イオン銀行の即時入金サービスの対応証券会社とWEB即時決済サービスの内容

公開日:2016年10月14日

イオン銀行 即時入金

株やFXなど投資をする上で欠かせないサービスが「即時入金サービス」です。

その名の通り、証券会社の口座やFX会社の口座へ銀行口座から即時に資金振替をすることができるサービスです。

投資タイミングを逃さないためにも投資をする上で必須のサービスといえます。

即時入金サービスはネット銀行やメガバンクのオンラインバンキングサービスが対応していますが、イオン銀行もWEB即時決済サービスとして、即時入金に対応しています。

イオン銀行のWEB即時決済サービスの内容

イオン銀行 即時入金

イオン銀行のWEB即時決済サービスは、利用可能な企業の口座へ即時に資金を入金することができるサービスです。

原則、24時間365日いつでも利用することができ、振込手数料などの手数料は無料で入金することができます。

イオン銀行 即時入金

入金先の情報や入金額などは自動反映するため、面倒な入力は必要なく即時に入金することができます。

多くのネット銀行やメガバンクのオンラインバンキングサービスで提供されている即時入金サービスとほぼ同内容のサービスといえます。


WEB即時決済サービスの手続き方法

イオン銀行 即時入金

  1. 証券会社、FX会社画面で入金指示
  2. イオン銀行ダイレクトにログイン
  3. 取引パスワードで認証して実行
  4. 即時入金

イオン銀行のWEB即時決済サービスを利用するには、まず証券会社やFX会社側のホームページで即時入金の設定画面を選択します。

入金画面に表示される金融機関選択画面で「イオン銀行」を選択します。

すると、イオン銀行ダイレクトにログインすることになりますので、IDログインパスワードを入力してログインをします。

「イオン銀行ダイレクト」とはイオン銀行のオンラインバンキングサービスの名称です。

その後の振込内容確認画面で金額などの取引内容を確認し、取引パスワードなどを入力します。

取引の実行ボタンを押すことで、即時に証券会社やFX会社の口座に入金がされます。

即時に入金されるため、実行後の取り消しや訂正はできませんので、間違えた際は証券会社、FX会社側の画面で出金指示をするか、即時入金サービスを利用して、再度追加で入金が必要になります。

イオン銀行 即時入金

画面の操作についても多くのネット銀行で提供されているサービスとほぼ同じです。

証券会社やFX会社の画面上で即時入金の指示をしたら、金融機関を選択して、イオン銀行の画面ではログインと取引の認証をするだけで即時入金が可能です。

普通に振込をするよりも手間なく入金することができます。


イオン銀行の即時入金対応企業

イオン銀行 即時入金

  • GMOクリック証券
  • ヒロセ通商株式会社
  • JFX株式会社
  • 楽天証券
  • フィデリティ証券株式会社
  • 東岳証券株式会社
  • むさし証券株式会社
  • OANDA Japan株式会社
  • 上田ハーロー株式会社
  • 株式会社DMM.com証券
  • 外為ファイネスト株式会社
  • 株式会社外為オンライン
  • 株式会社ライブスター証券
  • 株式会社アイネット証券
  • 株式会社FXトレーディングシステムズ
  • ひまわり証券株式会社
  • 株式会社マネースクウェア・ジャパン
  • ペイリンク・ジャパン株式会社
  • 松井証券株式会社
  • ワイジェイFX株式会社
  • 株式会社FXトレード・フィナンシャル

対応証券会社やFX会社は増えていますが、ネット証券では最大手のSBI証券をはじめ、マネックス証券カブドットコム証券に対応していません。また大手証券会社系でも野村證券、大和証券、日興SMBC証券のネット取引サービスへの即時入金にも対応していません。

またFX会社でもSBI FXトレードに対応していないなど、サービスの穴が見れます。

ただし、利用可能企業はどんどん増えているので、今後これらの会社に対応していくことが予想されます。

即時入金サービスへの対応状況という点では、他のネット銀行の方が充実した内容となっています。

住信SBIネット銀行楽天銀行は軒並みのネット証券やFX会社の口座への即時入金を可能にしています。

イオン銀行 即時入金

メインの銀行が対応している証券会社を使うか、利用したい証券会社から決めるかは人それぞれですが、生活口座がイオン銀行でたまに株やFXの取引をする程度であれば、イオン銀行の対応証券会社の中から取引証券会社を選ぶのが良いと思います。

証券会社でいえば、楽天証券は大手で、最大手のSBI証券に取扱商品や手数料、サービス面で引けは取りません。(細かな点ではSBI証券の方が使いやすい点があります。)

株やFXをはじめてみたいという人であれば、まずは株であれば楽天証券や松井証券、FXであればDMM.com証券外為オンラインワイジェイFXなどを利用されるのがよろしいかと思います。

いずれも業界大手でサービスは充実しています。

イオン銀行 即時入金

メインで使いたい証券会社が決まっている、あるいは最初からこだわって証券会社やFX会社を選びたいという人であれば、生活用口座がイオン銀行であっても、住信SBIネット銀行楽天銀行ジャパンネット銀行など投資系に強く、即時入金の対応企業が多いネット銀行の口座開設をおすすめします。

1社を選ぶなら、ネット証券最大手のSBI証券との連携サービスが強力で便利な住信SBIネット銀行を推します。

住信SBIネット銀行のハイブリッド預金を利用すれば、銀行口座から証券口座へ資金を振替する必要なく、銀行口座の残高をそのまま株の買付余力とすることができます。

使うと抜けられなくなる想像以上に便利なサービスですので、SBI証券を利用するなら住信SBIネット銀行はぜひ持っておきたい銀行です。

住信SBIネット銀行の詳細を見てみる

このように利用する証券会社やFX会社で相性の良い銀行も変わってきます。

ですので、まずは利用するネット証券やFX会社を決めて、その上で、相性の良いネット証券やFX会社を選ばれるのが良いでしょう。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ