出金に便利なATMもネット銀行を活用して手数料無料で利用しよう!

公開日:2013年12月17日
最終更新日: 2014年11月9日

店舗型の銀行だと店舗が3時で閉まってしまうので、結局コンビニのATMで下ろすという人が多いと思います。

その場合、メガバンクなどはATMの出金手数料がかかります。
メガバンクでは時間によっては出金するだけで210円の手数料を取られます。

三菱東京UFJ銀行では2013年12月よりATM出金手数料をさらに引き上げるなどコンビニATMでの出金手数料には改善が見られませんので、ネット銀行を利用して出金手数料を節約しましょう。

振込手数料同様、活用次第では完全無料とすることも可能ですので、
「ATM手数料を無料にする」ことを目標にしましょう。


ATM手数料が無料になるとどれくらい節約になるの?

まずはATM手数料が無料となった場合に、どれくらい節約できるかです。

ATMを月に5回利用していて、そのうち3回は銀行のATMを利用し、2回はコンビニのATMを利用したとします。

その場合、コンビニで利用した2回分に手数料がかかりますので、210円×2回で420円です。ということで、この場合、毎月ATM手数料に420円を支払っていることになり、年間のコストは5,080円になります。

ネット銀行を利用するとほぼATM手数料は無料ですので、年間5,080円がまるまる節約できることになります。

大きいですね。銀行に行く暇のないサラリーマンの方はもっと多いのではないでしょうか。

ATM手数料が無料となる効果
¥5,080円/年
※月2回コンビニATMを利用している人の場合


ネット銀行各社のATM手数料(出金手数料)

銀行名 無料条件 無料回数
※無料条件以外で毎月無料となる回数
無料回数を超えた
ATM手数料
住信SBIネット銀行 セブン銀行、ビューアルッテは完全無料 毎月5回まで無料 105円
ソニー銀行 セブン銀行は完全無料 毎月4回まで無料 105円
楽天銀行 なし 毎月0-7回まで無料
口座残高等でクラス分けがされ無料回数が変動
210・262円
セブン銀行、イオン銀行は210円、その他は262円
ジャパンネット銀行 3万円以上の出金は完全無料 毎月1回まで無料 157・315円
ゆうちょ銀行のみ315円
新生銀行
(スタンダード)
完全無料
大和ネクスト銀行 セブン銀行は完全無料 なし 105円

条件的に良いのは文句なくATM手数料が完全に無料の新生銀行です。

次いでセブン銀行ATM利用料が無料で、その他のATMでの無料利用回数が5回と多い住信SBIネット銀行、無料利用回数が4回のソニー銀行と続きます。

ジャパンネット銀行は無料利用回数は1回と少ないですが、3万円以上の出金であればどこのATMでも手数料無料ですので、利用される方によっては住信SBIネット銀行やソニー銀行より上かもしれませんが、3万円というのが微妙に多いので独断で4番手としました。

セブン銀行が無料の大和ネクスト銀行ですが、その他のATMでは無料利用ができないのでジャパンネット銀行よりも使い勝手が悪くなります。

楽天銀行は完全無料となるATMがなく、無料回数は残高等によって決まりますが、比較的ハードルの低いランクで無料回数1回ですので、ATM手数料では一番不利になると思います。


ATM手数料重視派は新生銀行が必須

新生銀行は振込手数料の無料回数は少なかったですが、ATM手数料完全無料でATM手数料を重視するならおすすめです。

新生銀行はネット銀行的なサービスを提供していますが、立派な都市銀行ですので、口座振替や給与振込などでも他のネット銀行より利用できる点も魅力です。

また残高が増加するとランクが上がって振込手数料の無料回数が増えるので、その点でも新生銀行を起点にしておくと都合がよく、ネット銀行ユーザのメイン口座候補の一つですね。

新生銀行を利用すれば目標の「ATM手数料完全無料」もらくらく達成です。

ATM手数料重視の方におすすめのネット銀行
新生銀行

自分がどんなATMを利用しているかあいまいな人は、各コンビニに設置されているコンビニATMについて別の記事で紹介していますので、そちらも参考にしてください。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ