イオン銀行で届出印が必要なケースと届出印(サイン)の登録方法

公開日:2016年11月16日

イオン銀行 届出印

イオン銀行は口座開設時には届出印が必要なく、印鑑なしで口座開設できる銀行です。

ネット銀行はほとんど届出印なしで口座開設できるので、手間がなく便利ですよね。

イオン銀行では、オンラインバンキングのイオン銀行ダイレクトを利用する上では届出印は不要ですが、店舗やコールセンターを使った一部取引で届出印が必要なケースがあります。


イオン銀行で届出印が必要なケース、取引

イオン銀行 届出印

イオン銀行で届出印が必要になるのは、店舗やコールセンター(郵送)を使って銀行取引をするケースで、具体的には以下の場合には届出印の登録が必要になります。

■イオン銀行で届出印が必要なケース、取引

受付場所 取引・手続き
店舗 積立式定期預金の預入れ
総合口座の解約
キャッシュカードの再発行、暗証番号の変更
投資信託口座の開設
投資信託の購入、解約
登録情報の変更
各種口座振替の依頼
各種証明書の発行
コールセンター
(郵送)
原則、全取引で届出印が必要

店舗での取引の場合には、普通預金の入出金や定期預金などは届出印なしで取引することができますが、積立式定期預金の預入など一部の取引については届出印が必要になります。

また口座の解約やキャッシュカード、暗証番号の再発行や変更なども届出印が必要になります。

投資信託については口座開設、取引ともに届出印が必要になります。

店舗で普通預金や定期預金以外の取引や手続きをする際には、基本届出印の登録が必要になるといえます。

イオン銀行 届出印

郵送やコールセンターで取引をしている人は、原則すべての取引を始めるのに届出印の登録が必要になります。

本人確認とか、各商品を管轄する法律など色々な問題があるのでしょうが、イオン銀行では届出印が必要な取引は上記になります。

逆に言うと、これ以外は届出印の登録は必要なくでき、クレジットカードの引き落とし口座にしたり、公共料金の口座振替の口座にすることもできます。


届出印(サイン)の登録方法

イオン銀行 届出印

イオン銀行の口座開設後に届出印を登録する場合、以下を準備した上でイオン銀行の店舗に来店することで登録できます。

  • 印鑑
  • イオンバンクカードまたはイオンカードセレクト
  • 顔写真つき本人確認書類

店舗が近くにない人はイオン銀行のコールセンターに電話をして、届出印の登録をしたい旨を伝えると手続きしてくれます。

イオン銀行のコールセンター:0120-13-1089(フリーダイヤル)

来店や郵送が必要になりますが、それほど難しい手続きではありませんね。


イオン銀行ダイレクトを利用するなら問題なし

イオン銀行 届出印

繰り返しになりますが、イオン銀行ダイレクトを利用する上ではすべての取引を届出印をなしに利用することができます。

イオン銀行ダイレクトは、イオン銀行のオンラインバンキングサービスですが、イオン銀行のサービスや取引を基本すべてネット上で行うことができます。

現金を引き出す際にはイオン銀行ATMをはじめとしたATM網を利用すれば良いので、店舗の窓口やコールセンターには一切頼ることなく銀行サービスを利用することができます。

オンラインバンキングを利用することで、預金の残高照会や定期預金を組んだり、振込をしたりといった銀行の取引をすべて自宅のPCやスマートフォンで行うことができます。

とても便利ですので、ネットで銀行での取引に抵抗がある人もぜひ一度利用してみることをおすすめします。


イオン銀行は店舗があるのにネット銀行並みにお得な銀行

イオン銀行 届出印

イオン銀行はいざとなったらリアルの店舗がありますので、完全なネット専業銀行よりも利用にあたってハードルが低いです。

それでいてネット銀行なみの金利や手数料の安さも魅力的で、当サイトでもおすすめの銀行です。

特に普通預金の金利が最強の銀行で、イオンカードセレクトを持っているだけで普通預金金利が6倍になり、メガバンクの120倍も高い金利になります。

■普通預金金利

  • イオン銀行(通常):0.02%
  • イオン銀行(イオンカードセレクト):0.12%
  • メガバンクの普通預金金利:0.001%


預金金利の差は期間が長くなるほど大きな差となりますので、早めにイオン銀行を利用した方が良いでしょう。

イオン銀行 届出印

イオン銀行とイオンカードセレクトは同時申し込みもできますので、これから口座開設する人は同時申し込みがおすすめです。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み

イオン銀行を利用していて、まだイオンカードセレクトを持っていない人は非常にもったいないので、イオンカードセレクトを持っておきましょう。

イオンカードセレクトにはクレジット機能がついていますが、年会費無料ですし使わなくても問題ないので、損のないカードです。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ