貯金習慣をつくる?住信SBIネット銀行の「目的別口座」のメリットと活用法

公開日:2014年7月9日

住信SBIネット銀行は便利なサービスと有利な取引条件で預金残高No1と人気のネット銀行です。

振込手数料が毎月3回まで無料で、ATM手数料もセブン銀行ATMが回数無制限で無料、その他のATMも月5回まで無料となる便利な銀行です。

当サイトでも一押しのネット銀行なのですが、住信SBIネット銀行には便利なサービスがほかにもあります。その代表が「目的別口座」です。

本記事では、目的別口座のサービスの内容からメリット、活用法を紹介したいと思います。

目的別口座のサービスの内容

目的別口座は、その名の通り、目的に合わせて自分の銀行口座の中に、別の口座を作ることが出来る機能です。

目的別にお金を分けて管理することができる便利なサービスです。

■目的別口座のイメージ
mokuteki1

マイホーム用の資金や教育資金をためているという人は多いですが、ためているお金は手をつけてはいけない金額なので、同じ口座ではなく、別の銀行口座に分けているという人もいると思います。

また、ボーナスなどの一時金はとっておこうと考えている人や、口座こそわけていないけれど年末の旅行のためにお金をためているという人もいるでしょう。

目的別口座なら、住信SBIネット銀行の口座内だけで、使用目的が決まっているお金や分けておきたいお金を明確に分けることができるようになります。

住信SBIネット銀行では口座開設時に代表口座という名前の口座がありますが、その他に5つまで「口座名」「目標期間」「目標金額」を設定した預金専用のサブ口座を作ることができます。

目標金額や目標期間を設定できるので、これからためるお金も目的別口座を作っておけば、達成度を確認しながらためていくことができます。

■目的別口座の画面イメージ
mokuteki2

また、口座間の入出金はWEBサイト上の振替をすることで、簡単に行うことができます。

目的別口座は円の普通預金だけでなく、円の定期預金や外貨の普通預金、定期預金にも作成することができるので、目的に合わせて柔軟に利用することができます。

■目的別口座のサービス概要

項目 内容
サービス内容 口座内に別の口座を作成することができる
対象預金 ・円貨普通預金
・円貨定期預金
・外貨普通預金
・外貨定期預金
設定可能数 5口座
入出金 代表口座、SBIハイブリッド預金、その他の目的別口座との振替


目的別口座のメリットは?

目的別口座のメリットは、お金を明確に分けることができるので、貯金がしやすくなることです。

貯金を長続きさせて、目標を達成するには、明確にお金を分けておくことが重要といわれています。

生活用の口座と一緒になっていると残高の増減が激しいので、本当はいくらたまっているのかが見えづらく、見えないことで目標意識が低下する恐れがあります。

また、気付かずに使ってしまうこともなくなります。

なので、貯金上手な方は、貯金用の口座を作り、毎月一定の額を貯金用の口座に入れている人が多いです。

これを手間なく一つの銀行の中でできるのが目的別口座のメリットです。

■目的別口座のメリット

  • 目的ごとにお金を明確にわけることができてわかりやすい
  • 1つの銀行の口座の中なので一目で確認することができる
  • 別に銀行口座を作るより手間なく簡単に利用できる

お金を明確に分けることでわかりやすくためやすくなりますし、いつも使う銀行の中に口座があればいつでも確認ができて簡単です。

さらに別の銀行口座を作る手間もなく簡単ですので、手間なく目的別にお金をわけて管理したいという人に便利なサービスです。


目的別口座はどんな人に便利?

目的別口座を利用した方が良い人は、大きく、貯金をしたい人と、ボーナスなど一時的な収入があって分けておきたい人です。

■目的別口座を利用した方が良い人

  • 貯金をしたい人
  • 一時的な収入を分けておきたい人

上述した通り、貯金をするにはお金を明確に分けて管理することが有効ですので、目的別に口座を作ることで、いくらたまっているかがわかりやすく、結果たまりやすくなります。

住信SBIネット銀行の目的別口座は目標金額に対する達成率を見ることもできるので、さらにためやすくなりますね。

目標期間に対する進捗を見て評価もしてくれるので良いですね。

mokuteki3


目的別口座の利用開始方法

目的別口座を利用するには、目的別口座を新規作成した後に、口座へ入金することで利用することができます。


目的別口座の新規作成

目的別口座を新規作成するには、口座開設後、ログイン後の画面の「口座情報」>「目的別口座作成・編集」に進むと作成画面になります。

「口座名」「目標金額」「開始日」「目標期日」「アイコン」など必要情報を入力すると作成されます。

mokuteki4

※WEBのみ作成が可能になっています。


目的別口座への入金・出金

目的別口座への入金は、振替えて行います。代表口座、SBIハイブリッド預金、他の目的別口座から振替が可能になっています。

目的別口座のお金はキャッシュカードで引き出すことはできず、出金する場合は一度代表口座に振替という形で資金を移動させる必要があります。

出金する場合はログイン後の画面の「振込・振替」から振替を選択し、目的別口座から代表口座へ振替をすると代表口座へお金が移動しますので、その後キャッシュカード等を利用して出金することができます。


まとめ

住信SBIネット銀行の目的別口座についてみてきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 目的別口座は銀行の口座内に別に口座を作ることができるサービス
  • 貯金など口座をわけて管理したい時に便利
  • 目的別口座は最大5つまで作ることができる
  • 目的別口座は定期預金、外貨預金でも作ることができる
  • 目標金額、目標期間を設定することで、達成度や進捗も確認することができる
  • 貯金をしたい人、一時的な収入を分けておきたい人が活用すると便利なサービス
  • お金を明確にわけることで貯金がしやすくなる

その名の通り、目的別に口座を作成することができるサービスで、マイホーム用の貯金など、口座内のお金を分けて管理したい時に便利なサービスになっています。

分けるだけ?と思っている人がいるかもしれませんが、お金を管理する上で、明確に資金を分けておくのは非常に重要なことです。

今生活用のお金も貯金も、一緒の口座で利用しているという人は目的別口座を活用するだけで、たまるお金が増えるかもしれませんね。

ぜひ一度利用してみることをおすすめします。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ