イオン銀行のパスワード、暗証番号の変更方法まとめ(ログイン・取引・キャッシュカード)

公開日:2017年1月9日

イオン銀行 パスワード変更

イオン銀行を利用する上で必要なパスワードは、イオンダイレクトのログインパスワードや取引パスワードなど多くあります。

それぞれのパスワードを変更したい時、どのように変更したらよいか迷ったり、色々探すことが多かったので、イオン銀行で使うパスワードの変更方法をまとめておきます。

いつかどなたかが参考になれば嬉しいです。それでは見ていきましょう。

イオン銀行のログインパスワードの変更方法

イオン銀行 パスワード変更

まず、イオン銀行のログインパスワードの変更方法です。

イオン銀行のログインパスワードを変更するには、イオン銀行ダイレクトにログインをして、ログイン後のメニューの「お客さま情報・各種設定」の中の「パスワード変更」を選択します。

イオン銀行 パスワード変更

選択後に画面の指示に従って、現在のログインパスワードと新しいパスワードと確認用に新しいパスワードをもう1回入力します。

イオン銀行 パスワード変更

イオン銀行のログインパスワードは半角英数字で6~12桁で、半角の英字と数字を混在させる必要があります。

また英字は大文字と小文字を区別されるので、設定の際には注意が必要です。

なお、パスワードの入力はソフトウェア上で入力することができます。

イオン銀行はセキュリティに力を入れているので、パスワードはすべてソフトウェア上で行うことができます。


イオン銀行の取引パスワードの変更方法

イオン銀行 パスワード変更

次に、イオン銀行の取引パスワードの変更方法です。

イオン銀行の取引パスワードは、ログインパスワードと同じくイオン銀行ダイレクト上で変更可能です。

変更方法もほぼ同じで、イオン銀行ダイレクトのログイン後画面の上部メニューで「お客さま情報・各種設定」の中の「パスワード変更」を選択します。

イオン銀行 パスワード変更

パスワード変更画面はログインパスワード変更と同じで、ログインパスワード変更画面の下に取引パスワード変更画面があります。

イオン銀行 パスワード変更

取引パスワード変更画面では、現在の取引パスワードと新しい取引パスワードを入力します。新しい取引パスワードは確認用に再度入力が必要になります。

取引パスワードは、ログインパスワードと同様に、半角英数字6~12桁で設定する必要があり、契約者IDと同一のものを登録することはできません。

なお、ログインパスワードと取引パスワードを一緒に変更することもできます。


イオン銀行のキャッシュカードの暗証番号の変更方法

イオン銀行 パスワード変更

次にイオン銀行のキャッシュカードであるイオンバンクカードイオンカードセレクトの暗証番号の変更方法です。

キャッシュカードの暗証番号はイオン銀行ATMで行います。

他のATMで変更することはできませんので、注意が必要です。

イオン銀行ATMで、「お取引開始」>「その他お手続き」>「暗証番号変更」と選択していきます。

暗証番号の変更画面に進むので、現在の暗証番号を入力した後、新しい暗証番号を入力して変更をします。


パスワードを忘れた場合

イオン銀行ダイレクトのパスワードを忘れた場合

イオン銀行 パスワード変更

ログインパスワード、取引パスワード、合言葉やワンタイムパスワードなどイオン銀行ダイレクト関連のパスワードを忘れてしまった場合は、初回ログインパスワードの再発行が必要になります。

初回ログインパスワードを再発行して、初回ログインの手続きから各種パスワードの変更手続きをすることでパスワードを設定できます。

初回ログインパスワードの再発行はインターネット、コールセンター、店舗の方法で行うことができます。

過去にログインをしたことがあり、メールアドレスを登録しているとインターネットから即時で初回ログインパスワードを再発行することができます。

その他にインターネット上で初回ログインパスワードを郵送する手続きや、店舗の窓口で手続きする方法、コールセンターで郵送してもらう方法があります。

インターネットの郵送はおおよそ1週間、店舗であればおよそ1日、コールセンターで手続きする場合は約2週間がかかります。

なお、ロックされた場合も同じように、初回ログインパスワードを再発行して手続きすることでパスワードの再設定ができます。


キャッシュカードのパスワードを忘れた場合

イオン銀行 パスワード変更

キャッシュカードのパスワードを忘れた場合は、コールセンターまたは店舗でキャッシュカードの再発行手続きが必要になります。

キャッシュカードの再発行手続きはコールセンター(フリーダイヤル: 0120-13-1089)に電話するか、店舗の窓口で手続きをします。

再発行手数料はイオンバンクカードの場合は1,000円+税がかかります。

イオン銀行 パスワード変更

イオンカードセレクトの場合は手数料無料で再発行ができます。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ