貯金ができる仕組みづくり1:貯金専用の銀行口座を作ろう

公開日:2013年12月20日
最終更新日: 2014年12月14日

貯金専用の銀行口座を作ろう

貯金を続けるための心構えを別の記事で紹介してきましたが、貯金を実際に始める際には貯金をしやすい仕組みを作る必要があります。

tyokin貯金をしやすい仕組みづくりの第一歩は貯金専用の銀行口座を作ることです。

貯金専用の銀行口座を作ることの理由はいくつかありますが、最も大きな理由は「簡単に引き出せないようになること」です。


生活用の口座と貯金用の口座が一緒だと、使う分には便利ですが、貯めているお金も貯金の感覚が薄くなり使ってしまう危険性があります。

仕組みとして貯金は使えなくしておくことが重要です。別の口座とすることで普段利用しなくなるため、心理的に簡単には引き出しづらくなります。

また、別の口座にしておくと貯金の結果が見やすいというのも良い点です。

専用の口座を用意して毎月いくらか貯めていくと、貯まっていく様子が金額としてわかるので、結果が「見える化」して自分のモチベーションになります。

生活用の口座と一緒だと給料日に金額が一気に増えたり、家賃やクレジットカードの引き落としがあると大きく減ったりするので何が何だか分からなくなります。

個人的には残高をキリの良い数字にすることができる点も好きです。

と、色々理由はありますが、とにかく貯金をする際には貯金専用の銀行口座があると便利ですので、「貯金をするぞ!」というモチベーションの高いときに作っておきましょう。


貯金専用の銀行口座はどこが良い?

  • 預金金利が高い銀行
  • 目的別に複数口座を作れる銀行

貯金専用の銀行口座を作る際に良い銀行はどんな銀行でしょうか。

貯金専用の銀行口座としては高金利の銀行目的別に複数口座を作れる銀行が良いでしょう。

貯金をしていく期間にもよりますが、ある程度お金を預けることになるので、その間の金利は高いに越したことはありません。

ネット銀行であれば、金利が高く、短期間の定期預金もあるのでおすすめです。定期預金金利は変動しますが、住信SBIネット銀行楽天銀行あたりは継続して高い金利を維持しているので、金利を気にする方は2行から選ぶとよいと思います。

また、「貯金が続く心構え2:目的を持って目的ごとに貯金する」で紹介したように目的別に口座を複数作るかもしれないということであれば、目的別に口座を作ることができる住信SBIネット銀行ソニー銀行がよいでしょう。

住信SBIネット銀行ソニー銀行であれば、目的別口座や定期預金に分けておくことで生活用の口座としても使用できますのでおすすめです。


口座開設したら、毎月決まった額を入金する

貯金用の口座を開設したら、なるべく早く貯金を開始しましょう。

毎月決まった額を入金するように決めると、安定してたまっていくようになります。

貯金はとにかく続けることが一番重要なことです。

ですので、無理にいっぱいいっぱいの金額を貯金するよりも、少額でも決まった額を毎月ためていくことで継続しますし、続けることでいずれ大きな金額をためることができるようになります。

また、貯金に限らずお金関係のことは後から面倒になることがありますので、なるべくモチベーションの高いうちにはじめてしまい、後は続けるだけという状況を作ることも重要です。

■貯金を続けるポイント

  • 少額でも毎月とにかく続ける
  • モチベーションの高いうちにはじめる

「小さく産んで大きく育てる」という言葉もありますが、まずは自分のできるところから始めていき、その後家計を見直しながら貯金できる額が増えれば良いですし、そのままの額でためていってもある程度まではたまるというしくみができれば、後は淡々と毎月貯金を続けていくだけで、仕事やプライベートに集中することができます。

お金にとらわれることがなくなり幸福度もぐっと上がると思いますので、ぜひ貯金はしくみ化して、お金のことを考える時間を減らせるようにしましょう。

  • 貯金ができる仕組みづくり2:天引きで使う前に貯金する

  • その他の貯金に関する記事は以下にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。


    本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ