携帯電話・スマートフォン・アプリでどこでも銀行サービスが受けられる

公開日:2013年12月18日
最終更新日: 2014年11月9日

出先で振込が急に必要になる場合や、会社のPCでネット銀行のサイトにアクセスしたくない時もあります。

そんな時に活躍するのが携帯電話やスマートフォンを活用したモバイルバンキングのサービスです。ネット銀行ではモバイルバンキングも可能なので、携帯電話から振込や残高の確認などをすることができます。


ネット銀行のモバイルバンキングは2種類

ネット銀行が提供するモバイルバンキングのサービスは大きく2種類でブラウザベース(サイト型)とアプリです。

URLなどで指定されたサイトがある場合はブラウザベースのサービスで、アプリをダウンロードしてアプリ内で振込や残高照会ができるのがアプリ型のサービスです。

両方利用することもできますが、自分の使い勝手の良い方を利用するとよいでしょう。

使っている携帯電話がスマートフォンか従来型の携帯電話(フューチャーフォン)かどうかでもサービスが分かれます。

スマートフォンのブラウザ型のサービスはPCと同じようにインターネット経由でWEBサイトにアクセスすることになりますので、PC同様のセキュリティ意識が必要になります。

ネット銀行のモバイルバンキングの対応には差があります。

そのため、モバイルバンキングを利用する際は自分の携帯電話の状況と、どのようなサービスを利用したいかを考慮してネット銀行を選ぶ必要があります。


ネット銀行各社のモバイルバンキングへの対応状況

ネット銀行各社のモバイルバンキングの対応状況を見ていきましょう。

ここではどのようなチャネルに対応しているか、どのようなサービスに対応しているかをそれぞれ見ていきます。

■ネット銀行各社のモバイルバンキングの対応チャネル

銀行名 ケータイ電話
(フューチャーフォン)
スマートフォン
サイト アプリ サイト アプリ
住信SBIネット銀行 ×
楽天銀行 ×
ソニー銀行 × ×
ジャパンネット銀行 × ×
新生銀行 × × ×
大和ネクスト銀行 × × × ×
じぶん銀行

このように見ると各社で対応状況が大きく異なることがわかります。

じぶん銀行がフューチャーフォン、スマートフォンのサイト、アプリをすべて提供しています。さすが携帯銀行というだけありますね。

住信SBIネット銀行楽天銀行はフューチャーフォンのアプリ以外はすべてのチャネルを押さえています。ソニー銀行ジャパンネット銀行はフューチャーフォン、スマートフォンともにサイトのみを提供していてアプリを提供していません。

新生銀行はフューチャーフォンのサイトのみ提供していて、スマートフォン対応はしてません。大和ネクスト銀行は残念ながらモバイルバンキングに対応していません。スマートフォンでPCサイトにアクセスする必要がありますが動作保証はされていないという状況です。

続いてサービスの対応状況を見ていきましょう。

■ネット銀行各社のモバイルバンキングの対応サービス

銀行名 口座開設 残高照会 入出金明細照会 振込 普通預金以外の取引 その他
住信SBIネット銀行 登録情報の変更も可能
楽天銀行 かんたん振込も可能
ソニー銀行 為替レート通知、人生銀行など
ジャパンネット銀行 toto、ワンタイムデビットにも対応
新生銀行 為替レート通知
大和ネクスト銀行 × × × × ×
じぶん銀行 ATM検索、電子マネーリーダーなど機能多数

各社基本的なサービスである残高照会や振込、入出金明細の照会などは可能です。

ただサービスとして充実しているのはじぶん銀行で、ATM検索などほとんどの取引・サービスを携帯電話から利用可能になっていて、かざすだけで電子マネーの残高がわかる電子マネーリーダーなど携帯独自のサービスも提供しています。


まとめ

ネット銀行各社のモバイルバンキングの対応状況を見てきました。

結論としては、サービスは各社基本的な機能は提供していて、チャネルについてはばらばらということです。

サイトとアプリはどちらが良い?
サイトとアプリどちらが良いかという点は、アプリはリッチなコンテンツで使いやすいですが、残高照会ができればよいという方にとってはサイト型の方が速いし面倒でないということもありますので好みによると思います。

スマートフォン対応しているネット銀行が無難
ただ、対応機種についてはスマートフォンに対応しているネット銀行を選んでおいた方が無難です。

なぜなら今後機種変更する際はほとんどスマートフォンになると思いますので、スマートフォン対応をしていないネット銀行を使っていると機種変更をした際にモバイルバンキングが利用できなくなるという可能性があるからです。

自分にあったネット銀行を選ぼう
いずれにせよ、モバイルバンキングについては何に対応していないといけないということはなく、自分の携帯電話や利用したいサービスを提供していれば良いと思います。

迷ったら、対応サービスに穴がなく、スマートフォン対応をしている住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、じぶん銀行の中から選べばモバイルバンキングを快適に利用できます。

結論
住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、じぶん銀行ならモバイルバンキングも安心!


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ