じぶん銀行の金利・手数料・サービスの特徴と活用方法

公開日:2014年1月16日
最終更新日: 2016年12月2日

jibun5

じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が50%ずつ出資して設立した会社で、「スマホ銀行」をかかげるようにモバイルバンキングを中心としたサービスを提供しています。

スマホで完結する銀行サービスはネット銀行の中でも新しいタイプの銀行です。創業も2008年と主要ネット銀行の中では遅く、その分先進的なサービスを提供しています。

本記事ではじぶん銀行の預金金利や手数料などのサービス内容を徹底的に検証していきたいと思います。

サービスの特徴

jibun5
じぶん銀行の最大の特徴はauユーザ向けのサービスが手厚い点です。

ステージに応じてATM利用手数料が月に2-11回無料他行あて振込手数料が月に0-5回まで無料となります。

利用状況に応じてお得度が変わるネット銀行です。

■預金金利

円普通預金 0.001%
定期預金(1年) 0.050%
定期預金(5年) 0.030%

■振込手数料

自行宛 無料
他行宛 278円(税込)
手数料無料回数 ステージに応じて月に0-5回無料

※2016/12/02時点
※100万円未満の預金金利

■ATM利用手数料(出金)

セブン銀行ATM ステージに応じて月2-11回まで無料
三菱東京UFJ銀行
ローソンATM
イーネットATM
ゆうちょ銀行 月1回まで無料
アットバンク 利用不可
ビューアルッテ
イオン銀行ATM
三井住友銀行
みずほ銀行

※ATMによる入金、残高照会は全ATMで手数料無料

>>じぶん銀行 口座開設(無料)

じぶん銀行のサービスの特徴

  • スマホですべての銀行サービスが利用できる「スマホ銀行」
  • じぶん銀行と三菱東京UFJ銀行への振込は手数料無料
  • 主要なコンビニのATMが利用でき、ステージに応じて月2-11回まで手数料無料


じぶん銀行の振込手数料

じぶん銀行の振込手数料は以下の通りです。

■じぶん銀行の振込手数料

条件3万円未満3万円以上
振込手数料
(自行・三菱東京UFJ銀行宛)
無料無料
振込手数料
(他行宛(三菱東京UFJ銀行除く))
174円(税込)278円(税込)
無料利用回数なし

じぶん銀行の振込手数料で特徴的なのは、三菱東京UFJ銀行への振込が無料な点です。

親会社なので、自行宛の振込と同じ扱いになっていますね。

その他の銀行宛の振込については3万円未満は174円、3万円以上は278円とネット銀行の中では割高な水準で、無料利用回数もありません。

じぶん銀行は日本最大のメガバンク三菱東京UFJ銀行への振込が無料になるのが大きなメリットであるといえます。

ただし、ステージに応じて他行あての振込手数料が月0-5回まで無料になります。


じぶん銀行の利用可能ATMと手数料

じぶん銀行の入出金が可能なATMは以下の通りです。

ATM利用可否
セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
アットバンクATM×
ゆうちょ銀行ATM
JR東日本ATM×
イオン銀行ATM×
三菱東京UFJ銀行ATM
三井住友銀行ATM×
みずほ銀行ATM×

じぶん銀行は入出金においては主要なATMを押さえていて、使い勝手は良いです。

セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATMという主要コンビニATMに加えて、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行ATMが利用可能ですので、入出金場所で困ることはあまりないでしょう。

ATM手数料も三菱東京UFJ銀行、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATMはステージに応じて月2-11回まで無料で4回目以降は108円、ゆうちょ銀行ATMは月1回無料で2回目以降216円となっています。

通常の利用であればあまりATM手数料を支払う必要はなさそうです。

利用ATMが幅広く、料金もお得になっていますので、入出金に便利なお財布代わりの銀行に使うことができる銀行であるといえます。


じぶん銀行の預金金利

じぶん銀行の預金金利は以下の通りです。

■普通預金金利(2016/12/02時点)

預金名5万円未満5万円以上30万円以上
円普通預金0.001%0.001%0.001%

■定期預金金利(2016/12/02時点)

期間金利
1ヵ月0.040%
3ヵ月0.040%
6ヵ月0.03%
1年0.050%
2年0.030%
3年0.030%
5年0.030%

  • 新規に口座開設をした方限定で、3か月ものの定期預金金利が、通常の0.04%から0.26%上乗せされ0.30%になります。
  • さらに、3ヶ月もの円定期預金と20万円以上の対象商品(外貨定期預金、ステップアップ定期預金10年、スイッチ円定期預金)をセットで預け入れると金利相当分の現金をもらうことができ、外貨定期預金とセットにすることで最大合計年率2.76%になります。

他のネット銀行との比較や最新の預金金利については以下にまとめています。

じぶん銀行の預金金利は低くはないものの、ネット銀行内で比較すると特別高いということはありません。

定期預金の金利の差はわずかとはいえ、預金額や期間が長くなると最終的に受け取ることができる金利の額は大きくなっていきますので、定期預金を検討されている方は高金利のイオン銀行を検討されると良いと思います。

>>イオン銀行の特徴を見る

銀行口座は開設も維持費も無料ですので、「じぶん銀行をお財布代わりに使用して、運用は別の銀行」という使い方もあります。少し手間はかかりますが、メリットも多くありますので検討されるとよいと思います。


じぶん銀行の外貨預金

じぶん銀行の提供する外貨預金の通貨は以下の8通貨です。

じぶん銀行の外貨預金の取扱通貨

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 豪ドル
  • NZドル
  • 南アランド
  • 韓国ウォン
  • ブラジルレアル
  • 中国人民元

外貨預金を提供しているネット銀行の金利比較などは以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

じぶん銀行の外貨預金は金利も高く為替手数料も安いので、有利に運用することができます。

取扱通貨も8種類と豊富ですので、好きな通貨を選択して外貨預金できますね。

もちろんスマホから取引可能になっているので、自宅や外出先から気軽に世界中の外貨に投資することができます。


その他のサービス

  • ケータイ番号振込

プレミアムバンク for au

  • じぶんプラスの開始に伴い、2016年11月をもって、プレミアムバンク for auのサービスは終了しました。

すでに何度かふれていますが、じぶん銀行はauが親会社になるので、auユーザーには特に有利でお得なサービスを提供しています。

最も特徴的なサービスが「プレミアムバンク for au」で、auユーザーなら円定期預金金利が優遇されたり、ATM手数料が完全無料、他行宛の振込手数料が月5回まで無料になるなど、かなりサービスレベルが上がります。

auユーザーにとっては最強のネット銀行となりますので、ぜひ活用したいですね。

さらに、2015年5月14日からは各種取引に応じて毎月WALLETポイントがたまるようになり、さらにお得度が高まりました。

ポイントが貯まる取引と貯まるポイント数は以下の通りで、最大で月間100P、年間で1,200Pが貯まることになります。

■取引ごとにたまるWALLETポイント

対象取引 条件 付与ポイント数(月)
給与または賞与の受取 1回5万円以上/月 50P
円普通預金 月末の残高50万円以上 20P
他行からの振込入金 1回5万円以上/月 10P
au料金またはau WALLET クレジットカードの引落し 引き落としの実行 10P
カードローン返済の引落し 引き落としの実行 10P

ポイントがたまる取引のハードルは低いので、auユーザであればカードローン以外の取引は達成可能かと思いますが、その場合は毎月90Pで年間1,080Pがたまることになります。

利用しているだけで勝手にたまっていきますので、残高次第では預金金利よりも大きなメリットになりますね。

WALLETポイントはauの携帯料金の支払いに充てられるだけでなく、電子マネーの「au WALLET カード」にチャージすることで全国のMaster Card加盟店で利用することができるので、非常に使いやすいポイントでほぼ現金と考えても良いでしょう。

ただし、上述の通り、じぶんプラスの開始に伴い、2016年11月をもって、プレミアムバンク for auのサービスは終了しました。

ケータイ番号振込
じぶん銀行では、じぶん銀行の口座宛であれば携帯電話の番号で受取人を特定して振込を行うことができるサービス「ケータイ番号振込」を提供しています。

携帯電話の番号がわかれば、口座番号などを入力する必要がないので、決済をする時にいちいち口座番号を教えあったりということをする必要がありません。

会社の飲み会や仲間内の飲み会の代金の精算など、携帯電話の番号を知っている間で決済をする必要があることもよくあるので便利です。


まとめ

じぶん銀行のサービスを見てきました。

じぶん銀行はスマホですべてのサービスを利用できることが特徴的ですが、
サービス内容は入出金が便利で、お財布代わりに利用する銀行に向いています。

利用ATMは種類が多く手数料もお得ですし、振込も最も多くの人が持っている三菱東京UFJ銀行の口座への振込は何度でも無料になっています。ケータイ番号振込などの振込の手間を省く便利なサービスも提供しています。

また運用をする銀行としてみると定期預金金利は高いとは言えませんが、
外貨預金は為替手数料、金利は有利になっており、外貨を貯めたいという方はじぶん銀行で外貨預金もできて便利だと思います。

一方で円で定期預金を組みたいという方は金利の高い住信SBIネット銀行ソニー銀行を一緒に口座開設すると良いと思います。

入出金に便利なネット銀行がほしい人はじぶん銀行を利用しましょう。

>>じぶん銀行の口座開設はこちらから


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ