ネット銀行を使ってネット投票できる競馬の種類について

公開日:2013年12月25日
最終更新日: 2014年4月18日

ネット銀行では公営競技やくじと連携してネット経由で各種投票をすることができます。

本記事ではネット銀行を活用してネット投票できる競馬の種類について紹介したいと思います。


投票できる競馬は?

まず日本で行われる競馬は大きくJRA(日本競馬協会)が運営する「中央競馬」とNRA(地方競馬協会)が運営する「地方競馬」があります。

結論から言うと、対応しているネット銀行は限られますが中央競馬、地方競馬両方に投票することができます。

ちなみに中央競馬と地方競馬は運営している主体が異なるので、開催レースや所属馬、競馬場が全く異なります。

有名なダービーや有馬記念、ジャパンカップといったレースが行われるのは中央競馬です。有名な馬もほぼすべて中央競馬の馬でディープインパクトやオルフェーブル、ジェンティルドンナ、ウォッカといった馬は中央競馬所属の馬です。

例外的に地方競馬の馬が中央競馬で活躍したのがオグリキャップやコスモバルクといった馬たちです。

中央競馬の競馬場は関東では中山と府中に、関西では阪神と京都にそれぞれあり、その他にも札幌、函館、新潟、福島、中京、小倉など地方にも競馬場があります。

地方競馬は大井競馬場の名前が一番聞くと思います。その他に船橋、浦和、川崎、笠松など各地方に競馬場があります。


中央競馬、地方競馬を利用可能なネット銀行

中央競馬、地方競馬はともに競馬場だけでなくインターネット経由で馬券の投票を受け付けています。

ネット銀行と連携することでリアルタイムでオッズなどを見ながら馬券への投票が可能です。

中央競馬、地方競馬への対応状況は以下の通りです。

■各銀行の競馬のネット投票対応状況

銀行 中央競馬
即PAT
地方競馬
住信SBIネット銀行
楽天銀行
ジャパンネット銀行
三菱東京UFJ銀行
(即PAT経由で可)
三井住友銀行
(即PAT経由で可)
上記以外の銀行 非対応

なお、2012年からJRAのネット投票サービスである「即PAT」に登録をするとほとんどの地方競馬への投票が可能になっています。

そのため上記の5銀行については中央競馬、地方競馬のほぼすべてのレースに投票できます。

競馬をネット経由で行いたい方は住信SBIネット銀行楽天銀行ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行を利用するとよいと思います。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ