身近なコンビニ別のネット銀行の選び方

公開日:2014年1月7日
最終更新日: 2014年6月11日

身近なコンビニ別のネット銀行の選び方

ネット銀行を利用する際に現金の入出金はATMで行うことになりますが、ATMを主に利用することになるのはコンビニです。

コンビニに置いてあるATMはコンビニチェーンごとに異なり、ネット銀行ごとに利用できるATMの種類が異なるため、身近なコンビニによりネット銀行の選び方が変わります。

本記事では身近なコンビニ別のネット銀行の選び方について紹介していきたいと思います。

身近なコンビニ別の良いネット銀行とは?

身近なコンビニ別の良いネット銀行はコンビニに設置しているATMで入出金ができるかにつきます。

その上で、ATM利用手数料や振込手数料が安く、預金金利が高いなど銀行のサービスレベルが高い銀行が身近なコンビニ別の最適な銀行であるといえます。

そのためまずは身近なコンビニのATMで入出金ができるかを確認して、利用可能な銀行の中でATM手数料や振込手数料が安く、金利を比較していきましょう。


対応しているATMをチェックする

身近なコンビニ別のネット銀行を選ぶ際にはまずコンビニごとのATMで入出金できるネット銀行かを確認するようにしましょう。

主要なコンビニに設置されているATMは以下の通りです。

■主要なコンビニの設置ATM

コンビニ 設置ATM
セブンイレブン セブン銀行ATM
ローソン ローソンATM
ファミリーマート イーネットATM or アットバンクATM
ミニストップ イオン銀行ATM
上記以外の主なコンビニ イーネットATM

コンビニ別のATMサービスの詳細は別の記事で比較していますので以下をご覧ください。
上記以外の主なコンビニも以下の記事で記載しています。
主要コンビニのATMサービスを比較

設置ATMがわかったら身近なコンビニごとに対応ATMで入出金可能なネット銀行をチェックします。

なお、よく利用するコンビニが複数ある方も多いと思いますがその場合は両方で利用可能なネット銀行の中から選ぶようにすると後で不便になることがないと思います。


セブンイレブンが身近な場合

セブンイレブンが身近な場合はセブン銀行ATMに対応しているネット銀行の中から選ぶようにしましょう。

セブン銀行ATMは対応しているネット銀行が多いので純粋にサービスを比較して良い銀行を選ぶことができます。セブン銀行ATMのATM手数料が完全無料の住信SBIネット銀行ソニー銀行などが良いと思います。


ローソンが身近な場合

ローソンが身近な場合はローソンATMに対応しているネット銀行から選ぶことになります。

ローソンATMも対応しているネット銀行は多いので、選択肢が極端に狭まることはないと思います。

ただローソンATMを完全無料としているネット銀行はATM手数料が完全無料の新生銀行のみなので、新生銀行か他の月の無料利用回数を設定しているネット銀行から選択すると良いと思います。
(無料利用回数が多いのは住信SBIネット銀行ソニー銀行


ファミリーマートが身近な場合

少し複雑なのはファミリーマートです。

ファミリーマートは店舗によって設置しているATMがイーネットATMかアットバンクATMの2種類あります。

以前あったam/pmを吸収したことによるもので、旧am/pm店舗にはアットバンクATMが多いようです。

イーネットATMは対応ネット銀行が多く、対応銀行からサービスを比較すれば良いですが、アットバンクATMは利用可能なネット銀行はジャパンネット銀行など限られますので対応銀行を確認する必要があります。


ミニストップが身近な場合

ミニストップに設置しているATMはイオン銀行ATMですので、ミニストップをよく利用するという方はイオン銀行ATMに対応しているネット銀行を選択するようにしましょう。

イオン銀行ATMに対応している銀行も限られ、イオン銀行、楽天銀行、みずほ銀行などになります。

素直にイオン銀行に口座開設でも良いですが、サービスレベルが高い楽天銀行の方がおすすめですので、イオンのヘビーユーザでない限りは楽天銀行を選ぶと便利だと思います。


その他のコンビニが身近な場合

上記以外の主要なコンビニをよく利用する方はイーネットATMが設置されていますので、イーネットATMで入出金可能なネット銀行から選択するようにしましょう。

イーネットATMも対応銀行が多いATMで、ATM完全無料となる新生銀行や月5回までATM手数料の住信SBIネット銀行などがあります。


ATM手数料・振込手数料・預金金利をチェック

身近なコンビニのATMで入出金できる銀行がわかったら、その中でサービスを比較しましょう。

比較項目はATMの利用手数料、振込手数料、預金金利が一般的です。

後はネット銀行のサービスの中で利用したいサービスがあればそれを重視したり、特定の目的があれば目的にあったネット銀行を選ぶようにしましょう。

どのような目的で利用するにしても銀行を利用する以上、現金での入出金は必要になってきますので、まずは身近なコンビニのATMが利用できることを確認することがネット銀行を使いこなす第一歩ですね。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ