株式投資には便利な連携サービスを活用しよう

公開日:2013年12月18日
最終更新日: 2014年6月11日

預金以外の投資もネット銀行での記事でも紹介しましたが、ネット銀行は預金以外の資産運用にも活用することができます。

投資信託などを取り扱っているネット銀行もありますが、リスク性の商品への投資はやはり証券会社に口座を開いて取引するのがコストも安くサービスもよいのでおすすめです。

そもそも株式投資については証券会社の口座を持っていないと取引できませんしね。

証券会社の口座を開いて取引する場合、特定のネット銀行とネット証券の間で利用できる連携サービスを利用することで便利でお得に株式取引を行うことができますのでぜひ活用しましょう。


株式投資に便利な連携サービス

ネット証券と連携したネット銀行のサービスはいくつかありますが、代表的なものとしては以下のサービスがあります。

ネット銀行とネット証券の株式投資に便利な連携サービス
・スイープサービス預金
・アカウントアグリゲーション機能
・追加保証金の自動振替

スイープサービス預金

スイープサービス預金は預金残高がリアルタイムで株の買付余力として利用できる特殊な預金サービスです。総合口座とは別の普通預金口座が設定され、通常スイープサービス預金にかかる金利は他の普通預金よりも高く設定されます。

入出金の手間がなくなり、金利も高くなるので大変便利なサービスでネット銀行とネット証券の連携サービスで最も大きなメリットといえます。

スイープサービス預金の詳細な特徴やメリットなどはこちらで紹介しています。
スイープサービス預金

スイープサービス預金は住信SBIネット銀行とSBI証券、楽天銀行と楽天証券、大和ネクスト銀行と大和証券の組み合わせでそれぞれ利用することができます。


アカウントアグリゲーション機能

アカウントアグリゲーション機能は銀行のサイトで証券口座の情報、または証券のサイトで銀行口座の情報をそれぞれ表示するサービスです。

証券サイトで銀行の残高確認もできますし、銀行サイトで証券口座の株の評価額など資産残高を確認することができます。

どちらかのサイトにログインをすれば両方の情報を確認することができるのでログインの手間が省け、資産全体を把握することができます。

アカウントアグリゲーションサービスは住信SBIネット銀行とSBI証券楽天銀行と楽天証券の組み合わせでそれぞれ利用することができます。


追加保証金の自動振替

追加保証金の自動振替サービスは証券会社の口座で信用取引を行っているときのサービスです。

信用取引では株を買う時及び株を保有している期間中は、買っている株に対して一定額以上の保証金を口座に入れておかないといけません。また保有している期間の株の含み損は口座の保証金額に毎日反映されます。

そのため株価が下落した時、保証金額が減額されると株を保有しておくのに必要な保証金が足りなくなることがあります。その場合、一定期間の間に証券会社に追加で保証金を差し入れないと持っている株が強制的に決済されてしまいます。

このように追加で必要になる保証金が追加保証金といい、通称「追証(おいしょう)」と呼ばれます。

追証が発生した時に銀行口座に残高があれば銀行口座残高から自動的に証券口座へ追証入金してくれるサービスが追加保証金の自動振替サービスです。

追証が発生した時は、そのままでは持っている株を売られてしまうので、急いで証券会社の口座に入金する必要があり非常に便利なサービスです。

追加保証金の自動振替は住信SBIネット銀行とSBI証券楽天銀行と楽天証券の組み合わせが利用可能になっています。


まとめ

このように株式投資をする上で便利なサービスがいくつかあります。

連携サービスがある銀行は住信SBIネット銀行と楽天銀行と大和ネクスト銀行ですが、提携証券会社がネット証券でお得なのはネット証券業界No1、2のSBI証券、楽天証券と提携している住信SBIネット銀行と楽天銀行です。

連携サービスもスイープサービス預金、アグリゲーションサービス、追加保証金の自動振替サービスとすべて対応していますので、株式投資をする際は住信SBIネット銀行か楽天銀行を活用すると便利です。

すでに株式投資をしているという方もこれらの組み合わせを活用するととても便利ですので、今使っている証券会社と相性の良いネット銀行口座を開設するか、ネット銀行と相性のよいネット証券の口座を開設すると良いと思います。

ネット証券を比較して選びたいという方はネット証券比較研究所でネット証券の比較と各社の特徴分析をしていますので参考にしていただけますと幸いです。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ