イオンカードセレクトの審査は主婦、無職、大学生、自営業者で通るか

公開日:2016年10月9日

イオンカードセレクト 主婦

イオン銀行を利用する際に必須となるイオンカードセレクトは、クレジットカード機能付きのキャッシュカードですので、発行までに審査があります。

クレジットカードということで、主婦や無職、学生、自営業の人など、クレジットカード審査であまり有利でない人はイオンカードセレクトを作ることができるのでしょうか。

イオンカードセレクトの審査基準

イオンカードセレクト 主婦

まずイオンカードセレクトの審査基準ですが、これは一般的に公開されていません。

イオンカードにかぎらずすべてのクレジットカードの審査基準は公にされておらず、明確な審査基準はわかりません。

どのような人が審査に通り、逆に審査落ちしやすいかは別の記事でまとめています。

審査基準がわかってしまうと、悪用する人も出てくるでしょうから当然ですよね。

そのため、審査基準は世の中のどういった人が審査通過して、どういった人が審査落ちしたかで大体を把握することになるのですが、イオンカードセレクトをはじめイオンカードは比較的審査が厳しくない会社として知られています。

他のクレジットカードで審査落ちした人でもイオンカードでは審査が通ったという人も多く、イオンカードセレクトを作ろうか悩んでいる人はそこまで審査が厳しいか悩むことなく申込んだほうが良いカードといえます。

イオンカードセレクト 主婦

なお、イオンカードの審査に落ちた人でも審査に通った人が多いのは楽天カードです。

イオンカードセレクトの審査に落ちた人でクレジットカードをどうしても作りたい人は楽天カードを検討されると良いと思います。

年会費無料ポイント還元率が高く、お得なキャンペーンもやっていますからね。

ポイント目当てだけでも作って損のないカードといえます。

楽天カードはデートや職場の飲み会で出すのがはずかしい・・・

という人もいますが、使う場面を考えればよいだけですし、個人的にはお得で優秀なカードを使っている人を見て、せこいとか、ダサいとかネガティブに感じることはないのであまり気にする必要もないかと思います。

どうしても気になる人は見えないところでカードを切るのがよろしいかと思いますw


イオンカードセレクトを主婦は作れるか

イオンカードセレクト 主婦

少し脱線してしまいましたが、審査で不利とされる人たちはそれぞれイオンカードセレクトを作ることができるのか、またどのような条件にあえば作ることができるのか見ていきます。

まずは主婦(専業主婦)の方です。

専業主婦の人は家事が仕事となりますので、会社からの給料などはなく、審査上は無職という扱いになります。

パートアルバイトをしている人でも収入は月に10万円いかない人も多くいるでしょう。

それでも、イオンカードセレクトは主婦の人でも作ることができます。

イオンカードセレクトでは夫に収入があれば、返済能力があると考えるのか、無職の専業主婦でも審査に通ります。

必ずしもカードの名義人本人に定職や収入がある必要はないんですね。

もちろん主婦の方でアルバイトやパート、事業収入、不動産収入などがあればさらに審査に通りやすくなります。

夫の職業は重要になりますので、ここは嘘偽りのない情報を正確に申告する必要があります。

また、場合によっては夫の勤務先に在籍確認をするケースもあるようです。レアケースですが、カードの申し込みにあたってはそのようなことを一言確認しておく必要があります。


イオンカードセレクトを無職の人は作れるか

イオンカードセレクト 主婦

次に無職の人です。

無職の人でもイオンカードセレクトを作ることはできます。

上述した専業主婦も広い意味では無職ということになりますが、夫に収入があって返済能力があるとみなされれば審査は通ります。

夫以外でも家計を一にする世帯主がいて、その人に収入がきちんとあれば審査に通ります。

また、無職の人でも収入がある人も多いと思います。

生活できているのであれば、何かしらの収入源があると思いますので、それがイオンカード側に認められれば審査には通ります。

年収を記載する箇所がありますので、そこで正直に申告することで問題なければイオンカードセレクトを作ることができます。

私も無職に近い個人事業主の時代に正直に事業所得を申告することで、イオンカードセレクトを作ることができました。

事業所得不動産所得があれば、無職であっても収入がある人は多くいますので、収入がどこから出ているかわかれば審査上特に厳しく見られることはないと思われます。

私の場合は在籍確認も収入を証明する書類の提出もしないままカード発行となりました。


イオンカードセレクトを大学生は作れるか

イオンカードセレクト 主婦

イオンカードセレクトは大学生でも作ることができます。

イオンカードセレクトの申し込みで職業を学生にすると収入は0円となりますが、親の勤務先や収入に問題がなければカードを作ることはできます。

イオンカードセレクトは18歳未満または高校生以下の学生はカードを作ることができませんが、大学生であれば問題なく作ることができます。

専門学校生でも作ることができます。


イオンカードセレクトを自営業者は作れるか

イオンカードセレクト 主婦

イオンカードセレクトは自営業者でも作ることができます。

一般的に信用力が会社員よりも劣る自営業者ですが、イオンカードセレクトの審査はある程度の収入があれば、自営業者だからという理由で審査落ちすることはまずありません。

これまでのクレジットカード利用で滞納歴があるなどは別の問題になりますが、自営業ということが影響して審査落ちした人はネット上の口コミでもほとんど見つかりませんでした。

私もイオンカードセレクトを作った時は自営業者に含まれましたが、特に問題なくイオンカードセレクトを作ることができました。

これまでのクレヒスが良かったのかもしれませんが、自営業だからクレカの審査は難しいだろうと考えている人もぜひ一度申し込んでみることをおすすめします。


クレジットカードの審査は申し込んでみるまでわからない

イオンカードセレクト 主婦

イオンカードセレクトを主婦や無職、学生、自営業者でも作ることができるか見てきました。

結論として、どんな職業、立場であっても、それだけでイオンカードセレクトを作れないということはありません。

審査は厳しくないので一度申し込んでみることをおすすめします。

イオンカードセレクト 主婦

クレジットカードの審査内容は公開されておらず、会社の方針や時代によって変わっていくものでもあります。

仮に過去に内部にいた人の話だったとしても、今それが適用されるかはわかりませんし、自分と同じような人が審査落ちしていたとしても、その人が過去に滞納歴があったかもしれませんし、細かな状況は異なる可能性が高いです。

クレジットカードの審査は申し込んでみるまでわかりませんし、自分が審査に通るかどうかは申し込みして結果を見るのが一番早くわかりやすいです。

イオンカードセレクトの審査が不安な方も一度申し込みされてみることをおすすめします。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

またこれからイオン銀行の口座開設をする人はイオンカードセレクトとイオン銀行口座開設の同時申し込みができますので、手間が少なくなります。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ