預金の利息が入金されるタイミングと金利の計算方法

公開日:2015年11月16日

最近では金利が低く、普通預金にお金を預けていてもほとんど利息でお金が増えることは望めませんが、少ないからこそ利息がいつどれくらいもらえるのか気になる人もいると思います。

普通預金の金利を気にしている人は少ないので、意外にいつ入金されているか知られていませんが、銀行ごとに利払いのタイミングや計算方法が異なりますので、本記事でまとめてみました。

預金の利息が入金されるタイミングと金利の計算方法を紹介したいと思います。

普通預金の利息の入金タイミング

まずは普通預金の利息の入金タイミングです。

主要なネット銀行の普通預金の利払いの回数やタイミングは以下の通りです。

■主要ネット銀行の普通預金の利息の入金タイミング

銀行 利払いの方法 利払いのタイミング
住信SBIネット銀行 毎月利払い 毎月第3土曜日
楽天銀行 年2回払い 毎年3月31日と9月30日
ジャパンネット銀行 毎月利払い 毎月初
じぶん銀行 年2回払い 毎年2月16日と8月16日
ソニー銀行 年2回払い 毎年2月第4月曜日と8月第4月曜日
大和ネクスト銀行 年2回払い 毎年2月第3日曜日と8月第3日曜日
新生銀行 毎月利払い
イオン銀行 年2回払い 毎年2月と8月の所定の日

利払いの回数としては年2回か毎月利払いの2種類があります。どちらが良いかといわれると毎月利払いの方が複利の効果が働きますのでお得です。

金額は多くならないと思いますが、現金を先に受け取れる点も良いですね。

毎月利払いとなるネット銀行は住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行新生銀行の3種類です。住信SBIネット銀行は振込手数料やATM手数料の面でもお得な総合的におすすめできるネット銀行ですが、預金の利払いのタイミングでも顧客有利なサービスになっていますね。

  • 住信SBIネット銀行のサービスの特徴

  • 利払いのタイミングは銀行によって異なりますが、年2回の支払の場合は2月と8月に利払いが行われる銀行が多いようです。

    いつが良いというわけではないですが、すでに利用している銀行がある人は自分が使っている銀行の利払いのタイミングは頭の片隅に入れておくと良いですね。


    普通預金の金利計算方法

    利払いの回数やタイミングは上記の通りですが、普通預金の金利はどの銀行でも毎日の預金残高の1円単位、金利は1年を365日として日割りしたものを利用し、日々利息を計算して加算し利払い日にまとめて支払います。

    細かな計算はともかく、金利は毎日計算されているので、利払いの直前など特定の日に残高を増やしたからといってもらえる金利が増えるわけではないことを理解しておくと良いでしょう。

    1点注意したいのは、各銀行ごとに利息を計算するための最低金額を設定しており、最低残高を下回っている日は利息額も0円になります。

    利息計算のための最低金額はほとんどの銀行で1,000円となっていますが、ジャパンネット銀行だけは1万円が最低残高となっています。ジャパンネット銀行を利用する人は注意しましょう。

    預金金利の利払いタイミングや計算方法はすべての銀行で同じような気がしていましたが、各銀行で計算方法や利払いのタイミングは異なります。

    利息の入金がないと何となく不安になってしまいますので、自分が利用している銀行の利払い、入金のタイミングは理解しておきたいですね。

    得をするという意味では利払いのタイミングはあまり影響がなく、金利の高さを見るべきですので、別の記事で比較している主要ネット銀行やメガバンクの預金金利を確認いただければと思います。

  • ネット銀行の預金金利の比較と金利の違いで得する金額

  • 本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ