イオン銀行ATMから現金でWAONチャージする方法

公開日:2016年11月8日

イオン銀行 WAONチャージ

イオン銀行の口座を持っていないと、イオン銀行ATMを利用することはできないと思っている人は多いですが、イオン銀行ATMはWAONに現金でチャージすることもできます。

WAONを持っている人ならイオン銀行口座を持っていなくても利用できますので、本ページではイオン銀行ATMから現金でWAONチャージする方法を紹介します。


イオン銀行ATMから現金でWAONチャージする方法

イオン銀行 WAONチャージ

イオン銀行でWAONをチャージするには以下の流れで行います。

  • イオン銀行ATMで「WAON」のメニューを選択
  • 「チャージ(入金)」を選択
  • チャージ金額を入力
  • チャージ金額の支払
  • WAONを置く
  • チャージ完了

基本的にはWAONチャージャーでの操作と同じですが、イオン銀行ATMではトップメニューの中に「WAON」がありますので、そちらを選択します。

その後、WAONメニューの中から「チャージ(入金)」を選択します。

すると、チャージ金額の入力画面が表示されますので、チャージしたい金額を入力します。

現金の支払になりますので、入力した金額分の紙幣をATMに投入します。

投入したら最後にWAONをATMの所定の場所に置きます。

いつもの「ワオン!」という鳴き声がしたらチャージ完了です。

なお、現金チャージできる上限は29,000円まで(一部20,000円)と、チャージできる上限額は他のWAONチャージャーなどでチャージする場合と同様です。

イオンなどでWAONチャージャーは混んでいても、イオン銀行ATMは空いていることはよくあります。

イオン銀行の口座を持っていないWAONユーザはイオン銀行ATMが使えることを知らないので、空いていることが多いです。

土日の混雑時などはイオン銀行ATMも使ってチャージすると良いですね。

ミニストップでも店員さんにチャージをお願いしなくてもすみます。


オートチャージの設定もできる

イオン銀行 WAONチャージ

なお、イオン銀行ATMではオートチャージの設定をすることも可能です。

イオン銀行ATMのトップメニューからWAONを選択し、各種設定・変更から行うことができます。

基本的な操作方法はWAONチャージャーで行う場合と同じになっています。

オートチャージはWAONの残高が少なくなると、自動的にチャージしてくれる便利な機能ですので、残高不足が心配な人や、いちいちチャージする手間を省きたい人におすすめです。

イオンカードなどからオートチャージ可能ですので、イオンカードを持っている人はぜひ設定しておきましょう。


WAONを利用するならイオンカードセレクトがお得

イオン銀行 WAONチャージ

イオン銀行ATMからWAONへ現金チャージする方法を見てきました。

イオン銀行を利用していなくてもイオン銀行ATMは利用できますが、WAONをお得に利用するという意味ではイオン銀行口座の開設が必要な「イオンカードセレクト」がおすすめです。

イオンでお得に買物をすることができますし、何よりWAONにチャージしてポイントがたまる唯一のクレジットカードです。

WAONチャージでポイントがたまるので、WAONポイントをチャージ時と利用時の両方でためることができます。

いわゆる「ポイントの二重取り」ができます。

チャージ時にたまるポイントは200円ごとに1ポイントですが、5のつく日にオートチャージをすると最大で200円で3ポイントたまるようになります。

イオン銀行 WAONチャージ

つまり、うまく利用することで還元率は2%まで上がります。(チャージ時1.5%+利用時0.5%)

現金チャージをしていては、利用時のポイントしかたまらないので非常にもったいないです。

WAONを利用する上では必須のカードといえますので、WAONをお得に利用したい人にはイオンカードセレクトがおすすめです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ