楽天銀行が1週間もの2週間ものの円定期預金の取り扱いを開始したのでお得かどうかを分析

公開日:2014年7月2日

楽天銀行が2014年6月23日より1週間もの、2週間ものの定期預金の取り扱いを開始しました。

これまでは定期預金の最短期間は1か月ものでしたので、用途が決まっている資金でも、使用するまで期間いっぱい定期預金に預けられるというメリットがありますね。

本記事では1週間もの2週間ものの円定期預金は「取引すべきか?」「お得かどうか?」を分析したいと思います。

金利はお得なの?

預金金利は発表(6/23)時点で、1週間ものが年0.50%、2週間ものが年0.30%となっており、短期の預金金利としては高い金利になっています。

7月2日時点ではともに0.05%となっており、1か月ものの定期預金と同水準になっています。

1か月ものと同じ金利であれば、1か月ものに預けるよりも資金の自由度が高い分便利であるといえます。

7月2日時点では1週間、2週間の超短期の定期預金を他社では提供していませんが、1か月ものの定期預金金利と比較すると、ジャパンネット銀行、大和ネクスト銀行などが楽天銀行よりも高い金利で提供していますので、期間等を鑑みて選択する必要があります。

また、楽天銀行を利用している場合は、楽天証券の口座も開設することで登録できるマネーブリッジというサービスを利用していると、普通預金に優遇金利が適用されます。

その場合の預金金利は7月2日時点で0.1%と1か月物の定期預金よりも金利が高くなるので、少しでも金利を高くしたい方はマネーブリッジの登録がおすすめです。


満期時の取り扱いは?

1週間もの、2週間もの定期預金はともに、通常の定期預金同様、満期時にの取り扱いは、「元利自動継続」、「元金自動継続」、「満期自動解約」から選択することができます。

「元利自動継続」、「元金自動継続」はともに満期時に自動的に定期預金を組みなおします。組みなおす時の金額が「元利自動継続」の場合は元金と金利を含めて定期預金を組み、「元金自動継続」は元金のみ新たに定期預金を組むことになります。

「満期自動解約」はその名の通り、満期時に解約がされ、自動的に定期預金を組みなおしません。

他の定期預金も同様の取り扱いから選択可能ですので、満期時の取り扱いについては他の定期預金と比較して制約があるわけではありません。


まとめ

楽天銀行の新商品1週間もの、2週間ものの定期預金のサービス内容を見てきました。

金利は1か月ものと同程度で、期間が短い分、これまで楽天銀行で1か月物の定期預金をしていた方にとってはうれしいサービスですが、そもそも楽天銀行の1か月ものの預金金利は他行と比べて高いわけではなく、1週間物の定期預金目当てに口座開設するのであれば、ジャパンネット銀行などの口座を開設した方がお得です。

また、楽天銀行内でも、楽天証券の口座を開設すると登録できるマネーブリッジを利用していると、普通預金金利が1か月ものよりも有利になるので、高い金利が目的であれば、こちらを利用した方が良いです。

よって、今楽天銀行の1か月ものの定期預金を利用している方以外には、そこまでメリットはないのかなという商品です。

楽天銀行いわくお客様からの要望が多かったため、短期の定期預金を提供するようにしたということですので、ニーズがある人はいるのでしょう。

これから口座開設する方で、ネット銀行の高い預金金利を享受したいという方は、金利を比較した上で有利なネット銀行を選ぶようにしましょう。

■楽天銀行の1週間もの、2週間もの定期預金の商品概要

項目 内容
商品名 円定期預金
預入金額 100,000円以上
預入単位 1円単位
預入期間 1週間、2週間
適用金利 楽天銀行WEBサイト参照
満期の取扱 「元利自動継続」、「元金自動継続」、「満期自動解約」


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ