公共料金の支払いにネット銀行を活用できる?

公開日:2013年12月19日
最終更新日: 2015年12月23日

便利なネット銀行ですが、デメリットとして公共料金の支払に一部しか対応していないという点があります。

ジャパンネット銀行新生銀行は東京ガスや東京電力など一部の公共料金の支払に対応していますが、多くのネット銀行では公共料金の支払に対応していません。

ただ公共料金の自動引き落としができないと不便だからネット銀行の口座を開かないというのは間違いです。

実はネット銀行を活用して公共料金の支払いをする方法がないわけではありません。

方法1:クレジットカード支払にする

一番良い方法は公共料金の支払にクレジットカードを活用することです。

ほとんどの公共料金の支払にはクレジットカードが利用できます。また多くのクレジットカードではネット銀行を決済用の口座にできます。(一部のクレジットカードは対応していません。)

つまり・・・・

ネット銀行→公共料金

は不可ですが、

ネット銀行→クレジットカード→公共料金

は支払いが可能なのです。

また支払ができるようになるだけでなく、クレジットカードで払った方が公共料金はお得です。

理由はポイントが付くからです。

仮に還元率1%のクレジットカードで公共料金を支払えば、1%還元となり、1%割引とほぼ同義になります。

手続きも口座振替と同じように各公共料金の運営会社向けに申請書を送ればよいだけですので簡単です。

公共料金をクレジットカードで支払う場合には、ポイントが多くつくいわゆる「還元率の高い」クレジットカードを選択することでお得を最大化することができます。

還元率が高いお得なクレジットカードは、当サイトのグループサイト内で紹介していますので参考にしていただければと思います。


方法2:支払可能なネット銀行で払う

クレジットカードで払う方がスマートではありますが、クレジットカードを持っていない、使いたくないという方は支払のできるネット銀行で支払うという方法もあります。

新生銀行は都市銀行ですのでメガバンクと同じように口座振替が可能です。それにも関わらずATM手数料や振込手数料はネット銀行並みの優等生です。

新生銀行を活用して公共料金の支払いはしつつ、他のネット銀行と組み合わせて活用すると公共料金の支払が不便であるというネット銀行のデメリットを解消することが出来ます。


参考:主要ネット銀行の口座振替対応状況


公共料金の支払いは生活用の口座(メインの銀行口座)で支払う

公共料金の支払いをネット銀行でする方法として、口座振替をする方法とクレジットカードを活用する方法を紹介しました。

いずれの方法であっても最終的な決済口座となるネット銀行の口座は、生活用のメインの口座を利用するのが、資金移動の手間がなく良いです。

■公共料金の支払いをメインの銀行口座で行うことのメリット

  • 生活用の口座で支払うことで、資金移動の手間がない

クレジットカードを利用して支払う場合も、クレジットカードの引き落とし口座としてネット銀行を指定しておけば、他の支払いも口座一つで決済できるので、同様に手間なく入金のし忘れもなくなります。

一方で注意したいのは、公共料金がいくら発生したかをきちんと毎月確認することです。

■公共料金の支払いをメインの銀行口座で行うことの注意点

  • 金銭感覚のずれには要注意。公共料金が毎月いくらかかっているかは把握する

口座引き落としのデメリットは使っている感覚がなくなるということです。

毎月勝手に引き落としがされるので、今月いくら使ったかわからなくなってしまっている人も多いです。

電気代やガス代はどんどん値上げされているので、家計防衛の観点では、毎月いくらになっているかを把握し、必要であれば節約を考えることが必要です。

そのためにも毎月の支払いが引き落としになっていたとしても、利用額を確認して家計の把握に努めましょう。

家計簿をつけていれば自然と公共料金がいくらだったか必要になるので、家計簿をつけることできちんと把握できるとなお良いですね。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ