貯金ができる仕組みづくり6:ローンやキャッシングは利用しない

公開日:2013年12月20日
最終更新日: 2014年12月15日

これまで貯金ができるようになる仕組み作りを紹介してきましたが、固定費の中でローンやキャッシングの残高があり金利を支払っている人は、住宅ローンなどの低金利のローンを除いて貯金よりまずは借金を返済することを優先させましょう。

また、新規では原則ローンを組まずキャッシングはしないということを心がけましょう。


貯金よりローンを優先的に返済したほうが良い理由

015329貯金よりローンの返済をした方が良い理由はローンの方が預金より金利が高いからです。

当たり前ではないかと思いますが、ローンとは借金です。また銀行への預金は銀行にお金を貸していることになります。

そのためローンを返済せずに預金するという行為は借金をしながらお金を貸しているのとほぼ同じです。そのためローンの金利を支払いながら、預金の金利を受け取ることになります。

預金金利の方が高ければ良いですが、そうでなければローンを返済して支払金利を減らした方が経済的ですよね。

ローンの金利は通常3%-10%程度の金利が設定されています。預金金利が高いと言われているネット銀行の1年物定期預金の金利は0.1%-0.25%程度です。これだけ金利が違えばどう考えてもローンを返済した方が良いことがわかるでしょう。


住宅ローンを返済するまで預金できないの?

woman
貯金するよりもローン返済を優先すると聞くと、「住宅ローンをすべて返済するまでは貯金ができないの?」と考える人が多いと思います。

住宅ローンは額が大きいので返済するまで貯金しないというのは現実的ではありません。また住宅ローンは他のローンと比較して圧倒的に低い金利でお金を借りることができるローンですので例外と考えましょう。


住宅ローンもなるべく繰り上げ返済をした方が良いですが、そこは貯金が必要な期間とバランスを見て貯金とローン返済のどちらを行うかを決めましょう。


住宅ローンを優先して返済しなくても良い場合

003158住宅ローンは今や変動金利であれば1%を切るような超低金利で借り入れをすることができ、数千万円という高額な金額を個人がものすごく有利な金利で借りることのできる貴重な機会でもあります。

税制優遇があることや、繰り上げ返済のために手数料がかかることを考えると、手元の資金を住宅ローンの返済に回さずに投資に回した方が有利なことも多々あります。


住宅ローンは低金利、税制優遇、繰り上げ返済手数料なども考慮して返済を優先するかを考える必要があります。

ここ5年くらいの低金利の時代に住宅ローンを組めている人は、多くの場合繰り上げ返済をしても、手元に残して運用をしてもどちらが良いとは言い難い状況かと思いますので、個々の状況をみて住宅ローンの返済を優先させるかどうかを判断すると良いでしょう。

10年以上前から住宅ローンを借りている人は、それなりの金利の人も多いと思いますので、繰り上げ返済を検討したり、現在の低い金利の住宅ローンへと借り換えをしたりして総支払額を減らす方向で検討されると良いと思います。

特に、ネット銀行の住宅ローンは金利も低く、現在注目が高まっている商品です。

やり取りに人が入らない分、若干面倒ではありますが、金利は有利なことがほとんどですので、ぜひ検討のテーブルに乗せると良いでしょう。

住宅ローンは国が支援していることもあり特殊ですが、その他のローンやキャッシングについては、基本的には極力利用を避け、利用している場合は、運用を始めるよりも先に優先して返済をしていきましょう。

そうすることで、ローンの金利分の支払いがなくなり、下手な運用をするよりもよっぽど大きな成果を得ることができるようになります。

  • 貯金ができる仕組みづくり7:ボーナスは極力貯金に回す


  • その他の貯金に関する記事は以下にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。


    本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ