ネット銀行で住宅ローンを比較するときのポイント

公開日:2014年1月9日
最終更新日: 2014年6月11日

ネット銀行で住宅ローンを比較するときのポイント

ネット銀行では住宅ローンを組むこともでき、預金金利などと同様に利用者に有利な金利で提供されています。

そのため最近ではネット銀行で住宅ローンを組む方も増えているようで、今後の住宅取得を見据えて住宅ローンをネット銀行選びのポイントとする方も増えています。

本記事ではネット銀行で住宅ローンを比較する場合のポイントを解説したいと思います。


基本的に押さえるポイントはネット銀行も同じ

ネット銀行で住宅ローンを比較するといっても、契約する商品は住宅ローンですのでネット銀行であっても同じポイントを押さえればOKです。

サービス内容が複雑でわかりづらいという方はまず以下のポイントをチェックします。

ネット銀行で住宅ローンを比較するときのポイント
1.最終的にいくらコストを支払うことになるかで比較する
2.繰り上げ返済のしやすさをチェック
3.金利の固定期間はなるべく短くが基本
4.安易な金利の優遇に踊らされない

1.最終的にいくらコストを支払うことになるかで比較する

各銀行の住宅ローンのページには金利がでかでかと掲載されています。

そのため金利以外に目がいきづらいですが、住宅ローンのコストは金利だけではありません。

代表的なものに保証料や事務手数料などがあり、保証料であれば金利に0.2%程度上乗せされるといわれ、事務手数料は借入金額全体の何%という形で支払うコストになります。

住宅ローン金利が極端に低い会社などでは保証料や契約事務手数料がかかる場合もあります。

そのため住宅ローンを比較する際には必ず借りた金額以外にどれくらいのコストがかかるかという視点で比較をするようにしましょう。


2.繰り上げ返済のしやすさをチェック

繰り上げ返済のしやすさもチェックしましょう。

繰り上げ返済とは資金に余裕がある場合に本来の返済スケジュールよりも前倒しで返済をすることです。

前倒しで返済することで借り入れ元本が減り、支払うべき金利も減ることになります。

「繰り上げ返済は最大の資産運用」とも言われ、運用するよりも繰り上げ返済をして支払う金利を減らした方が得することの方が多いので、住宅ローンを借りたらまずは繰り上げ返済をすることを考えましょう。

ということで、住宅ローンを借りる際には「繰り上げ返済のしやすさ」という点が重要になります。

具体的には繰り上げ返済手数料の有無を確認しましょう。


3.金利の固定期間はなるべく短くが基本

日本では長らく超低金利が続いてきました。最近でこそ金利上昇局面と言われますが、大きく金利が上がるということは中々考えづらいです。

変動金利は固定金利よりも低い金利が設定されていますので、短期的には低い金利でローンを組みつつ繰り上げ返済をがんがんして早めに返済をして総支払コストを最小化するというのが基本的な考え方になります。

もちろん金利が大きく上昇するリスクはありますので金利情勢には気を配る必要がありますが、
固定期間は短く」というのが基本になります。


4.安易な金利の優遇に踊らされない

住宅ローンは各社条件付きで優遇金利を設定していることもあります。

その場合、給与振込口座に指定する必要があったりと、後々の行動に制約が出てきます。また優遇金利の期間が短く結局あまり優遇の効果を得られないという点も注意が必要です。

安易な金利の優遇には踊らされず、最初のポイント通り支払うコストは結局いくらかという点をチェックするようにしましょう。

以上が住宅ローンを比較する際のポイントです。

とても基本的なことですが、住宅ローンをたくさん見ているとよく分からなくなってきますので、基本は忘れないようにしましょう。

実際の住宅ローン金利はこちらに最新の情報をまとめていますのでぜひご覧ください。
ネット銀行の住宅ローン金利を徹底比較


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ