住信SBIネット銀行の法人口座サービス(定期預金金利・振込手数料)

公開日:2014年1月22日
最終更新日: 2014年4月18日

住信SBIネット銀行の法人口座サービス

個人の銀行サービスにおいて、ATM手数料、振込手数料の安さと金利の高さで人気のネット銀行No1の住信SBIネット銀行ですが、住信SBIネット銀行では法人も口座開設が可能になっています。

法人向けのサービスについても、個人向けのサービス同様に、メガバンクと比較してお得な手数料や便利なサービスを提供しています。

本記事では住信SBIネット銀行の法人口座のサービスについて紹介していきたいと思います。


住信SBIネット銀行の法人口座の特徴

住信SBIネット銀行の法人口座の特徴は以下の通りです。

住信SBIネット銀行の法人口座の主な特徴

  • 口座開設・口座維持手数料が完全無料
  • お得な振込手数料
  • 24時間ATMでの入出金が可能
  • 法人でもSBIハイブリッド預金が利用可能
  • 基本的には良いことづくめですが、一つずつ説明していきたいと思います。


    口座開設・口座維持手数料が完全無料

    住信SBIネット銀行の口座開設および口座維持手数料は完全に無料です。

    個人用の銀行口座はメガバンクでも無料ですが、メガバンクの法人口座は口座維持手数料がかかるのが一般的です。

    例えば三菱東京UFJ銀行が提供する法人口座サービス「BizSTATION」は月額利用料として月に2,100円の口座維持手数料がかかります。

    月2,100円の手数料は年間25,000円超のコストになりますので、完全無料の住信SBIネット銀行の法人口座を利用するとその分が無料になりコスト削減につながります。


    お得な振込手数料

    住信SBIネット銀行は振込手数料もお得です。

    個人向けのサービスでも格安の振込手数料が人気の住信SBIネット銀行ですが、法人向けのサービスでもその実力を発揮しています。

    住信SBIネット銀行の法人口座の振込手数料は以下の通りです。

    ■住信SBIネット銀行の振込手数料(法人)

    振込先 振込金額
    3万円未満 3万円以上
    自行宛 50円 50円
    他行宛 160円 250円

    三菱東京UFJ銀行の法人口座が自行宛105-315円、他行宛の3万円未満が525円、3万円以上が735円ということを考えると、半分以下の金額になっていて大変お得です。(他のメガバンクについても同じくらいの水準です。)

    振込手数料の安さが法人でもネット銀行をメインバンクとしている会社が増えていることの原因であることは間違いないでしょう。


    24時間ATMでの入出金が可能

    現金の入出金は個人口座同様にコンビニをはじめとしたATMで行うことになります。

    住信SBIネット銀行が入出金可能なATMは以下の通りです。

    住信SBIネット銀行が入出金可能なATM
    セブン銀行ATM
    ローソンATM
    イーネットATM
    ゆうちょATM

    コンビニであればほとんどのところで入出金が可能でゆうちょもあれば、入出金ができないということへの不便はないといえます。

    個人用のサービスと異なる点は、すべての入出金に一律105円の手数料がかかる点です。

    メガバンクの法人口座は自社ATMであればATM手数料は無料になるので、現金を手数料無料で出金できないという点は住信SBIネット銀行の法人口座の弱点であるといえます。


    法人でもSBIハイブリッド預金が利用可能

    住信SBIネット銀行では同じSBIグループのSBI証券と連携することができるSBIハイブリッド預金を提供していますが、SBIハイブリッド預金は個人だけでなく法人でも利用することができます。

    SBIハイブリッド預金は本来、預金残高の範囲内でSBI証券の買付余力とすることができる(株を買うことができる)という点が魅力ですが、通常の普通預金よりも高い金利が設定されている点も見逃せません。

    金利情勢にもよりますが、普通預金金利の5倍の金利が設定されていることもありますので、ぜひ高い預金金利を最大限活用したいですね。


    まとめ

    住信SBIネット銀行の法人口座サービスを見てきました。

    個人向けのサービスもお得ですが、法人向けのサービスについても振込手数料をはじめとしたコストが非常に安くすむため法人の方はぜひ検討したいネット銀行です。

    ATM手数料が一律105円かかるという点が気がかりですが、現金での入出金がほとんど必要ない企業であれば間違いなくおすすめのネット銀行です。


    本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ