イオン銀行の口座振替が可能な収納機関、口座振替をするメリットや得する方法

公開日:2016年9月16日

イオン銀行 口座振替

イオン銀行など新しいタイプのネット銀行は、振込手数料やATM手数料が安く、金利も高いので便利ですが、公共料金やクレジットカードの口座振替ができるのかが不安な人も多いと思います。

イオン銀行の口座振替が可能な収納機関や口座振替で得する方法、メリットなどをまとめて紹介します。

イオン銀行の口座振替が可能な収納機関

イオン銀行 口座振替

イオン銀行で口座振替が可能な収納機関には以下の会社があります。

■電気
東京電力エナジーパートナー/関西電力/中部電力/中国電力/北陸電力/九州電力/東北電力/四国電力/北海道電力/沖縄電力

■ガス
東京ガス/大阪ガス/東邦ガス/九州ガス/大和ガス/京葉ガス/西部ガス/北海道ガス/北ガスジェネックス/四国ガス/河内長野ガス/山口合同ガス/北陸ガス/仙台市ガス局/広島ガス/千葉ガス/大多喜ガス/カメイ株式会社/東彩ガス/岡山ガス

■水道
東京水道局/多摩地区都営水道/横浜市水道局/尾鷲市水道部/福岡市水道局/尼崎市水道局/水戸市水道部/長崎市上下水道局/札幌市水道局/浜松市上下水道部/神戸市水道局

■地方税
玉城町(三重県度会郡)/京都市/小樽市/ニセコ町

■国民年金の保険料
日本年金機構

■NHK受信料
NHK

■携帯電話・PHS
NTTドコモ/au/SoftBank*/イー・モバイル/WILLCOM

■IP/固定電話
KDDI/日本テレコム/フュージョン・コミュニケーションズ/パワードコム/ipPhone

■プロバイダ
イオン・ネット/YAHOO!BB/OCN/au/one/net/ODN/BIGLOBE/nifty/Spin/Net/SANNET/BROBA/So-net/ZERO/ネスク・インターネット/メディアキャット/TikiTikiインターネット

■BS放送・CS放送
NHKオンデマンド/スカパー!/WOWOW/スターキャット/苫小牧ケーブルテレビ/大館ケーブルテレビ/花巻ケーブルテレビ/大崎ケーブルテレビ/青葉ケーブルテレビ

■新聞
朝日新聞/読売新聞/毎日新聞/産経新聞/東京新聞/日本海新聞/琉球新報

■保険
メットライフ/アリコ/エース保険(団体傷害保険)/アメリカンホーム・ダイレクト(自動車保険)/ソニー損保/そんぽ24(自動車保険)/チューリッヒ(自動車保険)/三井ダイレクト(自動車保険)

ネット銀行は、口座振替できる収納機関が少ないというデメリットがありましたが、最近では対応会社も増えて、ほとんどメガバンクや都市銀行と変わらないレベルのサービスを提供しています。

口座振替ができなくて困る場面はほとんどないと言っても良いでしょう。

後述しますが、イオン銀行にはお得な口座振替特典がありますので、それらを活用できることを考えると、イオン銀行で口座振替をするのがお得で便利です。


イオン銀行の口座振替の手続方法、手続きの流れ

イオン銀行 口座振替

  • イオン銀行ダイレクトでの手続き
  • 収納機関のホームページでの手続き
  • 郵送での手続き

イオン銀行の口座振替の手続きには郵送とインターネット完結する手続きがあり、インターネットでの手続きの場合は印鑑不要で手続きをすることができます。

インターネットでの手続きにはさらにイオン銀行ダイレクト内で手続きが完了するものと、収納機関のホームページで手続きをする会社があります。

イオン銀行ダイレクト内で手続きをすると最短3分で手続きが完了するなどとても簡単です。

イオン銀行ダイレクトで手続きができる収納機関は、以下の会社です。

■収納機関のホームページで手続きする収納機関
NHK/NTT東日本/NTT西日本/東京電力エナジーパートナー/関西電力/東京ガス/東邦ガス

イオン銀行 口座振替

収納機関のホームページで手続きをする際にも印鑑や預金口座振替依頼書の郵送をする必要がなく、簡単なインターネットのみの操作で手続きが完了します。

収納機関のホームページで手続きができる収納機関は、以下の会社です。

■収納機関のホームページで手続きする収納機関
イオンクレジットサービス(イオンカード)/三菱UFJファクター/ジャックス/シーエスエス/SMBCファイナンスサービス///アプラス/システム収納センター/クリアパス/アクサダイレクト生命保険/オリエントコーポレーション/楽天カード/楽天証券/三井住友トラストクラブ/ゴールドポイントマーケティング/エポスカード/りそな決済サービス/三井住友カード/KDDI/NHK/NTT東日本/NTT西日本/NTTドコモ/NTTドコモ(dカード)/楽天カード/関西電力/ライフカード/三菱UFJニコス(MUFGカード/DCカード/ニコスカード)/みずほファクター/アフラック収納サービス

イオン銀行 口座振替

郵送の手続きが必要な会社では、一度預金口座振替依頼書を取り寄せ、イオン銀行の普通預金口座の情報を記入後、捺印をして収納機関に郵送することで手続きが完了します。

郵送での手続きの場合は印鑑が必要になります。

預金口座振替依頼書で手続きをする会社は以下の会社です。

■郵送で手続きする収納機関
イオンクレジットサービス(イオンカード)/東京電力エナジーパートナー/楽天カード/クレディセゾン/セディナ/ジャックス/その他100社以上の収納機関

基本的には上述したインターネット手続きができない収納機関については郵送の手続きとなります。

同じイオングループのイオンカードが郵送で口座振替手続きが必要なのは意外ですね^^;

なお、以下の収納機関についてはイオン銀行店舗内に預金口座振替依頼書が設置してあります。

イオンクレジットサービス(イオンカード)/NHK/電気料金(東京電力エナジーパートナー)/ガス料金(東京ガス、東邦ガス)/固定電話(NTT東日本、NTT西日本)


イオン銀行で口座振替するメリット

イオン銀行 口座振替

  • 口座振替1件ごとに5WAONポイントがもらえる
  • イオンカードセレクトを持っているとさらに1件ごとに5WAONポイント
  • 各収納機関の口座振替特典を合わせるとカード払いより得することが多い
  • イオン銀行ポイントクラブのステージ判定にも使える

イオン銀行を引き落とし口座として口座振替の設定をすると、イオン銀行ポイントクラブの特典として口座振替1件ごとに毎月5WAONポイントをもらうことができます。

ポイント付与対象となるのは以下の収納機関です。

■ポイント付与対象となる収納機関
NHK/NTT東日本/NTT西日本/東京電力エナジーパートナー/関西電力/東京ガス/東邦ガス/KDDI/中部電力/北海道電力/au/NTTドコモ/ソフトバンク

イオン銀行 口座振替

電気ガス通信料金がポイント付与の対象となるので、多くの人が公共料金の支払をイオン銀行に集約させることでポイントをためることができます。

各公共料金では、口座引き落としにすることで料金が割引になるサービスがそれぞれありますので、それと合わせるとクレジットカードで支払うことよりもお得になることがほとんどだと思います。

イオン銀行 口座振替

イオンカードセレクトを持っていると、ボーナスポイントとしてさらに口座振替件数1件ごとに5WAONポイントがもらえてお得です。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

さらにイオン銀行ポイントクラブではイオンカードやWAON、イオン銀行の引き落とし金額に応じてステージが決まり、ステージが上がると特典がグレードアップしていきます。

公共料金の引き落としもステージ判定金額に含まれるので、公共料金をイオン銀行に集約させることでステージが上がりやすくなります。

ステージが上がることで、WAONチャージ時のポイント付与率がアップしたり、振込手数料ATM手数料が実質無料になったり、定期預金や投資信託を利用していることでもらえるポイントも増えるなど多くのメリットがあります。

直接的なポイントのメリットだけでなく、ステージが上がることでさらにポイントもたまりやすくなっていくので、イオン銀行で公共料金を引き落とししていくのはおすすめです。


まとめ

イオン銀行の口座振替について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 多くの収納機関で口座振替ができる
  • 口座引き落としすることで毎月WAONポイントがもらえる
  • イオン銀行ポイントクラブのステージ判定にも使える

多くの収納機関に対応しており、口座引き落としで困ることはないので安心ですね。

さらにイオン銀行で口座振替をするとWAONポイントがもらえて、イオン銀行ポイントクラブのステージを上げるのに活用できたりと色々とメリットがあります。

イオン銀行ポイントクラブのステージを上げることでイオンをさらにお得に利用できますので、ご自分の公共料金の利用状況をふまえて、イオン銀行の口座振替を活用していきましょう。


口座振替するならイオンカードセレクト

イオン銀行 口座振替

なお、イオン銀行で口座振替をするならボーナスポイントがもらえるイオンカードセレクトを作るのがおすすめです。

イオンカードセレクトを持っていると、普通預金金利が100倍に優遇されたり、WAONのオートチャージでポイントがたまるなど、多くの特典があります。

まだイオンカードセレクトを持っていない人はぜひイオンカードセレクトを持っておきましょう。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

これからイオン銀行の口座開設をする人は、同時申し込みができるので、手間がなくお得な入会キャンペーンの対象にもなるのでおすすめです。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が100倍になります。
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの100倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの100倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で5万円弱、20年で19万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を100倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ