ゆうちょ銀行の定期貯金

公開日:2014年1月17日
最終更新日: 2014年8月19日

ゆうちょ銀行の定期貯金とは?

ゆうちょ銀行の定期貯金とは定額貯金とは異なり、銀行の定期預金とほぼ同じ商品であらかじめ貯金を預ける期間を決めて組む貯金です。

資金の用途が決まっている場合に預ける貯金という位置づけですが、6か月以降は自由に出金できる定額貯金をする方が使い勝手は良いですし、そもそもゆうちょ銀行の金利が低すぎて定期預金をするならネット銀行の方が良いという話もあります。

参考として、2014年1月14日時点の定期貯金の金利を以下に記載します。定額貯金とほぼ同じ金利になっていて3年以上たつと0.005%だけ定額貯金よりも金利が良くなるようです。

■定期貯金金利(2014/01/14時点)

期間 金利
1か月 0.035%
3か月 0.035%
6か月 0.035%
1年 0.035%
2年 0.035%
3年 0.05%
4年 0.05%
5年 0.06%

これから預金をしようという方にはおすすめできませんので、知識として知っておく程度で良いと思います。


ゆうちょ銀行とネット銀行を組み合わせて利用するという発想

定期貯金については金利が低く運用にあまり向いたものではありませんが、ゆうちょ銀行自体は口座を持っていると便利に活用することができます。

特にネット銀行との相性が良く、ゆうちょ銀行とネット銀行を組み合わせて利用すると便利になります。

ゆうちょ銀行は貯金商品の金利はネット銀行に及びませんが、クレジットカードの利用料金や水道、ガス、電気などの公共料金の引き落としなどネット銀行が苦手な部分に対応しています。

また、ゆうちょ銀行は店舗のある銀行ですので、もしもの時に店舗でサービスや相談をすることができます。

ネット銀行を利用していると店舗で受けたいサービスは特にないですが、面倒な手続きなどを店舗で行いたいという場合に便利な場合があるかもしれません。

■ゆうちょ銀行とネット銀行を組み合わせるメリット

  • ネット銀行の便利なサービスを利用できる
  • ゆうちょ銀行の決済、引き落としサービスを利用できる
  • ゆうちょ銀行の店舗のサービスを受けることができる

このようにネット銀行とゆうちょ銀行を組み合わせるとメリットがあるので、定期貯金は利用しないという方でもゆうちょ銀行の口座を持っておくという選択肢もあると思います。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ