イオン銀行はローソンで利用できる?ATM手数料を無料にする方法

公開日:2016年9月18日

イオン銀行 ローソン

ネット銀行はコンビニで入出金することが多いので、預金金利の高さが魅力のイオン銀行を利用してる人もどのコンビニで入出金できるか気になると思います。

家の近くにローソンがある人はローソンで入出金することになると思いますので、イオン銀行がローソンで利用できるのか、また手数料などを見ていきたいと思います。

ローソンに設置しているATM

イオン銀行 ローソン

まずローソンに設置してあるATMの種類です。

ローソンには、ローソンATMというATMが設置されています。

ローソンATMはサービス名の通り、ローソンが運営するATMサービスで、運営会社はローソンに設置しているATMの運営業務を行っており、全国のローソンやナチュラルローソン、ローソンストア100に設置してあるATMです。

2016年9月時点で、11,399台のATMが設置されています。

コンビニATMとしてはイーネットATMというATMネットワークが有名ですが、ローソンでは独自のATMが設置してあります。


イオン銀行はローソンATMで利用できる?

イオン銀行 ローソン

  • イオン銀行キャッシュカードはローソンATMを利用可能
  • 時間帯によって108円から216円の手数料がかかる
  • 手数料無料で利用できるATMが多数ある

イオン銀行のキャッシュカードはローソンATMで入出金が可能ですので、イオン銀行を利用している人はローソンで入出金ができます。

イオン銀行キャッシュカードをローソンATMで入出金する場合、入出金は平日の8:45-18:00の間は108円(税込)、その他の時間や土曜日曜祝日の利用の場合は216円(税込)の手数料がかかります。

■イオン銀行のローソンATM利用手数料

取引 日時 手数料(税込)
預入(入金) 平日8:45-18:00 108円
平日8:45-18:00以外
土日祝日
216円
引出(出金) 平日8:45-18:00 108円
平日8:45-18:00以外
土日祝日
216円

なお、残高照会は無料で利用できます。

手数料はかかりますが、入出金などで利用することができます。

イオン銀行はセブン銀行ATMが利用できないので、まったく入出金ができないセブンイレブンと比べると、ローソンとのサービスの相性は良いといえます。


イオン銀行ATMならいつでも利用手数料無料

イオン銀行 ローソン

イオン銀行ではイオン銀行ATMであれば365日24時間いつでもATM手数料無料で入出金が可能です。

イオン銀行ATMのほかにも、ゆうちょ銀行みずほ銀行三菱東京UFJ銀行などがあります。

利用手数料が無料のATMを見ると、コンビニよりもイオンなどのスーパーや、駅前や街中の銀行のATMを利用することが多くなりそうなサービス内容になっています。

ATM手数料無料で入出金したい人はまずはこれらのATMで利用することを考えるのが基本になります。


ATM手数料を無料にする方法

イオン銀行 ローソン

ただし、イオン銀行にはATM利用手数料を実質無料にする方法があります。

イオン銀行ポイントクラブ」というポイント制度で、お得なポイントの特典が多くあります。

特典はたくさんありますので、イオン銀行ポイントクラブの詳細を紹介しているページを見ていただければと思いますが、特典の中の1つに、振込手数料ATM利用手数料の全額ポイントバックがあります。

イオン銀行 ローソン

手数料が発生した振込やATM利用があると、毎月決まった回数分だけWAONポイントが付与されます。

ローソンATMを利用した場合、手数料がかかってもWAONポイントがもらえることになりますので、実質ATM手数料が無料で利用できることになります。


ステージによって最大月に5回まで実質無料になる

イオン銀行 ローソン

ポイントがもらえる回数はステージによって決まります。

イオンカードや電子マネーのWAONの利用金額に応じてステージが決まり、ステージ1で1回、ステージにで3回、ステージ3で5回までポイントがもらえます。

■ステージごとのWAONポイントがもらえる回数

ステージ 無料回数
ステージ1 月1回まで
ステージ2 月3回まで
ステージ3 月5回まで

ステージ3になれば、ATM利用手数料が月に5回までは実質無料で利用できるということですので、ローソンで入出金をしてもほぼATM手数料を払うことがなくなります。


ステージを効率的に上げるにはイオンカードセレクト

なお、ステージを上げるにはイオンカードセレクトを使っていると有利にステージを上げることができます。

イオン銀行 ローソン

イオンカードセレクトは、持っていると普通預金金利が0.1%上乗せされる優遇金利が適用されるなど、イオン銀行ユーザにとって必須のカードです。

イオン銀行を利用していて、まだ持ってない人はイオンカードセレクトを作っておきましょう。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

なお、イオン銀行の口座をこれから開設される人は、イオン銀行とイオンカードセレクトの同時申し込みできますので、そちらが手間がなくお得なキャンペーンの対象にもなりおすすめです。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ