新生銀行の株主構成

公開日:2014年1月24日
最終更新日: 2014年8月19日

新生銀行の株主構成

大手都市銀行ながらATM手数料完全無料などネット銀行並みのサービスを提供する新生銀行

新生銀行は上場していますので、一部の株式については浮動株になっていますが、新生銀行の主要な株主構成は以下の通りです。

■新生銀行の株主構成

株主 出資比率
サターン・フォー・サブLP 11.7%
預金保険機構 9.7%
整理回収機構整理回収銀行口 7.2%
サターン・ジャパン・スリー・サブCV 4.0%
日本マスター信託口 3.6%
自社(自己株口) 3.5%
UBSセキュリティーズ・セグリゲイティッド 3.2%

新生銀行は日本長期信用銀行が前身で以前経営破たんをして一時国有化された後、入札で外資のファンドが資金を注入した経緯があります。

そのため現在でも大株主は外資のファンドと政府系になっています。

上場しているということで信頼感はあるものの、一度経営破たんした過去と外資が大株主ということで、経営不振があると経営陣の刷新やサービス内容の大幅な改悪ということがないとも言えません。

現在のサービスは良いだけに不安は大きいので新生銀行の口座開設をする時には、リスクヘッジとして他のネット銀行の口座も開設しておくと安心です。


戦略的に個人向けのサービスに特化

新生銀行は株主が変わり経営再建をする際に、戦略的に個人に向けたサービスに特化する方向にシフトしています。

そのため店舗もあり、分類上はメガバンクと同じ都市銀行になりますが、ネット銀行と比較してもお得なサービスを提供しています。

最大の特徴はATM手数料が完全無料なことです。多くのネット銀行ではATM手数料を一定回数無料にしていますが、新生銀行は制限を設けずに無制限で無料になります。

さらに店舗や新生銀行のATMが各地に設置されているので、他のネット銀行より便利にATMを利用することができます。

預金金利やその他のサービス面では他のネット銀行に劣る部分はありますが、お財布代わりに活用する銀行としては大活躍することができます。

分類上は都市銀行だからか、各サービス利用料金の引き落としの対応やクレジットカード利用料金の引き落としなどにも幅広く対応しています。

引き落としの面で少し弱いネット銀行と組み合わせて活用すると、さらに便利に新生銀行を使うことが出来るようになります。

株主構成を見ると少し不安な面はありますが、メガバンクとは一味違う新生銀行は、うまく使えばネット銀行のサービスと店舗でのサービスを両取りすることができる便利な銀行になる可能性があります。

気になる方は、別の記事で新生銀行のサービス内容を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ