三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴、メリット、デメリット

公開日:2016年6月3日
最終更新日: 2016年9月1日

money2

三菱東京UFJ銀行で口座を持っている人はデビットカードを発行することができます。

キャッシュカードとは別のカードになりますが、持っているとお買い物に便利でATMを利用することなく買い物ができ、手数料の節約にもなります。

年会費は簡単な条件で無料になるお得なカードです。

そこで本ページでは三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴やメリットを紹介したいと思います。


三菱東京UFJ銀行VISAデビットの特徴

三菱東京UFJ銀行VISAデビットには以下の特徴、メリットがあります。

  • 銀行口座から直接引き落としがされる
  • Visa加盟店で利用可能
  • 利用金額に応じてキャッシュバックがある
  • 不正利用時の補償やショッピング保険がある

銀行口座から直接引き落としがされる

デビットカードはクレジットカードとは異なり、買い物をすると即時に銀行口座から引き落としがされます。

キャッシュカードで現金をおろして現金で支払うよりも手間がないですし、クレジットカードと比べても借金をすることがないので、クレジットカードの利用に抵抗がある人に特に向いています。

お金を使っている感覚をきちんと持ちたいという人や、スマートにカード払いしたいという人に良いカードといえます。


Visa加盟店で利用可能

三菱東京UFJ-VISAデビットにはその名の通りVISAのブランドがついています。

つまり・・

VISAのクレジットカードが使える加盟店で使用することができます。

使えるお店はかなり多いので、使えるお店がなくて困ったという事はまずなさそうです。

電子マネーなどはいちいち使えるお店かどうかを確認しないといけないので、使っていると結構不便なこともありますが、その点ではデビットカードのほうが優秀といえます。

決済スピードもカードをレジに通すだけなので、非常に早いです。

スーパーやコンビニでは電子マネーと同じ位スピーディーに決済することができます。

現金で小銭をジャラジャラ探し、お釣りを受け取るということをするよりは全然早いですね。


利用金額に応じてキャッシュバックがある

またデビットカードはクレジットカードのように利用金額に応じてキャッシュバックがあります。

三菱東京UFJ-VISAデビットではポイントではなく、現金がキャッシュバックされます。

ポイントが煩わしい人も結構多いと思いますのでこの点は大きなメリットですね。

還元率自体は0.2%から0.5%とそれほど高くありませんが、利用しても全くキャッシュバックのない現金と比べるとキャッシュバック分だけお得にお買い物ができます。

条件 キャッシュバック率
①通常 0.2%
②入会後3ヶ月 +0.2%
③お誕生月 +0.1%
④前年1年間の利用金額が20万円以上 +0.05%
⑤前年1年間の利用金額が30万円以上 ④に加え、さらに+0.05%


ショッピング保険や不正利用時の補償が付いている

また最大手の三菱東京UFJ銀行のサービスですので、安全に対してもきちんと対策がされています。

まずはショッピング保険です。

三菱東京UFJ-VISAデビットで購入した商品が破損や盗難、火災などの被害を受けたときに年間100万円までの保証がありますので買い物後も安心です。

またカード自体が盗難にあったり偽造されたりして、不正利用をされた場合にも年間100万円までの保証があります。

ちなみにこの不正利用時の補償は盗難が発覚したときに三菱東京UFJ銀行に連絡をする必要があります。

その連絡から60日前までの利用分で発生した損害が補償の対象になります。

逆に言うと連絡しないと保証が受けられないことになるので、盗難補償連絡が必要ということだけでも覚えておくと良いでしょう。


三菱東京UFJ-VISAデビットの年会費

三菱東京UFJ-VISAデビットの年会費は税込1,080円となっています。

ただし無料になる条件がいくつかあります。

  • 初年度年会費無料
  • 15歳から23歳までの人は年会費無料
  • 前年の利用金額が10万円を超える人は翌年の年会費無料

上記のような条件がありますので、基本的には最初の1年間は無料、また前年に10万円以上使えばずっと年会費が無料になります。

年間10万円というと月々の利用金額にすると1万円もいかない位です。

そこまで高いハードルでは無いので、普通にデビットカードを利用する人であれば年会費は気にする必要ないかもしれませんね。

15歳(中学生は除く)から23歳までは年会費がずっと無料なのも嬉しいですね。

特に高校生は基本的にクレジットカードが作れませんので、現金を持たずに支払いがしたいという人はデビットカードがおすすめです。

三菱東京UFJ銀行は日本最大のメガバンクのひとつですので、口座を持っている人も多いと思います。

メガバンクを利用する上で気になるのはATMの利用手数料や、給料日直後に銀行に並ばないといけないことなどがありますが、デビットカードがあればこれらを気にせず、さくっと買い物をすることができます。

年会費が無料になるハードルも低いので、三菱東京UFJ銀行を利用している人は持っておいて損のないカードといえますね。

>>三菱東京UFJ-VISAデビットを見てみる


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ