貯金がつづく心構え1:将来的な目標と現実的な目標を置く

公開日:2013年12月20日
最終更新日: 2014年12月14日

貯金には目標が必要

  • まずは金額に変えることが出来る目標を持つ

money2
貯金をする時は何かしらの目標があると思います。

家を買いたい、車を買いたい、子供の教育資金としたい、独立のために資金をためたいなど目標は人によってさまざまだと思います。

それはとても良いことですので、まずは金額に変えることが出来る目標を持ちましょう。


目標がない、または目標が「貯金の習慣をつける」とか「何となく不安だから貯められる時に最大限貯めたい」というような、金額に変換できない方は金額が設定できそうな目標を持ちましょう。

勉強が目的の方であれば、まずは100万円を貯めるなどでも良いと思います。


現実的な目標を置く

  • 心が折れないように達成可能な現実的な目標を設定する

目標を設定したら、その目標が遠すぎないか確認しましょう。

例えば、家を買うために1,000万円貯めたいという目標を立てたとします。

聞いただけで気が遠くなり心が折れそうになりますよね。

そのような遠い金額しか目標がないと貯金も続きません。

なので、1,000万円貯めることが最終的なゴールだとしても、1年後の目標を持ちましょう。
10年後に1,000万円が必要であれば毎年100万円を貯めるというのが少し現実的な目標ですね。

そこからさらに毎月の目標に落とすと、毎月8万2千円を貯めるを12か月続けるになりますね。

普通の人には8万2千円も結構大きな額ですが、何とか達成できそうな気がしませんか?

このように目標に現実性を持たせることが、継続することにつながります。


現実的な目標しかない方は・・・・

  • 現実的な目標だけでなく、将来的に達成したい大きな目標を持つことで長期間貯金を続けることができる

将来的な目標がある人は良いですが、来年までに100万円貯めるという目標しかない方は将来的な目標を持つようにしましょう。

1年後に100万円を貯めるという目標しかない場合、1年後に達成できてしまうと目標がなくなり、せっかくつけた貯金の習慣がなくなってしまうかもしれません。

毎年100万円を貯め続けても良いですが、いつか疲れて「何のために貯金をしているんだろう」と思う日が来るかもしれません。

家を買うことなのか、老後の備えなのかでも良いので、何か目標を持っておくと良いと思います。大きな目標を立てることは人生設計をすることにもつながるのでとても有意義です。

何より、貯金は大きな目標があった方が楽しいですからね。


貯金の目標を設定する意味とメリット

  • 「貯金の目的」と「達成した時のイメージ」を持つことで毎月の貯金を着実に続けることができる

貯金における目標を設定することの意味や、目標を達成する上でどのようにしたら良いかについて見てきました。

貯金自体(貯金金額のみ)が目標の人もいますが、貯金をしようと思っている人の多くが、やりたいことがあり、それに向けて貯金をするという人のはずですので、大きな目標というのは持っている人が多いのではないでしょうか。

貯金は続けることが何よりも大切だと思っていますので、貯金を続けるためのモチベーションとなる、「貯金の目的」と「達成した時のイメージ」を持つことで毎月の貯金を着実に続けることができるようになります。

大きな目標を持つことは重要ですが、一方で大きな目標を達成するために必要なステップは細かく設定した方が良いですね。

人は成功体験を持つことによってモチベーションがあがりますので、目標を達成するためにがむしゃらにがんばるのではなく、目標から逆算した小さなステップをいくつも設定して、それを乗り越えることで目標に着実に近づき、成功体験によりモチベーションを高く保つことが可能になります。

■貯金の目標を設定する意味・メリット

  • ゴールを達成したイメージをする
  • 目標から逆算して小さなステップを作る
  • 「大きな目標」と「小さな目標」でモチベーションを維持して着実に貯金を続ける

収入が安定していないとなかなか毎月決まった額の貯金をすることは難しいですが、会社員の方であっても特別な支出があったりして毎月同じ額をためるのは結構難しいものです。

なので、目標をきちんと持ってモチベーションを維持することが、貯金を続ける上ではかなり重要なポイントではないかと考えます。

モチベーションを維持するための心構えとして、目標の設定方法について紹介しました。

目標については一般的な考え方ではありますが、さらに自分なりのモチベーション維持の方法があると継続が楽になり、貯金体質になれると思いますので、ぜひ自分だけのモチベーション向上の方法も考えてみると良いと思います。

  • 貯金がつづく心構え2:目的を持って目的ごとに貯金する


  • その他の貯金に関する記事は以下にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。


    本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ