給与振込口座にネット銀行が指定できると良い理由

公開日:2013年12月19日
最終更新日: 2014年11月9日

給与振込口座は会社が指定している銀行でないといけません。

どこでもよいという会社もありますが、多くの企業では給与振込先銀行の制約があり、真っ先に不可とされるのがネット専業銀行であったりすることが多いと思います。

本来、給与振込先の銀行は会社に指定などされるものでなく、みなが使いたい銀行を登録させるべきだと思いますが、会社側も経費削減の一環などで行っているのでしょう。

一応の理由がある以上、ここでとやかく言ってもしょうがないので、ここでは今いる会社の給与振込口座にネット銀行を指定できるという幸運な方向けにネット銀行を給与振込口座として指定すると良い理由を紹介したいと思います。

給与振込口座が会社から指定されている方は・・・
ネット銀行ではありませんが新生銀行は都市銀行なので、給与振込銀行口座として指定できる会社は多いと思いますので、給与振込口座が指定されている方は確認してみましょう。

またネット銀行を給与振込先口座にできない場合もメインの銀行口座として利用する方法も別記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


給与振込口座はネット銀行が良い理由

ネット専業銀行を給与振込口座として指定できると以下のような良い点があります。

  • 振込手数料が毎月数回無料となる
  • 定額自動振込サービスを利用して自分の他の銀行口座へ自動的に配分できる
  • 振込があると現金のキャッシュバックがありお金が貯まる


振込手数料が毎月数回無料となる

振込手数料が安いというのがネット銀行を給与振込口座として指定すると良い最も大きな理由です。

家賃など毎月どこかへ支払いをしている場合は、給与振込があると給与振込口座から振込をすることになると思います。その場合、振込手数料がかかる銀行が給与振込口座となっていると手数料がかかってしまいます。

また振込手数料が安い自分の他の口座に移そうにしても、振込に手数料がかかってしまい、結局どうやっても手数料がかかってしまうという状況になり、かなり不便です。

支払が多い人ほど給与振込口座をネット専業銀行にすることで得をすることができます。

各ネット銀行の振込手数料の詳細についてはこちらにまとめています。
振込手数料もネット銀行で無料で済ませよう!


定額自動振込サービスを利用して自動的にお金を配分できる

銀行口座は貯金用、投資用、生活用など目的別に複数口座を持っていると管理しやすいです。
そうでなくても複数銀行口座を持っている方は多いと思います。

ただ毎月それぞれの口座にお金を振り分けをするのは結構面倒です。

そんな方はネット銀行の定額自動振込サービスを活用して面倒を解消することができます。

定額自動振込サービスとは毎月の指定した日に指定した額を振り込むことができるサービスです。

一度設定してしまえば後は毎月自動的に各口座へ振り分けをすることができますし、収入に変化があった時も設定額を変更するだけで口座への入金額を変更することができます。

便利な定額自動振込サービスを提供しているのは住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行です。


振込があると現金のキャッシュバックがありお金が貯まる

また一部のネット専業銀行では他行から振込があると現金のキャッシュバックをしている銀行もあります。

毎月給与が振込があるたびに現金がもらえるということですので単純に得です。

また振込件数によって1件ごとのキャッシュバック金額が上がる仕組みになっているので、ほかに振込を受けている人ほどお得になります。

このような振込があると現金がキャッシュバックされるのは楽天銀行で「ゴールドラッシュプログラム」というサービスで提供されています。


まとめ

このようにネット銀行を給与振込口座として指定できるとお得なことや便利なことがたくさんあります。

世の中には給与振込口座をネット銀行にできない方もいますので、そういった方々のためにも給与振込口座にネット銀行を指定できるという方はぜひネット銀行の口座を指定しておくと便利だと思います。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ