住信SBIネット銀行の「MR.住宅ローンREAL」の特徴と金利、おすすめの人

公開日:2017年12月31日

住信SBIネット銀行 MR.住宅ローンREAL

住信SBIネット銀行の住宅ローンには、ネット専用の住宅ローン以外に店舗で相談しながら申し込みできる「MR.住宅ローンREAL」という商品があります。

どのような商品の特徴でネット専用住宅ローンとはどのような違いがあるのか、「MR.住宅ローンREAL」の特徴や金利、おすすめの人を見ていきたいと思います。


MR.住宅ローンREALの金利、基本情報

logo-sbi
住信SBIネット銀行は変動金利、固定金利の期間を問わず金利が低く各種手数料も無料で、住宅ローンにおいてもNo1ネット銀行にふさわしい充実したサービスを提供しています。
最大の特徴は全疾病特約が無料で付帯している点で、団体信用生命保険が死亡時に住宅ローン返済をしなくてよくなるのに対して、全疾病特約が付帯しているとがんなどの病気で働けなくなった場合に住宅ローンの返済が免除されます。
全疾病特約ありの住宅ローン金利ではネット銀行の中でも最も低くなり、全疾病特約をつけたい人には最もおすすめの銀行です。


■MR.住宅ローンREAL金利

変動金利 0.439%
固定金利(2年) 0.35%
固定金利(5年) 0.69%
固定金利(10年) 0.72%

※2018年1月適用金利
ネット銀行住宅ローン金利の比較

■各種手数料

事務手数料 融資総額の2%
(税抜)
保証料 無料
繰上返済手数料 無料※
団体信用生命保険 無料
全疾病保障 無料付帯

※全額繰上返済の<固定金利特約期間中>は32,400円(税込)

住信SBIネット銀行のMR.住宅ローンREALの詳細

住信SBIネット銀行の住宅ローンの評価

住信SBIネット銀行の住宅ローンの使える点、良い点

  • ネット銀行の住宅ローンでありながら店舗で相談ができる
  • 繰上返済手数料が無料
  • 団信・全疾病保障、傷害保障の保険料も金利上乗せなし

住信SBIネット銀行「MR.住宅ローンREAL」はネット銀行の住宅ローンでありながら、住信SBIネット銀行のグループ会社のSBIマネープラザが銀行代理業(代理店のようなもの)として行っているため、店舗で相談をすることができます。

ネット銀行の低金利高スペック商品でありながら、店舗で相談しながらわかりやすく手続きを進めることができるのは大きなメリットです。

また、一部繰上返済の手数料も無料となっており、1円から繰上返済をすることができます。

住宅ローンの総返済額を減らすためには繰上返済がとても重要になるため、いつでも手数料無料でいくらからでもできる点は非常に大きなメリットと言えます。

団信・全疾病保障、傷害保障の保険料も金利上乗せなしで行うことができるので、住宅ローンにかかるコストも非常に安い商品といえます。


住信SBIネット銀行の「MR.住宅ローンREAL」の使えない点、悪い点

メリットの大きな住信SBIネット銀行「MR.住宅ローンREAL」ですが、全疾病保障なしの金利を見るとソニー銀行の金利の方が低くなっています。

住宅ローンの大きなリスクに「大きな病気で働けなくなり、住宅ローンが返済できなくなること」があり、そのリスクを回避するために全疾病保障をつけることを当サイトとしてはおすすめしていますが、全疾病保障が不要の人もいると思います。

そのような人の場合で、金利を少しでも安くしたい場合は全疾病保障なしでソニー銀行で借りるのが良いでしょう。

ただし、全疾病保障なしで住宅ローンを借りるのは大きなリスクとなり、結局保障をつける人も少なくありません。

そうなると住信SBIネット銀行のネット専用ローンや「MR.住宅ローンREAL」が金利面でお得になりますので、最初から全疾病保障つきで金利が低い住信SBIネット銀行で検討するのが良いでしょう。


結論(おすすめできるか)

結論:店舗で相談しつつ、ネット銀行の高スペック住宅ローンを借りたい人におすすめ
住信SBIネット銀行「MR.住宅ローンREAL」は全疾病保障が無料で付帯しながら、全疾病保障つきとは思えないかなり低い金利で住宅ローンを提供しています。

全疾病保障つきの金利は最も低く、全疾病保障をつけたい人には最もおすすめな銀行といえます。

また、「MR.住宅ローンREAL」は銀行代理店となるSBIマネープラザの店舗で相談することもできるので、住宅ローンを相談しながら色々シミュレーションしたい人に向いている商品です。

ネット銀行で低金利、高スペックの商品を借りたいけど、店舗で相談もしたいという人におすすめの住宅ローンです。

住信SBIネット銀行のMR.住宅ローンREALの詳細


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る





注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIスコア・レンディングはAIが審査を自動でしてくれて、AIスコアをもとに借入可能な金利目処値や限度額予定をすぐに知ることができます。

みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社が運営会社なので、大手企業の安心感もあります。

AIスコア診断をしてみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ