目的ごとのネット銀行の選び方とポイント

公開日:2013年12月28日
最終更新日: 2015年11月16日

ネット銀行は各社特徴があるため、自分の利用目的に合わせた銀行を選択する必要があります。そのため、ネット銀行を選ぶ際にはまず自分がどんな目的で銀行を必要とするかを考えましょう。

本記事ではネット銀行を選びやすくなるよう、目的別のネット銀行の選び方について紹介します。

どの銀行が良いかというよりも、銀行の選び方の「考え方」を書いていますので、結局どの銀行が良いの?という方は最新ネット銀行ランキングをご覧ください。

ネット銀行の利用目的は?

まずは銀行の利用目的を考えましょう。

銀行を利用する目的は主に以下の点があります。

主な銀行の利用目的
・お財布代わりの生活用の口座を持ちたい
・貯金をしたい
・投資をしてお金を増やしたい
・お小遣い稼ぎの受け取り用の口座がほしい
・ビジネス用の口座がほしい
・公営競技、くじを購入する用の口座がほしい

この時点では複数の目的があってもよいので、銀行口座が必要だという人はまずこれらのどの目的に自分が当てはまるかを考えましょう。

お財布代わりの生活用の口座を持ちたい人は・・・

日々利用するお財布代わりの銀行口座を持ちたい方は入出金のしやすさとお得さが最も重要です。

利用できるATMが多かったり手数料が安かったり、振込手数料が安い銀行を選ぶようにしましょう。

手数料の安さはネット銀行の得意分野ですので店舗型の銀行を選ぶよりもメリットが大きくなります。

また、メイン口座として利用したい場合は公共料金の引き落としや給与の振込が可能な銀行を用意して連携するようにしましょう。

生活用の口座はATM利用料と振込手数料を重視!


貯金をしたい人は・・・

貯金をしたいという方もネット銀行は活用できます。
注目すべきは金利と貯金に向いたサービスの有無です。

ネット銀行はメガバンクなどよりも一般的には高くなるので、ネット銀行の中でも金利が有利な銀行を選択するのがよいでしょう。

ネット銀行の中には複数の金融機関の情報を一括管理できたり、家計簿機能を提供しているネット銀行もあります。

また目的別の口座を複数作って貯金するという機能を提供しているネット銀行もあります。

そのようなサービスも加味して便利でお得に貯まる銀行を選びましょう。

貯金用の口座は預金金利と貯金に向いたサービスを重視!


投資をしてお金を増やしたい人は・・・

投資をしてお金を増やしたい人は実際に投資をするのは証券会社やFX会社などの口座を利用することになるので、銀行口座はそのような投資をする会社の口座との入出金に利用されることになります。

そのため証券会社の口座と入出金が便利な銀行を選ぶ必要がありますが、証券会社との連携サービスを提供している銀行を選ぶとよいでしょう。

連携サービスとは入出金を簡単にしたり、銀行口座の残高を証券会社のサイトで見ることが出来たりします。

提供しているのは特定のネット銀行とネット証券の組み合わせに限られますが、投資が便利になる連携サービスを利用できる銀行と証券を選ぶことで投資成績にも好影響があるかもしれません。

投資用の口座は証券との連携サービスを重視!


お小遣い稼ぎの受け取り用の口座がほしい人は・・・

お小遣い稼ぎの際の現金受取用に銀行口座がほしいという方もいると思います。

お小遣い稼ぎ用の銀行口座はまず現金で受け取ることが出来るかを確認しましょう。

またお小遣い稼ぎ用の口座から生活用の口座へ資金を移す必要もあると思いますので、振込手数料やATM手数料についても安い銀行を選択すると良いと思います。

お小遣い稼ぎ用の口座は現金受取が可能かを重視!


ビジネス用の口座がほしい人は・・・

ビジネス用の口座がほしいという方は、法人口座のサービス内容を確認しましょう。

ネット銀行も法人用の口座開設を受け付けていますので、そちらのサービス内容を比較する必要があります。ビジネス用の口座であれば入出金は個人の口座と比べると多いと思いますので、振込手数料を重視して選択すると良いと思います。

また個人事業主の方は個人でも開設できるネット銀行を選択することで、屋号での口座開設が可能になります。

個人事業主におすすめのネット銀行

ビジネス用の口座は振込手数料を重視!


公営競技、くじを購入する用の口座がほしい人は・・・

公営競技、くじを購入する用の口座がほしいときは購入するのに必要なサービスを選択します。

各くじを購入するためのサービスは複数あることが多く、サービス内容や対応している銀行が異なるためまずはサービスを選択します。

サービスを選択したらそのサービスに対応している銀行を確認して、好みや自分がすでに持っている銀行を選ぶとよいでしょう。

公営競技・くじ用の口座は対応サービスを重視!


複数の目的がある方は・・・

複数の目的がある方は、基本的には目的に合わせた複数の銀行口座を持つことをおすすめします。

銀行口座は複数持っていると管理がわかりやすくなったり、振込手数料の無料回数がその分増えたりメリットがありますので、申し込みの手間を気にしない方であれば複数持っておくと色々便利です。

なので、各目的に合わせた銀行をそれぞれ選ぶことで複数の目的を達成するための銀行口座を持つことができます。

複数の銀行口座を持つことのメリットについてはこちらにもう少し詳しく記載しています。
ネット銀行の口座は複数組み合わせて持つとお得

複数目的がある場合は目的別に口座開設を検討!


どの目的にも当てはまらない人は・・・

今回あげたどの目的にも当てはまらない方でどの銀行に口座を持つべきか悩んでいる方は、どのような方にもおすすめできる総合力の高い銀行を紹介していますので、こちらを参考にしてもらうと良いと思います。

総合おすすめネット銀行ランキング


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ