ネットで宝くじ(年末ジャンボ・ロト6・ナンバーズ)を買う方法まとめ

公開日:2017年1月16日

ネット銀行 宝くじ

高額当選の夢がある宝くじは宝くじ売り場だけでなく、最近ではネットで購入することもできます。

宝くじ自体の種類も多くありますので、ネットで買える宝くじと購入方法をまとめましたので参考にしていただければと思います。

ネットで買える宝くじ

  • ジャンボ宝くじ
  • 通常宝くじ
  • ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)
  • ナンバーズ
  • toto
  • BIG
  • ブロックくじ

ネットで買える宝くじは、ジャンボ宝くじ、通常宝くじ、ロト、ナンバーズ、toto、BIG、ブロックくじなど、スクラッチなどを除くと基本的には発売されている宝くじをすべてネットから買うことができます。


ジャンボ宝くじ

ネット銀行 宝くじ

ジャンボ宝くじは一番有名な宝くじで、年末ジャンボ宝くじをはじめ、ドリームジャンボ、サマージャンボ、グリーンジャンボ、オータムジャンボ宝くじがあります。

当選金は10億円を超えることもあり、夢を見るならジャンボ宝くじですね。

ネットではみずほ銀行のオンラインバンキングサービスのみずほダイレクトに登録をして、「みずほ銀行ダイレクト ラッキーライン」で購入することができます。


通常宝くじ

ジャンボ宝くじ以外にも宝くじがあります。

スクラッチはネットで購入することができませんが、通常宝くじはネットで購入することができます。

みずほ銀行ダイレクト ラッキーラインで購入することができます。


ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)

ロト6、ロト7、ミニロトは40ほどの数字から5から7の数字を選び、当選番号があえば当たりです。

当選確率は低く、当選者がいないとキャリーオーバーして次回の抽選に当選金を繰り越します。

みずほ銀行ダイレクト ラッキーライン以外にジャパンネット銀行楽天銀行、三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行で購入することができます。


ナンバーズ

ナンバーズは3桁のくじ(ナンバーズ3)と4桁のくじ(ナンバーズ4)があり、好きな数字を自分で選んで数字が合っていると当選です。

10万円から100万円が当たる比較的当たりやすい宝くじとして人気です。

みずほ銀行ダイレクト ラッキーライン以外にジャパンネット銀行楽天銀行、三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行で購入することができます。


toto

totoはスポーツ振興くじのことで、サッカーJリーグの試合結果を勝ち・引き分け・負けから予想します。

試合結果がすべて当たれば1等で、1試合外すと2等、2試合外しで3等となります。

当選者がいないとキャリーオーバーされ、最高で5億円が当選します。

みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行で購入することができます。


BIG

基本はtotoと同じくJリーグの試合結果を当てるくじですが、こちらは機械が自動的に試合結果をランダムに予想してくれます。

サッカーに詳しくなくても気軽に買うことができて、最高6億円があたる夢のあるくじです。

toto、BIGともにサッカーを見る楽しみが出るのも良いですね。

みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行で購入することができます。


ブロックくじ

ブロックくじは地域ごとに販売される宝くじです。

「東京都」、「関東、中部、東北」、「近畿」、「西日本」の各地方ごとに宝くじが販売されます。

みずほ銀行ダイレクト ラッキーラインで購入することができます。


ネットで買える宝くじ(銀行ごと)

みずほ銀行(みずほ銀行ダイレクト ラッキーライン)

ネット銀行 宝くじ

  • ジャンボ宝くじ
  • 通常宝くじ
  • ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)
  • ナンバーズ
  • toto
  • BIG
  • ブロックくじ

みずほ銀行の提供しているラッキーラインでは、スクラッチを除くすべての宝くじを購入することができます。

さすが宝くじの発売元であるみずほ銀行ですね。

みずほ銀行ダイレクト ラッキーラインには、みずほ銀行の口座開設後、オンラインバンキングサービスのみずほダイレクトに登録の上、ラッキーラインに登録することで利用できるようになります。

ジャンボ宝くじを買えるのはみずほ銀行だけですので、宝くじを買うならまずみずほ銀行ダイレクトのラッキラインには登録しておく必要があります。


ジャパンネット銀行

ネット銀行 宝くじ

  • ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)
  • ナンバーズ
  • toto
  • BIG

ジャパンネット銀行ではロト6やロト7などのロトシリーズと、ナンバーズなどの数字選択式の宝くじを購入することができます。

またサッカーJリーグの試合結果で当選くじが決まるスポーツ振興くじを買うことができます。

ジャパンネット銀行はコンビニATMからの出金が3万円以上であれば手数料が無料になるので、うまく利用することでATM手数料を完全に無料にすることができます。

3万円以内の出金でも月に1回は無料になるので、いざという時に少額の引き出しをしても手数料はかかりません。

競馬、競輪、競艇などもネットで買うことができ、インターネットサービスとも相性の良い銀行です。

セキュリティにも力を入れているネット銀行ですので、ロトやナンバーズなどを中心に購入する人はジャパンネット銀行がおすすめです。


楽天銀行

ネット銀行 宝くじ

  • ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)
  • ナンバーズ
  • toto
  • BIG

楽天銀行もジャパンネット銀行と同様にロトやナンバーズなど数字選択式の宝くじとtotoやBIGのスポーツ振興くじを買うことができます。

楽天銀行では、ATM手数料をステージに応じて月に1-7回まで無料にするハッピープログラムがありますので、簡単な条件でATM手数料が無料になります。

ジャパンネット銀行のように3万円以上なら何度でも手数料が無料になるわけではありませんので、ジャパンネット銀行の方がおすすめですが、楽天市場をよく使うなどの人であれば楽天銀行を利用してもよいでしょう。


住信SBIネット銀行

ネット銀行 宝くじ

  • toto
  • BIG

住信SBIネット銀行ではtotoやBIGなどのスポーツ振興くじを買うことができます。

スポーツ振興くじしか買うことができませんが、競馬や競艇、競輪などの公営競技には一通り対応しています。

オッズパーク経由でロトにも投票することができます。

住信SBIネット銀行でもランクに応じて、ATM手数料が月に2-15回無料になります。

ネット銀行最大手で、本来は当サイトイチオシのネット銀行ですが、宝くじへの対応状況はいまいちですので、宝くじ目的の人は他の銀行を利用されるので良いでしょう。


三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行

ネット銀行 宝くじ

  • ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)
  • ナンバーズ

メガバンクの三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行でもロトやナンバーズなどの数字選択式の宝くじを買うことができます。

メガバンクであればみずほ銀行がほぼすべての宝くじを買うことができるので、メガバンクで宝くじを買いたい人はみずほ銀行を利用するのがおすすめです。


ネットで宝くじを買うメリット

ネット銀行 宝くじ

  • 自宅や外出先から簡単に購入できる
  • 売り場に並ぶ必要がない
  • 当選金は自動的に入金
  • 換金忘れがなくなる

自宅や外出先から簡単に購入できる

宝くじをネットで買えるメリットは何と言っても、自宅のパソコンや外出先でスマホなどから簡単に宝くじを買える点です。

わざわざ宝くじ売り場に行く必要がなくなりますし、長時間売り場に並ぶ必要がなくなります。

管理人は最初は宝くじ売り場で並ぶのも醍醐味で好きだと思っていましたが、一度ネット購入の快適さを覚えたら、ほとんど売り場で買うことはなくなりましたw

思っていた以上に快適ですので、まだネットで買ったことがない人はぜひ体験してほしいです。

ネットで買える環境は用意しておいても、宝くじ売り場で宝くじが買えなくなるわけではないので、買えるようにしておくと人から頼まれたり、急遽宝くじを買う必要が出た時に便利です。


当選金は自動的に入金

ネット銀行 宝くじ

またネットで宝くじを買うと、当選金は自動的に購入した銀行口座へ入金されます。

宝くじでよくある換金忘れや確認ミス、紛失などをすることがなく、確実に当選金を受け取ることができます。

宝くじの換金忘れと思われる支払期限切れとなった宝くじの当選金は年間160億円以上にもなるそうです。

高額当選の換金忘れ、チェック漏れや300円当選の交換忘れなど様々でしょうが、せっかくの当選金を換金漏れするのは非常にもったいないです。

そうはいっても300円のためだけに宝くじ売り場で換金するのも面倒ですので、ネットで自動入金は非常に便利なサービスです。

売り場に行かずに宝くじが買えて、当選金の入金も自動でしてくれる宝くじのネット購入は非常に便利で、宝くじを買うならネット一択と言えるほど大きなメリットがあります。


まとめ

ネット銀行 宝くじ

ネットで買える宝くじを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • ほぼすべての宝くじはネットで買える
  • みずほ銀行の口座があればすべての宝くじが買える
  • 換金忘れもなく便利

スクラッチを除くほぼすべての宝くじはネットで買うことができます。

ネットで宝くじを買うことで、売り場で並ぶ必要なく自宅から宝くじを買うことができますし、当選したら自動的に当選金が口座に入金しますので換金忘れもなく便利です。

ネットから宝くじを買うには購入に対応した銀行口座を作る必要があります。

ジャンボ宝くじを含めたほとんどの宝くじを買えるのは、みずほ銀行です。

インターネットバンキングに登録する必要がありますが、簡単な登録でほとんどの宝くじをネットから購入することができます。

みずほ銀行のラッキーラインの詳細

年末ジャンボ宝くじなど、とにかく宝くじをネットですべて買いたい人はみずほ銀行の口座を持っておくのがおすすめです。

ネット銀行 宝くじ

ネット銀行だとジャパンネット銀行、楽天銀行がロトとナンバーズに対応しています。

ジャパンネット銀行の口座開設

楽天銀行の口座開設

ネット銀行は入出金の手数料や振込手数料がお得なので、ロトやナンバーズしかしない人であればネット銀行がおすすめです。

またジャパンネット銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行は宝くじだけでなく、競馬、競艇、競輪など様々な公営競技をネットから購入できます。

宝くじだけでなく、その他のギャンブルもやる人はジャパンネット銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行のいずれかの口座を持っていると便利でしょう。

ジャパンネット銀行の口座開設

楽天銀行の口座開設

住信SBIネット銀行の口座開設


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ