イオン銀行のログインパスワードの確認方法、変更、忘れた時の再発行方法

公開日:2016年11月23日

イオン銀行 ログインパスワード

イオン銀行のインターネットバンキングであるイオン銀行ダイレクトでは契約者IDログインパスワードを使ってログインをすることになりますが、忘れてしまった場合はどうした良いのでしょうか。

契約者IDについては、以前別の記事で紹介していますので、本ページではログインパスワードの確認方法や忘れてしまった場合の対応について見ていきたいと思います。

イオン銀行のログインパスワードの確認方法

イオン銀行 ログインパスワード

イオン銀行のログインパスワードは初回ログインをしているかどうかで、確認方法が変わります。

初回ログインをしていない人は、口座申込時に設定した4桁の数字のパスワードでログインをすることができます。

初回ログインが済んでいる人は、初回ログイン時に設定したパスワードがログインパスワードとなります。

初回ログインパスワード、2回目以降のログインに使用するパスワードはともに自分で設定をするものなので、イオン銀行からの送付書類などには記載されていません。

メモをしていないと確認することができませんので、再発行の手続きが必要になります。


ログインパスワードの変更方法

イオン銀行 ログインパスワード

ログインパスワードを変更したい場合は、イオン銀行ダイレクトにログイン後、「お客さま情報・各種設定」を選択し、「パスワード等設定の変更」>「パスワード変更」と進みます。

選択後、画面の指示に従って、新しいログインパスワードを登録することで、パスワードの変更ができます。

イオン銀行 ログインパスワード

ログインパスワードに限らず、パスワードの定期的な変更はセキュリティに一定の効果があると言われていますので、不正利用などが気になる人は定期的に変更することをおすすめします。

イオン銀行は数多くのセキュリティ対策をしていますが、自分でできることをするのも重要です。


イオン銀行の初回ログイン

イオン銀行 ログインパスワード

イオン銀行の初回ログインパスワードは、口座開設申込時に設定した4桁のパスワードです。

ただし初回ログインパスワードを使うのは、初回のみです。

初回ログイン時に新しいログインパスワードを登録する必要がありますので、そこで登録したパスワードを2回目以降は使用することになります。

2回目以降にログインするパスワードは半角英数字で6桁から12桁で設定します。


ログインパスワードを忘れた場合

イオン銀行 ログインパスワード

  • インターネット(メール)
  • インターネット(本人限定受取郵便)
  • 店舗
  • コールセンター

初回ログインパスワード、2回目以降のログインパスワードは忘れてしまったらともに再発行の手続きが必要になります。

一度ログインをしていて、メールアドレスを登録していると、オンライン上で即時にログインパスワードの再登録ができます。

メールでログインパスワードを再発行すると、即時で発行がされるので一番早いです。

初回ログインパスワード再発行のお申込み(イオン銀行のページ)

イオン銀行 ログインパスワード

なお、メールアドレスの登録をしていない場合は、本人限定受取郵便による再発行の方法もあります。

住所に変更がなければインターネット上で手続きが完了します。(本人限定受取郵便を受け取る必要はあり)

本人限定受取郵便はおよそ1週間ほどで登録住所に送られてきます。

なお、手続きには契約者IDと生年月日が必要になりますので、手元にキャッシュカードかイオン銀行ダイレクトご利用カードを準備しておく必要があります。


店舗、コールセンターでの手続き

イオン銀行 ログインパスワード

住所変更があったり、インターネットで申し込みができない人は店舗コールセンター(郵送)で再発行手続きもできます。

店舗の場合、キャッシュカード、届出印、本人確認書類を持参してイオン銀行の店舗に行きます。

初回ログインパスワードの再発行をしたいと伝えると、手続きをしてくれます。

店舗では翌日9時以降から使える初回ログインパスワードを再発行してもらえます。

つまり、1日でログインできるようになるので、本人限定受取郵便を使っての再発行よりも早いです。

近くに店舗がある人は店舗での手続きが便利ですね。

イオン銀行 ログインパスワード

コールセンターでの手続きは、イオン銀行コールセンターに電話をしてログインパスワードの再発行を依頼します。

イオン銀行コールセンター:0120-13-1089

1週間程度で「イオン銀行ダイレクト関連届」が届きますので、必要事項を記入して本人確認書類を同封して返送します。

記入した初回ログインパスワードは、返送した1週間後に利用できるようになるので、初回ログインパスワードでログインをして初回ログインをします。

書類が届くのに1週間、返送してから使えるようになるまで1週間の合計2週間は最低でもかかります。

最も時間も手間もかかるので、どの方法も利用できない時に利用するのが良いと思います。


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ