地方競馬の馬券を自宅のインターネットなど競馬場以外で買う方法まとめ

公開日:2013年12月25日
最終更新日: 2015年11月27日

地方競馬の馬券を競馬場や場外馬券売場以外で購入するにはオッズパークやSPAT4などと呼ばれるネット馬券購入サービスを利用して投票する必要があります。

最近ではJRAの馬券購入サービス(即PAT、A-PAT)に登録していれば馬券を購入することができるようになりました。

  • JRAの馬券を自宅から購入する方法

  • 各サービスは銀行と提携して決済をしていますが、それぞれのサービスで購入可能なレース・競馬場や提携している銀行が異なるため、自分が買いたい競馬場がサービスに含まれるか登録前に確認が必要です。

    登録料や年会費は無料ですので安心して利用できますが、登録の手間を考えるとなるべく無駄なサービスには申し込まないようにしましょう。

    それでは見ていきましょう。

    地方競馬の馬券を自宅で購入する方法

    馬券をネット経由で購入可能なサービス

    地方競馬の馬券を自宅で購入する方法としては以下のサービスがあり、いずれかのサービスを利用する必要があります。

    地方競馬の馬券を自宅で購入可能なサービス

    1. オッズパーク
    2. SPAT4
    3. 楽天競馬
    4. 即PAT

    各サービスともに年会費等は無料ですが、提携銀行と購入可能な競馬場が異なります。

    各サービスの購入可能な競馬場、対応銀行は以下の通りです。

    ■各サービスの対応競馬場

    オッズパーク SPAT4 楽天競馬 即PAT
    ばんえい競馬
    ホッカイドウ競馬
    岩手競馬
    浦和競馬 ×
    船橋競馬 ×
    大井競馬 ×
    川崎競馬 ×
    金沢競馬
    笠松競馬
    名古屋競馬
    兵庫競馬
    高知競馬
    佐賀競馬

    ※○は購入可能、×は購入不可、△は一部レースのみ購入可能
    ※オッズパークのホッカイドウ競馬への投票はジャパンネット銀行のみ可能
    ※2015年11月時点。最新の情報は全国地方競馬協会WEBサイト参照

    このように見ると南関東の4競馬場の馬券を買えるSPAT4に対して、南関東以外は購入可能なオッズパークと投票可能な競馬場が分かれています。楽天競馬、即PATは全競馬場の馬券を購入可能になっています。

    またオッズパークについてはジャパンネット銀行のみホッカイドウ競馬に投票可能となかなかに複雑なサービス内容になっています。

    各サービスを利用できる銀行

    続いて各サービスの対応銀行です。

    ■各サービスの対応銀行

    オッズパーク SPAT4 楽天競馬 即PAT
    住信SBIネット銀行 × ×
    楽天銀行
    ジャパンネット銀行 ×
    三菱東京UFJ銀行 × × ×
    三井住友銀行 × × ×

    地方競馬の馬券購入サービスである、オッズパーク、SPAT4、楽天競馬はネット銀行のみの対応ですが、即PATはネット銀行に加えて三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行は即PATに対応しています。

    また全競馬場に投票可能な楽天競馬は対応している銀行が楽天銀行しかありません。

    即PATは全競馬場へ投票が可能になっており、さらに多くの銀行を利用することが可能ですので、地方競馬への投票についても即PATから投票するのが現状最も良い方法であるといえます。

    また、即PATを利用可能な銀行の中でもネット銀行である住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行のいずれかを利用するのが入出金の手数料などの面で有利です。

    • 地方競馬にネットで投票するなら複雑なサービスは避け、即PAT一択
    • 入出金や振込手数料が安いネット銀行がおすすめ

    競馬用の口座は専用の口座として持っていると収支の管理がしやすく、口座開設も無料なので、即PATを登録する際に一つ競馬用の口座を作っておくことをおすすめします。

  • 住信SBIネット銀行の口座開設(無料)
  • 楽天銀行の口座開設(無料)
  • ジャパンネット銀行の口座開設(無料)

  • なお、すでにネット銀行の口座を持っている人なら即日登録をして利用可能になります。楽天銀行とそれ以外の銀行で登録方法が異なり、それぞれ以下のページから登録することができます。登録は無料ですし、すぐ終わりますので、レースの前に登録してしまいましょう。

  • 即PATの申込(楽天銀行以外)
  • 即PATの申込(楽天銀行)

  • 本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ