ネット銀行は家計の節約に大活躍!4つのアイデアで年間16,000円以上お得になる

公開日:2013年12月19日
最終更新日: 2014年11月9日

ネット銀行は低コストで充実したサービスを提供しているので家計の節約にも役に立ちます。

ネット銀行を活用した節約のためのアイデアは無限大に近いほどありますが、本記事ではそのうちのいくつかを紹介したいと思います。


仕送りの振込手数料を無料にする

学生の子を持つ親から子へ、または親元を離れてから実家へ仕送りをしている家庭は多いと思います。

その時、各々口座を持っていて振込手数料がかかっているケースも多くあります。

ほとんどのネット銀行は自行宛の振込手数料が無料になっているので、家族口座を両方ネット銀行にすることで振込手数料を無料とすることができます。

また、一方の口座をネット銀行にするだけでも、ネット銀行には毎月数回振込手数料が無料になりますので振込手数料を節約することができます。

毎月の振込手数料が420円とすると月に420円、年間5,040円の節約になります。


家賃の支払の振込を無料にする

家賃の支払が振込というご家庭も多いと思います。この場合も振込手数料が毎月発生しています。

このような誰かに支払いをしているケースでも、振込をする銀行をネット銀行にすることで毎月の振込手数料を節約することができます。

仕送りと同様に毎月の振込手数料として月に420円、年間5,040円の節約になります。


定期預金を見直して得する

ネット銀行は預金金利が高く設定されていることも魅力です。

定期預金をメガバンクで組んでいる場合、ネット銀行の定期預金を活用することで家計に入ってくる利子を増やすことができます。

2013年の12月時点では1年物の定期預金金利がメガバンクはすべて0.025%であるのに対して、ネット銀行は高いところで0.25%の金利をつけています。10倍の金利がつくネット銀行の定期預金を見逃すことはできません。(メガバンクの定期預金金利が低すぎるというのもあります。)

100万円の預金があった場合、1年間で2,250円の利子収入が増えることになります。

少ないと思うかもしれませんが、メガバンクに預けていても年間の利子は250円です。ネット銀行の定期預金に預ければノーリスクで利子収入が増えますので是非活用しましょう。

なお、ネット銀行の預金金利が高いことや最新のネット銀行の定期預金金利はこちらの記事に詳細を紹介しています。


光熱費の支払でも得する

光熱費の支払については口座振替に対応していないネット銀行は多いので不利なように思えます。

しかし実は、思い切って光熱費の支払を銀行口座の振替でしないとすることで、得をして光熱費を節約する方法があります。

実は光熱費はクレジットカードで支払うのがお得です。

光熱費はクレジットカードで支払うことができますが、クレジットカードで支払うとポイントが付くので、光熱費をクレジットカードで支払うことで毎月自動的にポイント分がお得になります。

口座振替にしていると振替割引がありますがたったの50円です。高還元のクレジットカードを利用することでそれ以上の得をすることができます。

このようにネット銀行のデメリットと思われる部分も他のサービスに置き換えることができ結果的に得をすることができます。ある意味ネット銀行を利用することによる副次的効果といえます。

光熱費が毎月2万円程度かかっている家庭の場合、還元率1.8%のカードを利用すると毎月360円、年間4,320円の得をすることができます。


4つのアイデアだけで年間16,650円も節約!

家計の節約となりそうなアイデアを見てきました。

これら4つの節約額を合計すると以下のようになります。

■年間の節約額

  • 仕送りの振込手数料を無料にする:5,040円
  • 家賃の支払の振込を無料にする :5,040円
  • 定期預金を見直して得する   :2,250円
  • 光熱費の支払でも得する    :4,320円
  • 合計:16,650円

年間16,650円です。

ネット銀行を利用して少し工夫をするだけでこれだけの節約ができます。

もちろんすべての方ができる節約ではありませんが、逆にもっと他に節約できる道があることもわかっていただけるのではないかと思います。

ネット銀行は家計の節約に大きく貢献するものです。うまく活用することで生活が便利なだけでなく、経済的なメリットを多く受けることができます。

当サイトではこの他にもネット銀行を活用する方法を紹介しています。

本記事のように家計の節約に役立つ活用方法から手間を少なくする便利なサービスなど色々な活用方法がありますので、ぜひその他の記事も参考にしてください。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ