イオン銀行(イオンカードセレクト)の申し込みの流れと発行日数

公開日:2016年10月5日

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

イオン銀行の口座開設をする際、イオンカードセレクトを同時に申し込むと優遇金利が適用されて金利が100倍になります。

ですので、特にこだわりがない人はイオンカードセレクトとの同時申し込みがお得になり、多くの人がイオン銀行とイオンカードセレクトの同時申し込みで口座開設しています。

そこで、イオン銀行とイオンカードセレクトを同時申し込みする際の申し込み手順や流れ、発行日数などについて紹介したいと思います。

「イオンカードセレクトって何?」「どんなカード?」という方はこちらをご覧ください。

イオンカードセレクトの申し込みの流れ

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

  • イオンカードセレクトのサイトにアクセス
  • イオンバンクカード、運転免許証の確認
  • 本人情報の入力
  • 勤務先情報の入力
  • 暗証番号の設定等
  • 申し込み内容の確認
  • 申し込みの完了

イオンカードセレクトのサイトにアクセス

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

まずはイオンカードセレクトの公式サイトにアクセスします。

>>イオンカードセレクトの申し込み画面

イオンカードセレクトが全面に押し出されていますので、イオン銀行の口座開設ができるか不安になる人もいますが、イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカード機能のあるクレジットカードですので、申し込みをすると自動的にイオン銀行の口座開設もされます。

ですので、イオンカードセレクトと同時申し込みの場合はイオンカードセレクトの画面にアクセスします。

なお、数千円がもらえるキャンペーン情報も記載されています。銀行口座の開設だけではこれだけ高額な特典をもらうことはできませんので、クレジットカードのイオンカードセレクトと同時申し込みをするメリットの一つといえます。

イオンカードセレクトの申込画面にアクセスしたら「かんたんお申込み」をクリックします。

すると、カードの選択画面に遷移しますので、イオンカードセレクトの「お申込みはこちら」をクリックします。

>>イオンカードセレクトの申し込み画面


イオンバンクカード、運転免許証の確認

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

  • イオンバンクカードの所有状況
  • 運転免許証の所有状況

次にイオンカードセレクトの入会手続きとして、いくつかの質問に答えていきます。

まずイオンバンクカード(イオン銀行のキャッシュカード)は持っているか聞かれるので、新規口座開設の方は「持っている」を、すでにイオン銀行口座を持っている人は「持っていない」を選択します。

今回は同時申し込みを想定していますので、「持っていない」を選択します。

なお、イオン銀行のキャッシュカードは1人1枚しか発行できませんので、すでにイオンバンクカードを持っている人が「持っていない」と答えて申し込みをしていくと、カード発行時にエラーとなってややこしいことになりますので、注意しましょう。

イオンバンクカードを持っている人は申し込みにあたってイオン銀行の情報が必要になりますので、イオンバンクカードを手元に用意して申し込みをするとスムーズです。

次に、運転免許証の所有状況を質問されます。

運転免許証を持っていると、申し込みがインターネットのみで完結しますので便利です。

持っていない人は、インターネットでの申込後、郵送で口座開設申込書が届きますので、そちらに本人確認書類を加えて返送する形になります。

今回は持っている想定で画面の流れを紹介します。

運転免許証の所有状況を選択すると、申し込みの際に手元に必要なものと申し込みの流れ、WEB明細会員規約の同意画面が記載された画面が表示されます。

内容を確認して、WEB明細を利用するかどうか、また会員規約への同意を選択して発行したいブランドを選択して申し込みます。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB

イオンカードセレクトは、VISA、Mastercard、JCBを選択することができます。

国内で使用する分にはどの国際ブランドを選んでも使い勝手は変わりませんので、好みのブランドを選ばれると良いと思います。


本人情報の入力

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

以降、申込者本人の情報や勤務先について入力していきます。

画面の上部に申し込み全体の流れのどこを入力しているかや、ページ内の残りの必須入力項目の個数が出るのでわかりやすくなっていますね。

まずは本人の情報です。

名前、性別、電話番号、メールアドレス、郵便番号、住所、居住年数、居住形態、職業、年収、借入金額、運転免許証の番号などを入力します。

無事にすべて入力完了すると以下のような表示になります。わかりやすいです。

イオンカードセレクト 申し込み 流れ


勤務先情報の入力

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

次に勤務先の情報を入力します。

入力項目は勤務先名、フリガナ、連絡先、勤続年数、事業内容です。

イオンカードセレクトはクレジットカードですので、勤務先の在籍確認などがあるかと思いましたが、私の場合は在籍確認はありませんでした。

職業を自営業としたからかもしれませんが、他の方の口コミなどを見てもイオンカードは在籍確認せずにカード発行までいった人が多いようです。

一方で少数ながら在籍確認された方もいるようですので、勤務先の連絡先にはかけられても困らないような電話番号を記載しましょう。

代表電話でも良いですし、私は会社勤めしていた時には部署の直通番号を記載していました。

すべて入力したら次へ進むをクリックします。


暗証番号の設定等

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

次にイオン銀行のキャッシュカードやクレジットカードの暗証番号の設定等を行います。

イオン銀行のキャッシュカードの暗証番号やイオン銀行ダイレクトの初回ログインパスワード、取引明細書の郵送有無、総合口座の当座貸越、カードの暗証番号、カードの利用目的、リボ払いの支払い額設定、ETCカードの申し込み、イオンiDの申し込み、WAONオートチャージの設定などができます。

またイオンの中でよく行く店舗の登録もします。

ほとんど最初から入力されているので、よくわからない項目についてはデフォルトのまま選択内容は変更しないで良いでしょう。

取引明細書の郵送については希望するにしてしまうと、発行ごとに200円の手数料がとられますので、余計なことに手数料を支払いたくない人は希望しないになっていることを念のため確認します。

任意の項目も多いので、よくわからないものは入力しなくても先に進めます。

必須の項目をすべて入力したら「つぎへ進む」をクリックします。


申し込み内容の確認

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

3.カードについての入力が完了すると、申し込み内容の確認画面が表示されます。

表示内容を確認して、間違いがなければ「カードお申込み」をクリックします。

修正が必要な場合は各項目内に表示されている「修正する」をクリックして入力画面から修正をします。

「修正する」ボタンは透明になっていますが、クリックできますので修正が必要な場合は修正するボタンから修正画面にいきましょう。


申し込みの完了

カードお申込み」をクリックすると申し込み完了です。

登録したメールアドレス宛に申し込み完了メールが届きます。


イオンカードセレクトの発行日数

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

申し込みが完了すると、イオンカードで審査が行われた後に、カードが発行されて郵送されてきます。

私の場合は2週間弱(10日ほど)でカードが送られてきました。

カードは佐川急便の「受取人確認配達サービス」というもので送られてきて、そこで本人確認書類を見せて受け取ることができます。

本人しか受け取ることができませんので、再配達時などは注意しましょう。

受取人確認配達サービスでは、こんな感じで郵送されてきます。

イオンカードセレクト 申し込み 流れ


審査に落ちてしまった場合

なお、審査に落ちてしまった場合はイオン銀行のキャッシュカード(イオンバンクカード)のみが発行されて送られてきます。

こうなるとイオン銀行で最もメリットの大きい普通預金金利の優遇が受けられませんので、信用情報などが良くなったであろう頃を見計らってイオンカードセレクトへの切り替え手続きをしましょう。

すぐに申し込みをすると色々と悪影響がありますので、あくまで申し込みは半年以上経ってから行います。

あとはデビットカードを申し込むという方法もあります。


まとめ

イオンカードセレクト 申し込み 流れ

イオンカードセレクトとイオン銀行の口座開設の申し込みの流れを見てきました。

項目は多いですが、一般的なクレジットカードの申し込みと大差なく、一度の申し込みで銀行口座とクレジットカードの申し込みができるので、あとからイオンカードセレクトを作るくらいなら同時申し込みが手間が少なくおすすめです。

イオンカードセレクトを持っていることで普通預金金利の優遇をうけることができ、イオン銀行のメリットを最大限引き出すことができますし、年会費や入会金なども一切無料になっています。

イオン銀行を作る際にはイオンカードセレクトとの同時申し込みがおすすめです。

5分程度で終わりますので、アクセスして申込してみてください。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ