不正利用から守る!ネット銀行のセキュリティまとめ

公開日:2013年12月13日
最終更新日: 2014年11月4日

ネット銀行を利用する上で一番怖いのが、不正利用です。

不正利用の手口は多様化、悪質になっているため個人の対策だけでは限界があります。ネット銀行各社は不正利用防止のためにセキュリティを強化するサービスを提供しています。

多くのサービスは口座開設後に登録が必要になっていますので、きっちり学んで忘れずに活用していきましょう。

各サービスの詳細については個別に紹介していますのでここではどんなサービスがあるかをまとめます。詳細はサービス名のリンクから個別の記事をご覧下さい。

■ネット銀行のセキュリティサービスまとめ

サービス名 内容
IP制限サービス 特定のIP以外からのログインを拒否するアクセス制限サービス。

自宅のPCや会社のPCのIPアドレスを登録しておけば、万が一の不正利用を防ぐことができます。

振込・出金額の
制限サービス
入出金や振込額の1日の上限額を設定するサービス。普段の利用額にあわせて設定しておけば、設定額以上の不正利用は防ぐことができます。

毎月の利用額が決まっている方はとりあえず登録しておいた方がよいサービスです。

スパイウェア対策 フリーのソフトをインストールして知らない間に侵入して、個人情報やパスワードを盗んでしまうスパイウェア。

自己防衛の思想も大事ですが、ワンタイムパスワードなどを活用することでパスワードを盗めなくしてしまうサービスです。

携帯電話からの
ログイン制限
外出先でも送金指示ができるなど便利な携帯電話を活用したサービスですが、携帯電話は注意していても紛失のリスクがあるので要注意。そんな時のために携帯電話からのログインを制限するサービスがあります。

携帯電話を利用しない方は今日にでも設定してしまいましょう。

スキミング対策 ATMなどからカードの磁気情報を盗み取って、偽カードを作って不正利用するスキミング。

年々被害は増加していますが、万が一不正利用された場合もメール通知サービスなどを活用して早めに検知して被害を最小限にとどめましょう。

SSL通信 ネット銀行に限らずインターネット上に個人情報を入力すると、盗み見られる可能性があります。

SSL通信で暗号化することで安全にサービスを利用することができます。


セキュリティサービスでネット銀行を比較する

  • セキュリティでネット銀行を選ぶ人が増えている

最近は犯罪者側の手口も巧妙になっており、ネット銀行の利用者が増えるにつれてネット銀行利用者が狙われることも増えてきています。

そのため、ネット銀行を選ぶ際にセキュリティにどれだけ力を入れているかを判断基準にして選ぶ人も多くなってきています。

不正利用の手口も様々ですので、万能なセキュリティ対策はありませんが、現状、最もセキュリティ上効果があると思われるのはワンタイムパスワードです。

取引の際に必要なパスワードを取引ごとに違うパスワードとして、登録メールアドレス宛のメールなど信頼できる場所でのみ確認ができるようにするものです。

ワンタイムパスワードはメールアドレス宛に送る銀行が多いですが、PCがウイルスに感染してしまうとメールの情報も盗まれる可能性があるので、完全に別の端末から確認できるワンタイムパスワードがセキュリティ上は優れているといえます。

ワンタイムパスワード用の端末を口座開設者に配布しているのがジャパンネット銀行で、スマートフォンのアプリからワンタイムパスワードを発行しているのが住信SBIネット銀行で、この2行はセキュリティに強いネット銀行です。

万が一ログイン用のパスワードを盗まれた場合でも、振込などをする際に必要な取引用のパスワードがわからないので、不正利用を防ぐことができます。

不正利用が不安な方でセキュリティに強いネット銀行を探している場合には、ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行の口座を開設すると良いと思います。

その他のセキュリティサービスや、各サービスのネット銀行の対応状況については、別の記事にまとめて紹介していますので、セキュリティサービスでネット銀行を比較したい方はぜひ参考にしてください。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ