住信SBIネット銀行の「Mr.純金積立」の商品の特徴、メリットと活用方法

公開日:2014年7月9日
最終更新日: 2014年10月2日

住信SBIネット銀行が2014年6月よりネット銀行初の純金積み立て商品である「Mr.純金積立」の取り扱いを開始しました。

junkin3

政府が物価成長率を目標に置いているなど、デフレの流れが変わりインフレ傾向にある中で、金はインフレ対策に有効であるといわれています。

また、毎月一定額を積み立てることで取得価格の平均化もできるので、中長期の資産運用をする上では有力な選択肢となります。

本記事では、そんなネット銀行ではじめて「金」に投資を可能とした「Mr.純金積立」のサービスの特徴やメリット、活用方法などについて見ていきたいと思います。

「Mr.純金積立」のサービス内容は?

住信SBIネット銀行の「Mr.純金積立」は、純金への積み立てを月々1,000円から始められるサービスです。

■「Mr.純金積立」の特徴

  • 毎月1,000円から純金への積み立て投資が可能
  • 取引はWEB上で完結する
  • 1グラム単位で売却が可能
  • 売却手数料は無料(購入時は1,000円あたり25円の手数料)

毎月の積立額を設定することで、毎月21日に引落がされ、金の買い付けが自動的に行われます。積立額は1,000円以上1,000円単位で設定可能なので、少額から積み立てをすることができます。

年会費、保管料は無料になっていて、手数料は購入時に1,000円当たり25円の手数料がかかります。

普通に純金に投資しようと思うと、年会費や保管料がかかることを考えると、低コストで取引が可能といえます。

購入した金は、1グラム以上1グラム単位で売却が可能になっていて、売却時の手数料は無料になっています。

売却は14:30までであれば当日中に手続きが行われ、以降は翌営業日の手続きとなり、手続きがされた日の住信SBIネット銀行買取価格にて売却がされます。

売却代金は3営業日後に代表口座へ振込で入金がされます。

■「Mr.純金積立」の商品概要

項目 内容
商品名 Mr.純金積立
利用可能者 住信SBIネット銀行に口座を持つ個人および法人
申込方法 WEBのみ
購入金額 1,000円以上1,000円単位
購入上限金額 1億円
購入代金の支払 毎月21日
金の購入方法 引落日の月の翌月の毎営業日に一定金額ずつ住信SBIネット銀行所定の店頭販売価格で購入
売却方法 WEBのみ
売却単位 1グラム以上1グラム単位
取引手数料 購入時:1,000円当たり25円
売却時:無料
解約 WEBのみ(3か月連続で引落が失敗した場合は強制解約)
預金保険制度等 対象外
元本保証 なし


今、金に投資する意味

長く続いたデフレの時代が終わりを迎え、2013年は「アベノミクス」が流行語になるなど、株価が上昇しインフレに局面が変わろうとしています。

インフレ、つまり「もの」の値段が上がる中では、資産を現金で持っていると相対的に現金の価値が低くなってしまいます。

「100円のものの値段がが110円に上がる」は言い換えると、
「110円の現金で、今まで110円のものが買えていたのが、100円のものしか買えなくなる」

ということですので現金の価値が低くなっているといえますね。

そのためインフレ局面では「現金」を持っているより「もの=資産」を持っている方が有利といわれており、今のタイミングで金への投資をすることはインフレ対策としては有効な手段と考えられます。

また、毎月同じ額を積み立てすることによって、買い付けの時期を分散することができ、同じ額を積み立てると「高い時に少なく、安い時に多く」購入することができるので、いわゆる「ドルコスト平均法」での投資が可能になり、取得単価を安く抑えることができる有効な投資方法といわれています。

■ドルコスト平均法のイメージ
junkin4

インフレ対策になる「金」を、中長期の視点で効率的に買い付けをすることができるのが純金積み立てですね。


どんな人におすすめの商品か?

■純金積み立てがおすすめの人

  • インフレに対して何らかの対策を取っておきたい方
  • ポートフォリオの投資商品の分散をしたい方

純金積み立ては、インフレに対して何らかの対策を取っておきたい方や、資産運用の中でポートフォリオの分散をしていきたい方におすすめの商品であるといえます。

最低積立金額は1,000円から可能ですので、ニーズがある方であれば、資産が少ない方でも利用可能な使いやすい商品です。

ちょっと興味がある方は試しにやってみるでも良いと思いますので、興味がある方はぜひチャレンジしてみると良いと思います。


「Mr.純金積立」の利用開始方法

「Mr.純金積立」は住信SBIネット銀行のWEBサイト上で手続きが完結し、利用することができます。

ログイン後のWEBサイトから、「外貨・FX・純金積立」>「Mr.純金積立」>「申込」を選択し、必要事項を入力することで設定ができます。

純金積立の投資方針を設定して、次へを押下します。

■入力画面イメージ1
junkin1

さらに以下の画面で「積立金額」「増額月設定の有無」「増額月の積立金額」「増額する月」を入力すると登録完了です。

■入力画面イメージ2
junkin2

毎月10日までに登録された場合は当月21日から引落がされ、10日以降の登録の場合は翌月の21日から引落が実行されます。


まとめ

住信SBIネット銀行の新商品「Mr.純金積立」の特徴を見てきました。

投資商品ですので、元本保証がなく、資産運用全体の考え方にもよりますが、インフレ対策や資産の分散を進めていきたい方は取引を検討されると良いと思います。

「Mr.純金積立」は低コストで金の取引が可能な商品ですので、金取引に興味がある方は積極的に活用したい商品ですね。

  • 「金」はインフレ対策に有効といわれる投資商品
  • 毎月一定額を積み立てることで「ドルコスト平均法」での投資が可能
  • 「Mr.純金積立」は1,000単位の少額から低コストで投資が可能


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ