家計管理にはネット銀行と連携サービスを使うのが正解

公開日:2013年12月19日
最終更新日: 2015年11月19日

ネット銀行は家計を管理するのに便利なサービスがあり、うまく活用することで家計を節約したり便利に利用することができます。

家計の状況を適格に把握するのはお金を貯めるための第一歩です。

「今いくら持っているか」がわからないと計画を立てることができません。「何にいくらを使っているか」がわからないと節約のしようもありません。

まずは自分の状況がわかる環境を作って、目標を立てていくことをおすすめします。それでは家計を管理するのに役立つネット銀行のサービスを見ていきましょう。


家計を管理するとは?

「家計を管理する」と一言で言っても何をすればよいかわかりませんよね。

パッと思い浮かぶのが家計簿です。

家計簿とは毎月「何にいくら使ったか」を管理する帳簿です。最も重要ですね。

また、「いくら使ったか」とは別に「いくら持っているのか」というのも重要な情報です。

「自分がいくら持っているかは知っているよ」と思う方もいるかもしれませんが、銀行や証券など複数の口座を持っている場合合計でいくら持っているかを正確に把握している人は結構少ないです。

さらにクレジットカードを使っているとクレジットカードの残高を考慮に入れないといけません。クレジットカードの残高は借金と同じですので自分のお金から差し引かないといけません。

このように「自分が何にいくら使ったのか」と「自分がいくら持っているのか」を毎月把握していくことが重要で、かつ過去の情報は積み重ねとして後で見られるようにしたいものです。


ネット銀行の提供する家計管理ツールとは?

ネット銀行や事業会社が提供する家計管理のツールにはいくつかあります。

人生通帳
ソニー銀行が提供しているアカウントアグリゲーションサービスです。
口座一覧や入出金のカレンダー表示、家計簿自動作成機能など多くの機能を提供しており、当サイトで最もおすすめの口座管理ツールです。
人生通帳を利用するためだけにソニー銀行に口座開設をしてもよいと思います。利用には口座残高10万円以上が必要になります。

JNBアグリゲーション
ジャパンネット銀行が提供する口座管理ツールがJNBアグリゲーションです。
25の銀行、21の証券会社、25のクレジットカード、が登録でき、口座情報を自動取得して残高を表示します。
13の大手ポイントも表示可能ですのでポイントの管理もできます。
口座情報の取得に特化していて家計簿作成機能がありませんが、口座情報の取得をメインにしたい方にはおすすめ。

みんなの口座管理
セブン銀行が提供している口座管理ツールです。口座開設をしなくても利用できます。

マネーフォワード
金融機関以外のサービスだとマネーフォワードが提供しているアカウントアグリゲーションサービスがあります。

資産推移がわかったり、家計簿を自動作成するなどの機能がついていて便利です。

マネーフォワードを見る


「いくら使ったか」「今いくら持っているか」で家計を管理

家計を管理する上で便利な連携サービスについて見てきました。

家計を管理してお金を増やしていくには、今いくら持っているのかという点と、いくらを使っているかを把握することが重要です。

毎月いくら使っているかを把握することで、月にいくらくらいたまっていくかがわかり、現時点でいくらを持っているのかを知って、目的である金額にどれくらいの期間がかかるかわかります。

毎月いくら使っているかは家計簿で、今いくら持っているかをアカウントアグリゲーションなどで把握することで、目的である目標額までをためることを効率的に行うことができますね。

また、この2つが重要なのは家計に対する対応を検討する際に必要な情報であるという点です。

毎月5万円ためる必要がある人が毎月10万円黒字であれば問題なくたまっていきますが、逆に黒字がほとんどなく、このままではたまらないという状態であることも多いです。

そうなった時に家計簿の中身を見ていき、無駄な支出を抑えることで貯金額をねん出することができます。

また、ある程度の金額がたまってからは預金だけではもったいないので、株や投資信託などの運用を検討して、お金が働いてお金を増やすことで目標額に早く達することができるようになります。

このように何かしら対策を取る必要がある時に重要な情報が支出の情報と資産の情報です。

そういう意味でも、家計簿とアカウントアグリゲーションサービスを組み合わせて家計を知ることが家計管理の基本であるといえます。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ