競馬やtoto向きネット銀行の選び方

公開日:2014年1月6日
最終更新日: 2015年11月16日

競馬、競艇などの公営競技やtotoを買いたいという場合、ネットで購入するのが便利ですが、
この場合ネット銀行の口座が必要になってきます。

すでにメインで利用している銀行が競馬やtotoの購入に対応していない場合、ネット銀行の口座開設が必要になります。

本記事ではその場合にどのようなネット銀行を選べばよいかを紹介したいと思います。

競馬やtoto向きネット銀行とは?

051077競馬やtotoを購入するのに向いているネット銀行は人によって若干異なります。

まず、当たり前ですが、自分が購入したい公営競技やくじに対応しているネット銀行を選ぶ必要があります。

購入したい競技やくじにより異なりますね。

次に銀行としてのサービスが自分にあっているかも確認しましょう。

特にネット銀行ごとに異なる入出金が可能なATMの情報は確認するようにしましょう。

  • 自分が購入したい公営競技やくじに対応しているネット銀行を選ぶ
  • 対応しているネット銀行の中で一番入出金に便利な銀行を選ぶ

くじを購入するためだけにネット銀行を利用する場合も、くじを買うための資金を口座に入金したり、当選して増えたお金を出金したりと、必ず入出金が必要になります。

現金で入手金する場合はATM、自分が持っている他の口座と資金移動する場合は振込が必要になります。

口座開設したネット銀行で利用できるATMが自分の行動範囲にない場合、ATMで入出金できないことになります。これは結構ストレスになりますのできちんと自分が利用するATMで入出金ができる銀行を選びましょう。

またネット銀行によってはATM手数料、振込手数料は無料とすることもできます。手数料で100円~300円を支払うのであれば、その分をくじの購入にあてることもできますので、銀行サービスの手数料も気にする必要があります。

ということで、競馬やtoto向きネット銀行は、
投票したい競技に対応していて、ATM手数料、振込手数料がともに安い銀行であるといえます。


まずはサービスの対応可否を確認

競馬やtoto向きのネット銀行の最低条件として、サービスに対応している必要があります。

各ネット銀行の公営くじの対応内容は意外に複雑なのできちんと確認しましょう。

中央競馬、地方競馬、競艇、totoについてはサービスに対応している銀行をそれぞれ別の記事に記載していますので、こちらを参考にしてもらうとわかりやすいと思います。

  • 中央競馬(JRA)の馬券を買いたい人
  • 地方競馬の馬券を買いたい人
  • 競艇の舟券を買いたい人
  • totoやBIGを買いたい人
  • 競輪の車券を買いたい人
  • オートレースに投票したい人

  • 買いたい公営競技・くじに対応しているネット銀行を確認したら、次は銀行としてのサービス内容を確認しましょう。


    銀行としてのサービス内容も確認

    競馬やtotoの購入時しか利用しないという方の場合でも、基本的な銀行のサービスの内容は確認しましょう。

    確認するポイントは入出金可能なATMの種類とATM手数料、また振込手数料です。

    競馬やtotoで利用する場合も入出金は必要になりますので、現金での入出金用のATM入出金の条件、他の口座と資金移動する場合の振込手数料は確認するようにしましょう。

    またメインバンクがメガバンクの方などに多いですが、ネット銀行を初めてつくるという場合、便利さから気づけばネット銀行を生活用の口座となったという方も多いので、そうなっても良いように競馬やtoto用であっても銀行のサービスを一通り見ておくと良いと思います。

  • 振込手数料無料のネット銀行特集
  • ネット銀行で利用可能なコンビニATM
  • ネット銀行をコンビニATM手数料で徹底比較
  • ネット銀行の1年定期預金金利を徹底比較

  • 当サイトのおすすめは公営競技やtotoなどすべてに対応していて、入出金可能なATM、ATM手数料、振込手数料、預金金利とすべてが優秀でおトクな住信SBIネット銀行です。


    本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



    当サイトのおすすめネット銀行


    logo-aeon
    イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

    クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
    ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

    リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
    koushiki7
    logo-sbi
    住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

    振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

    グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
    koushiki2
    ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

    日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

    3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
    koushiki2


    高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

    マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

    今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

    銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

    特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

    預金金利を120倍にする方法を見る



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ