積立や目的別口座など貯金を便利にするネット銀行のサービス

公開日:2014年1月23日
最終更新日: 2014年11月9日

貯金を便利にするネット銀行のサービス

tyokin貯金をするには毎月1万円でも貯金をしていくという習慣をつけることがポイントです。

そのためにがむしゃらに節約して余ったお金をためていくという方法で成功する人は良いですが、普通はなかなか難しく気づいたら貯金をしていたという仕組みをつくる必要があります。


以下の記事で仕組みをつくって貯金する方法について紹介していますが、ネット銀行でも貯金を助ける便利なサービスを提供していますので紹介したいと思います。

  • ネット銀行を活用した貯金が貯まりやすくなる3ステップ

  • 積立貯金

    積立貯金は毎月決めた額を普通預金から定期預金へ自動的に振替をするサービスです。

    貯金は余った額を貯金するよりも、給料が入ったらすぐに差し引く(天引き)した方が精神的な効果からかたまりやすいです。

    それを実現するのが積立貯金です。

    積立する日、金額、頻度は自由に設定できるので、給料日直後に毎月の貯金額を設定しておき強制的に使用できなくなり気づいたら貯金をするようになります。

    メガバンクなどの大手銀行ではサービス提供されていますが、
    ネット銀行ではソニー銀行だけが積立貯金を提供しています。

    他のネット銀行で実現しようと思った場合は、日にち、金額を設定して別の口座に振込をする「定期振込サービス」を活用することで積立貯金に近い仕組みを作ることが出来ます。

    定期振込サービスは住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行が提供しています。

    定期振込サービスは振込をすることになるので、手数料がかかる点は注意しないといけません。住信SBIネット銀行であれば毎月3回まで振込手数料が無料ですので活用すると無料で仕組みを作ることができそうです。


    目的別口座

    目的別口座はネット銀行の口座の中に別の口座を作ることができるサービスです。

    例えば普通預金の中でも、代表口座のほかに旅行用とか、教育用とか自由に名前をつけて口座を作ることが出来ます。

    1つだけの口座だと目的のある資金も一つの口座に混ざってしまい、今どれくらいたまっているかであったり、生活費はあといくら残っているかがわかりづらくなってしまいます。

    わからなくなり結局使ってしまうなんてこともありますので、目的の決まっているお金は分けて管理するのが鉄則です。

    別の銀行で口座を用意するというのも一つの手ですが、口座開設や資金移動が面倒でそこまではしたくないという方は、目的別口座を活用するのが良いと思います。

    ネット銀行であればWEB上で口座の新規作成から資金移動まで簡単に無料でできます。

    なお、目的別口座を提供しているネット銀行は住信SBIネット銀行ソニー銀行です。


    資産管理ツール

    資産管理ツールは複数の銀行やクレジットカード、ポイントなどを一括で管理することができるツールです。

    各金融機関のID、パスワードなどを登録することで、残高や利用履歴、入出金の予定などが一覧で表示されます。

    お得に生活しようとすると銀行口座やクレジットカードなどの数がどうしても増えてきてしまいます。

    増えてくると管理が難しくなってきますが、資産管理ツールを活用することでそれらを一覧で確認して自分の資産が今いくらあるかが簡単に把握できます。

    資産管理ツールは住信SBIネット銀行の「MoneyLook for 住信SBIネット銀行」やソニー銀行の「人生通帳」があります。

    またネット銀行ではありませんが、マネーフォワード社が提供する「マネーフォワード」も人気です。

  • 【無料】簡単・資産管理アプリ – マネーフォワード


  • サービスの効果を把握してサービス選びをする

    貯金を便利にするネット銀行のサービスを見てきました。

    どれも便利なサービスでうまく活用することで、貯金を効率的に行うことができますね。

    今回紹介した3つのサービスはそれぞれ特徴が異なり、期待される効果も異なります。

    それぞれのサービスの特徴を正しくとらえて、自分の状況にあったサービスを選ぶようにしましょう。

    ■貯金を便利にするサービスの特徴と効果

    • 積立貯金   :強制的に貯金に回すことができるのでためやすい
    • 目的別口座  :資金を分けて管理することで、目的のお金を可視化する
    • 資産管理ツール:全ての資産、負債を可視化して無駄遣いを抑える

    積立貯金は毎月強制的に積立用の口座に貯金することで、ためやすく確実にためることができる点が特徴で、目標までに確実にためたい場合や、自分では貯金がしづらい人におすすめのサービスといえます。

    目的別口座は、資金を分けて管理することができるので、旅行用にためる場合であれば、旅行用のお金が今いくらたまっているかが明確になり、可視化ができるとういメリットがあります。

    結果的に、目的別口座のお金には手をつけづらくなり、その他のお金でやりくりするようになります。

    資産管理ツールは資産、負債含めてすべての自分の資産を見ることができ、貯金をしていると増えているさまも見ることができるので、貯金が楽しくなり、自然と無駄遣いを抑えることができるという効果が期待されます。

    貯金をしやすくするという意味ではどれも効果的ですが、微妙に異なるので、自分に向いている方法、サービスを活用して貯金をしていくと良いと思います。

    もちろんどれか一つではなく、複数を組み合わせることでさらに効率的に貯金をしていくことができますね。


    本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ