クレジットカードの決済にネット銀行を利用すると便利でお得

公開日:2013年12月26日
最終更新日: 2014年11月9日

クレジットカード決済用の口座は生活用の口座で

クレジットカードの決済口座にもネット銀行を指定していると便利でお得です。

クレジットカードの決済用の口座は専用で作るというよりは、生活用の口座に設定しておくと便利です。

生活用の口座という意味では、お財布代わりに利用できる、ATM手数料が安く、振込手数料も格安のネット銀行がおすすめです。

また楽天銀行などは引き落とし用の口座として設定すると会員クラスが上がり、ATM無料利用回数などが増えます。

なので、楽天銀行がメイン銀行という方はクレジットカードの引き落としについても楽天銀行に設定するのを忘れないようにしましょう。


ネット銀行はクレジットカードの決済用口座として設定できる?

クレジットカードの決済用口座として利用するときに気になるのが、
ネット銀行は決済用の口座として指定できないのではないかという点です。

ただ、今はクレジットカードの決済口座としてネット銀行を指定できないということはあまりありません。

各クレジットカードまたはネット銀行のサイトで事前に確認しておいた方が良いと思います。


各ネット銀行のクレジットカード引落状況

当サイト内でも、各ネット銀行のクレジットカードの引落対応状況をまとめていますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

詳細は各ページの内容を見ていただければと思いますが、多くのクレジットカードの引き落としに対応しているのは、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行新生銀行です。

住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行の3行は、ポイントサイトからの現金化や競馬や競艇の投票にも対応するなど、「決済」に力を入れているネット銀行です。

また、新生銀行は厳密にはネット専業銀行ではありませんが、個人向けにネット銀行なみの良いサービスを提供している銀行です。銀行の分類上は都市銀行ということになり、クレジットカードの引き落としについてもメガバンク並に多くのクレジットカードの引き落としを可能にしています。

メインの生活口座として1つの銀行を選ぶということであればこれら4行のうちいずれかの口座を開設すると良いと思います。

一方で、ソニー銀行、大和ネクスト銀行は引き落としに対応しているクレジットカードの数が少ないネット銀行です。

ネット銀行のサービス比較をしていると、預金金利や振込手数料、ATMの手数料や便利さに目が行きますが、クレジットカードを使う人であれば、引落に対応していないのはかなり面倒になります。

上述した通り、クレジットカードの引き落としは生活用の口座でするのが手間もなく一番ですので、ネット銀行をメインの口座として活用する方は、メインで使用するクレジットカードが引き落としできるかを確認ポイントにしておいた方が良いでしょう。

私自身、利用していたクレジットカードでネット銀行の引き落としができなかったため、毎月クレジットカードの引き落とし額を確認して、別の銀行口座へ振り込みをするというかなり面倒な対応をしていました。

結局振込をすることになってしまうため、貴重な無料の振込手数料回数を使用することになってしまったり、結構足をひっぱることになります。

これからネット銀行を活用したいという方は、ぜひクレジットカードの引き落としへの対応状況を確認することをおすすめします。

  • クレジットカードの引き落としは生活用の口座で行うのが、手間もなく便利
  • ネット銀行によって、引き落としが可能なクレジットカードが異なる
  • 多くのクレジットカードの引き落としに対応しているのは、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行新生銀行
  • ソニー銀行、大和ネクスト銀行は引き落としに対応しているクレジットカードの数が少ない


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ