楽天カードの利用料金はイオン銀行で引き落としできるか?

公開日:2017年1月4日

イオン銀行 楽天カード

普通預金金利が高く人気のイオン銀行と、年会費無料で還元率も高く特典が多い楽天カード。

ともに人気のネット銀行とクレジットカードで、両方利用している人は多いと思いますが、楽天カードの利用料金はイオン銀行で引き落としすることができるでしょうか。

楽天カードはイオン銀行で口座引落ができる?

イオン銀行 楽天カード

結論から言うと、楽天カードの利用料金はイオン銀行で引き落としをすることができます。

楽天カードは楽天銀行をはじめ、住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行ソニー銀行じぶん銀行新生銀行、セブン銀行など多くのネット銀行で口座引落をすることが可能になっています。

イオン銀行を料金引き落とし口座に設定するには、インターネット上から簡単に変更することができます。


楽天カードの引き落とし口座変更方法

イオン銀行 楽天カード

楽天カードでイオン銀行を引き落とし口座に設定するには、カード申込時にイオン銀行を引き落とし口座として申込するか、カード発行後に引き落とし口座を変更することで設定ができます。

引き落とし口座を変更するには、楽天カードの会員サイトである「楽天e-NAVI」のログイン後ページからお客様情報>お支払い口座の照会・変更と進むと変更画面に進むことができます。

インターネットと郵送での変更がありますが、上述した通り、イオン銀行はインターネットから変更可能ですので、インターネット変更のメニューからイオン銀行を選択すると口座変更画面に遷移します。

金融機関、口座情報などを入力して、イオン銀行側で認証(ログイン後確認)をすると簡単に変更ができます。

イオン銀行 楽天カード

原則毎月10日の21:59までに変更が完了すると、その月の27日の引き落としから変更後の金融機関で引き落としがされます。

最短で当月、遅くても翌月の引き落としまでには変更が可能になっています。

なお、引き落とし口座の変更は、イオン銀行のメンテナンス時間を除き、基本毎日0:00から23:59までいつでも変更することが可能です。


楽天カードをイオン銀行で引き落としするメリット

イオン銀行 楽天カード

  • 管理が楽になる

楽天カードの利用料金をイオン銀行で引き落としするメリットは、イオン銀行がメイン銀行の人なら管理が楽になるという点があります。

引き落とし口座が複数あると、その分資金を移動させたり、引き落とし日を覚えておいてそれまでに入金するなどの管理が必要になります。

使ったお金を意識できるという点は良いかもしれませんが、純粋に手間を考えると、メインで使っていて給与振込などもされる銀行で引き落としをした方が入金忘れや引き落としの失敗もありません。

ポイントがたまるなど、イオン銀行で引き落としをすることによる金銭的なメリットはありませんが、手間が少なく引き落とし失敗などのトラブルのリスクも最小限にできるというのは、毎月5円とか10円分のポイントをもらうよりも大きなメリットかもしれません。


楽天カードを楽天銀行で引き落としするメリット

イオン銀行 楽天カード

  • 普通預金金利が2倍
  • 楽天スーパーポイントがたまる

なお、楽天カードの引き落とし銀行として最もメリットがあるのは、やはり同じグループ内の楽天銀行です。

楽天カードの利用料金の引き落としを楽天カードとすると、楽天銀行の普通預金金利が2倍になります。

また引き落としのたびにポイントをもらうことができ、会員ステージに応じて最大で9ポイント(3-9ポイントがたまる)を毎月貯めることができます。

やはり楽天銀行で引き落としをするとメリットが大きいですね。

イオン銀行 楽天カード

ただし、普通預金金利が2倍になっても、2017年1月時点の普通預金金利が0.02%ですので、0.04%にしかなりません。

同じ楽天銀行を使うなら、証券口座と連携したサービスのマネーブリッジを利用することで金利は5倍の0.10%となります。

さらに、普通預金金利はイオン銀行が最強で、イオンカードセレクトを持っていると、普通預金金利が0.12%となります。

楽天銀行のどの優遇金利よりも高くなるので、すでにイオン銀行を利用している人であれば、無理に楽天カードの引き落としを楽天銀行にする必要性は薄いといえます。


まとめ

イオン銀行 楽天カード

楽天カード利用料金をイオン銀行で口座引落できるかどうかを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 楽天カードの料金をイオン銀行で支払うことはできる
  • インターネットで簡単に変更可能
  • 10日21:59より前に変更すれば当月中の変更が可能

楽天カードの利用料金をイオン銀行口座で支払うことはできますので、イオン銀行がメイン銀行で、楽天カードを利用している人はイオン銀行で引き落としができて良いですね。

すでに楽天カードを利用していて、別の銀行口座を引き落とし口座としている人でも、インターネット上で2,3分の手続きですぐに引き落とし口座を変更することができます。

楽天カードの引き落としは毎月27日ですが、10日までに手続きをすれば、当月の引き落としから変更後の口座で引き落としが行われます。

楽天カードの引き落とし口座には、楽天銀行を利用するのがお得ではありますが、優遇金利よりもイオン銀行の普通預金金利の方が高いので、すでにイオン銀行を利用している人ならほとんどメリットを感じないレベルです。

メイン銀行がイオン銀行なら、資金移動の手間や手数料を考えなくて良いので、イオン銀行で引き落としをされる方が良いと思います。

イオン銀行 楽天カード

なお、イオン銀行で普通預金金利の優遇を受けるには、イオンカードセレクトを持っている必要があります。

イオンカードセレクトは年会費無料のクレジットカードで、イオン銀行から見るとクレジット機能付きのキャッシュカードですが、持っているだけで普通預金金利が6倍になるなどかなりのメリットがあります。

金利以外にも多くのメリットがあります。

イオン銀行を利用している人にとっては必須のカードといえますので、まだイオンカードセレクトを持っていない人はぜひ詳細をチェックしてみてください。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ