利用の回数や振込手数料に差をつけています。

楽天証券で取引をすると会員ステージがあがるので、楽天銀行のサービスレベルがあがり、最大でATM手数料が7回/月無料になったり、同行間の振込手数料が何回でも無料になったりします。

マネーブリッジは銀行と証券の機能的な連携

2つ目の連携サービス「マネーブリッジ」は、登録することで証券と銀行のサービスが機能的に連携して、たくさんのメリットがあります。

大げさに言うと、銀行口座がまるで証券口座かのように利用できるサービスといえます。


楽天銀行の金利を優遇

マネーブリッジに登録をすると普通預金の金利がアップします。

金利は一般の普通預金と比べて5倍にもなり、大変お得です。証券口座を開設して登録をするだけで金利が5倍になるので楽天銀行を利用している方は必ず楽天証券も口座開設しておくようにしましょう。


らくらく入出金

マネーブリッジを利用すると、楽天証券のWEBサイト上で楽天銀行の残高を簡単に振替することができるようになります。

楽天銀行内で専用預金に振替をする必要がなく証券サイトから振替ができ、また銀行のパスワードの入力も必要ないので手間が少なく大変便利です。


楽天銀行の残高を表示するサービス

楽天証券サイトで楽天銀行の残高が表示されるようになります。

らくらく入出金があるため、楽天銀行の残高がほぼイコールで楽天証券の買付余力になりますので、楽天銀行にログインすることなく残高を把握できるようになるので便利ですね。


配当金を楽天銀行で受け取れる

楽天証券で買った株の配当金を楽天銀行の口座で受け取ることができるようになります。

配当金は証券口座で受け取ったり、用紙で受け取り郵便局で現金化することもできますが、結局利用するときは銀行の口座に入れることになるので、最初から銀行口座に入金されるのは手間なく便利なサービスです。

  • 「マネーブリッジ」の活用方法とメリット

  • 組み合わせる場合もそれぞれのサービスが最も重要

    このように楽天銀行と楽天証券の組み合わせはSBI証券と住信SBIネット銀行に匹敵するほど豊富なサービスを提供しています。

    しかしながら、ネット証券とネット銀行を組み合わせで選ぶ場合であっても、それぞれのサービスが最も重要である点には変わりません。

    楽天銀行、楽天証券ともに良いサービスを提供しているネット銀行、ネット証券ではありますが、サービスの詳細は確認しておいた方がよいでしょう。

    楽天銀行については当サイトの楽天銀行を徹底検証したページを、楽天証券については楽天証券の手数料・サービスを徹底研究などを見てサービスの特徴と内容をよくとらえておきましょう。


    本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ