一番得するイオン銀行口座の作り方とイオンカードセレクト

公開日:2016年10月16日

イオン銀行 作り方

イオン銀行にかぎらず、金融機関やサービスの申し込みなどでは申し込み経路や口座の作り方によって得する作り方や、逆に損をしてしまう作り方があります。

イオン銀行の口座はどのように作ると一番得するのでしょうか。

本ページでは、一番得するイオン銀行口座の作り方を見ていきたいと思います。

一般的なイオン銀行口座の作り方

イオン銀行 作り方

普通にイオン銀行の口座を作る場合、イオン銀行の店舗やイオンの申し込みカウンター、イオン銀行のWEBサイトから申し込むことになります。

イオン銀行の口座開設のみだと特に特典もないので、どこで申し込んでも同じになります。

ただし、イオン銀行はイオンカードセレクトと一緒にネットで作ることで、口座開設時・開設後ともに最も得することができます。


イオン銀行のキャッシュカードの種類

  • イオンバンクカード
  • キャッシュ+デビット
  • イオンカードセレクト

イオン銀行のキャッシュカードは3種類

イオン銀行 作り方

一般的なイオン銀行の作り方で口座開設すると、イオンバンクカードというキャッシュカードが送られてきます。

イオンバンク以外にイオン銀行のキャッシュカードは「キャッシュ+デビット」と「イオンカードセレクト」の2種類があり、合計で3種類のキャッシュカードがあります。


キャッシュ+デビットはデビット機能付き

イオン銀行 作り方

キャッシュ+デビットはデビット機能付きのキャッシュカードで、JCBカードが使えるお店で使えて、銀行口座の残高の範囲内であればカードで支払をすることができます。

審査の必要なく作ることができるので、現金を持ちたくない人におすすめのカードです。

デザインも3種類のデザインがあり、好みのものを選ぶことができます。

キャッシュ+デビットはイオン銀行の口座開設後に申し込むことで追加発行することができます。


イオンカードセレクトはクレジット機能付き

イオン銀行 作り方

イオンカードセレクトはクレジット機能付きのキャッシュカードです。

イオンカードセレクトはイオンカードと電子マネーのWAON、イオン銀行のキャッシュカードが一つになったカードで1枚3役のカードです。

クレジットカード機能がついていますが、年会費無料、発行費用もすべて無料で作ることができます。

イオンカードセレクトを持っていることで、イオン銀行利用者には様々なメリットがありますので、最もお得なイオン銀行のキャッシュカードで、イオン銀行口座を作るならイオンカードセレクトを作るのがおすすめです。


イオンカードセレクトが一番お得な理由

  • 普通預金の金利が6倍になる
  • イオン銀行ポイントクラブでポイントがたまる
  • お得な入会キャンペーンの対象になる

イオンカードセレクトには、持っているだけで受けられる多くの特典があります。


普通預金の金利が6倍になる

イオン銀行 作り方

まず最も大きな特典はイオンカードセレクトを持っていると、イオン銀行の普通預金金利が6倍になることです。

イオン銀行の通常の普通預金金利は0.02%となっていますが、イオンカードセレクト限定の特典として0.1%金利が上乗せされます。

結果、イオンカードセレクトを持っている人のイオン銀行の普通預金金利は0.12%となり、金利が6倍になります。

メガバンクの金利は0.001%とほぼつかないので、メガバンクと比べると120倍も高い金利になります。

他のネットバンクと比較してもダントツで高い金利となり、普通預金金利最強の銀行となります。

生活口座となる普通預金の金利は少しでも高い方がお得ですし、複利の効果もあって、金利の差はわずかでも長期間預けていると大きな差になります。

詳細な計算例は別の記事で紹介していますが、100万円を毎年預け続けたとすると10年で7万円弱、20年で25万円にもなります。

金利の高い銀行に少しでも早く預けることが重要ですので、イオン銀行とイオンカードセレクトを組み合わせて高金利を得ましょう。

イオン銀行利用者にとって最も大きなメリットといえます。


イオン銀行ポイントクラブでポイントがたまる

イオン銀行 作り方

またイオンカードセレクトを持っていることで、イオン銀行のポイントサービスである「イオン銀行ポイントクラブ」でポイントがたまりやすくなります。


イオン銀行 作り方

イオン銀行ポイントクラブでは、ATM手数料振込手数料相当のポイントを、手数料がかかった回数分WAONポイントでもらうことができます。(月ごとに上限あり)

その他にも定期預金や投資信託、保険の契約や、年金の受取をすることで毎月ポイントがたまります。

また、公共料金の引き落としでもポイントがたまります。

ATM手数料や振込手数料のポイントバックは、イオン銀行ポイントクラブのステージによって月ごとに最大5回までポイントバックされます。

また定期預金や投資信託などを取引していることでもらえるポイントも、ステージによってもらえるポイントがかわり、25ポイントから最大で100ポイントを毎月もらうことができるようになります。

イオン銀行 作り方

このように、イオン銀行ポイントクラブはステージが上がるごとにどんどんお得になるのですが、ステージは一定期間中のイオン銀行口座の引き落とし額で決まります。

イオンカードセレクトを利用していると、イオンカードでのクレジットカード利用分やWAON払い分もステージ判定の対象になるので、ステージがぐんと上がりやすくなります。

むしろイオンカードセレクト以外では、なかなかステージを上げるのが難しいので、イオン銀行ポイントクラブで得したいならイオンカードセレクトは必須です。

イオンカードセレクトを持っていることで、イオン銀行ポイントクラブでポイントをためやすくなります。


お得な入会キャンペーンの対象になる

イオン銀行 作り方

さらにイオンカードセレクトはクレジットカードなので、お得な入会キャンペーンを随時実施しています。

4,000ポイントから8,000ポイントをもらえるキャンペーンであることが多いので、普通にイオン銀行口座を作るよりも断然お得です。

普通にイオン銀行口座だけを開いても何ももらえないので、イオンカードセレクトと一緒に作るだけでキャンペーンポイント分得することができます。

イオンカードセレクトの最新のキャンペーンはこちらで確認することができます。

イオンカードセレクトの最新のキャンペーン内容を見てみる

このようにイオンカードセレクトを持っていると、普通預金金利が6倍になり、ポイントがたまりやすくなり、お得な入会キャンペーンの対象にもなります。

入会キャンペーンだけでも5,000円分くらいは得することになり、金利やポイント分を考えると人によっては1万円以上得する場合もあります。

イオン銀行 作り方

年会費無料であることを考えると、普通に申し込むのは損といえますので、イオン銀行口座を作る時にはイオンカードセレクトを作るのがおすすめです。

イオンカードセレクトはイオン銀行の口座開設時に同時に申し込むことができるので、イオン銀行口座を作るならイオンカードセレクトと一緒に作るのが、「一番得する」口座の作り方といえます。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み


イオンカードとしても優秀

イオン銀行 作り方

なおイオンカードセレクトはWAONにチャージをして唯一ポイントがたまるなど、イオンカードの中で見ても優秀で、一番お得なイオンカードとしても知られています。

WAONチャージしてポイントがたまることで、チャージ時と利用時にポイントをもらう、いわゆる「ポイントの二重取り」ができます。

食品売り場などでは、「WAON払い限定」の優待価格もあり、イオンをお得に利用する上ではWAONも欠かせませんので、イオンを利用する人は持っていると色々得することができます。


イオン銀行 作り方

毎月20日30日の「お客様感謝デー」の5%割引や、イオンシネマでの映画料金の割引など、イオンカード共通で受けられる特典ももちろん受けることができます。

特典が盛りだくさんで、イオンを利用する人は持っておくだけで得するカードです。


イオン銀行口座とイオンカードセレクトは同時申し込みできる

イオン銀行 作り方

なお、イオンカードセレクトはイオン銀行の口座開設と同時に申し込むことができます。

イオンカードセレクトはイオンカード、WAON、イオン銀行キャッシュカードがひとつになったカードですので、イオンカードセレクトの申込画面の中で一緒にイオン銀行口座も申し込むことができます。

イオンカードセレクトと一緒に申し込むことで、イオンカードセレクトの入会キャンペーンの対象にもなり、4,000ポイントから8,000ポイントほどのポイントをもらうことができてお得です。

同時申し込みはこちらからできます。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み

すでにイオン銀行口座をお持ちの人は、こちらからイオンカードセレクトに申し込むことができます。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

別のイオンカードを持っている人は、イオンカードセレクトを追加で発行(2枚持ち)することができて、今のカードからイオンカードセレクトへの切り替えもできます。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ