イオン銀行で通帳は発行される?残高、入出金明細の確認方法

公開日:2016年9月13日

イオン銀行 通帳

預金金利が高く、イオンをよく利用する人が便利に利用できる「イオン銀行」の口座開設を検討されている人も多いと思います。

イオン銀行を利用する上で気になることに「通帳の発行がされるか」があります。

イオン銀行には通帳がない

イオン銀行 通帳

結論から言うと、イオン銀行では通帳の発行はされません。

通帳の発行が有料になるなどでもなく、どんなに通帳が必要だと思っても、通帳は発行してくれません。

しっかりと通帳でお金の出入りを管理したい人にとってはデメリットになるといえます。


通帳の役割と通帳がないデメリット

イオン銀行 通帳

  • お金の出入りを紙で確認できる
  • 口座の証明になる

通帳の役割は預金残高の確認や入出金の明細を見て、お金の出入り今の残額を確認できることです。

通帳を見ること自体が趣味という人もいますね。

また通帳という形があることによって口座の証明になります。

最近は減りましたがアルバイトなどで、給料の振込先として預金通帳を持ってくる必要がある場合もあります。

ただしこれは預金通帳の口座番号を知ることが目的ですので、最近では口座番号だけで問題ないところがほとんどです。

預金の管理を通帳を実際に「目で見て」したいという人は困ると思いますが、残高と入出金の明細は他の方法で確認することができますので、通帳がないデメリットはそこまで大きくありません。


ネット銀行は基本通帳が発行されない

イオン銀行 通帳

イオン銀行に限らず、ネット銀行などの新しい銀行では基本的に通帳の発行はされません。

通帳の発行をしないことでコストを抑え、振込手数料やATM利用手数料を安く利用できるようになっています。

通帳がなくても残高や入出金明細を確認することができますので、「通帳はないけれど、手数料が安く金利も高めの銀行」を利用するか、「通帳はあるけど手数料が高く金利も低い銀行」のどちらを利用するかを選択するということになります。


イオン銀行の残高、入出金明細の確認方法

  • イオン銀行ダイレクト
  • 通帳アプリ
  • ATM
  • 郵送

イオン銀行ダイレクト

イオン銀行 通帳

イオン銀行の残高や入出金明細を確認するには、オンラインバンキングである「イオン銀行ダイレクト」を利用するか、通帳アプリを利用するか、ATMで残高照会をするか、郵送で取引明細書を確認する方法があります。

イオン銀行ダイレクトでは「お取引明細書」という名前で残高照会や入出金明細をWEBサイトやPDFファイルで確認することができます。

トップページの入出金明細照会にあるお取り引き明細書ダウンロードの箇所で、発行する月を選択してダウンロードボタンを押すことで発行ができます。

入出金明細は最長で13カ月間400明細の入出金明細を見ることができます。

その他に「残高照会、入出金照会」の「入出金明細照会」を選択すると、期間内の入出金明細を参照することができます。


通帳アプリ

イオン銀行 通帳

  • スマートフォンのアプリで入出金明細を確認できる
  • 13ヶ月、400件を超える明細も確認可能
  • 無料で利用できる

通帳アプリはスマートフォンのアプリで、かんたんなログインで預金残高や入出金明細を素早く確認することができます。

普段使っているスマートフォンが通帳になるようなサービスですね。

iPhoneのアプリとアンドロイドのアプリ両方利用することができます。

通帳アプリはホーム画面に最新の預金残高と直近5件の入出金明細が表示され、入出金明細がスマートフォン内に保存されるので、イオンダイレクトの上限である13ヶ月400件を超える過去の入出金明細もずっと見ることができます。

紙の通帳のサービスに最も近いイメージの使用感ですので、通帳を見ながらお金の出し入れを管理したい人や、通帳を見るのが好きな人は通帳アプリを利用するのがおすすめです。

私も利用していますが、入出金明細を見てニヤニヤしています。

通帳アプリはイオン銀行に口座がある人であれば無料で利用することができます。


ATM

イオン銀行 通帳

  • 過去3ヶ月以内、40件までの入出金明細をATMで出力できる

ATMでも残高や入出金明細を確認することができます。

残高については、メニューの「残高照会」を選択することで最新の残高を知ることができます。

入出金明細はATMのメニューの「各種お手続き」から「残高履歴」を選択すると見ることができ、画面の指示に従ってカードを入れて暗証番号入力すると、ATM残高履歴が印刷されます。

過去3ヶ月以内の残高履歴(入出金明細)を最大で40件まで印字できるので、定期的にATM残高履歴を出力すれば、紙で残高の履歴を見ることができます。

ファイルなどにとじやすいデザインにもなっているので、ファイルに閉じれば通帳に近いものを作ることができます。


郵送

イオン銀行 通帳

郵送は店舗やイオン銀行ダイレクトから申し込みをすることで、取引明細書を発行することができるサービスです。

別途申し込みをすることで利用できるサービスで、申し込みをすると毎月郵送でお取り引き明細書が送られてきます。

発行手数料が月に216円かかるので、あまりおすすめはできませんが、どうしても紙の明細書が毎月欲しい人はこちらを利用しても良いと思います。


通帳はない分メリットがある

イオン銀行 通帳

イオン銀行の通帳の有無や残高、入出金明細の確認方法を見てきました。

  • イオン銀行に通帳はない
  • 入出金明細はWEBやアプリ、ATMで確認できる
  • 通帳がない分、手数料が安く金利も高くなっている

イオン銀行に通帳はありませんが、ネット上でお金の管理はできますので、慣れるとむしろ通帳よりも便利に管理することができます。

他にもATMや郵送で取引明細を確認する方法も用意されています。

イオン銀行の口座開設を考えているけど「通帳がない」ことがネックに思っている人でも、まずは一度利用してみて使い勝手が良いか試してみると良いと思いますよ。


イオン銀行は普通預金金利が最強

イオン銀行 通帳

なお、イオン銀行に口座開設する場合は、普通預金の金利が優遇されるイオンカードセレクトと一緒に作るのがお得です。

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカード、WAON、イオンカードが一つになったクレジットカードです。

イオンカードセレクトを持っていると預金金利が通常の6倍になり、よりお得度がグッと上がります。

年会費は無料で、イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込みも可能ですので、イオン銀行の口座開設をする際はイオンカードセレクトと一緒に作るのがおすすめです。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ