イオン銀行ATMで硬貨の入出金はできる?対応状況と店舗の活用

公開日:2016年9月27日

イオン銀行 硬貨

銀行口座の残高が引き落としの金額に少し足りない時や、細かい金額を引き出したいときなど、硬貨小銭で入出金をしたい時があります。

金利が高く人気の、イオン銀行の「イオン銀行ATM」で硬貨の入出金はできるのでしょうか。

イオン銀行ATMで硬貨を入出金することはできる?

イオン銀行 硬貨

  • イオン銀行店舗内の一部ATMのみ硬貨の出金が可能
  • 硬貨の入金はイオン銀行ATMではできない

イオン銀行ATMは、イオン銀行の店舗内にある一部のATMであれば硬貨の出金が可能になっています。

多くのネット銀行では硬貨の入出金はできませんので、ATMで硬貨の出金ができるというのはイオン銀行の大きなメリットといえます。

セブン銀行ATMイーネットATMローソンATM等のコンビニATMでも硬貨の入出金はできません。


硬貨の出金ができるイオン銀行ATM

イオン銀行 硬貨

  • 硬貨の出金ができるのはイオン銀行店舗内のATMのみ

硬貨の出金ができるイオン銀行ATMはイオンの店舗内の所にあるイオン銀行の店舗に設置してあるATMです。

イオン銀行の店舗ではない、イオンに置いてある普通のイオン銀行ATMでは硬貨の出金ができませんので注意が必要です。

イオン銀行の店舗はイオンモールなどの比較的大型のイオンに店舗があります。

イオン銀行の店舗はイオンブランチという名前になっているので、最寄りのイオンや自分の生活範囲にイオン銀行の店舗があるか確認してみましょう。


硬貨の入金は店舗でできる

イオン銀行 硬貨

イオン銀行ATMで硬貨の入金はできませんが、イオン銀行には上述した通りイオンモール内などに店舗(イオンブランチ)がありますので、そちらの窓口で硬貨の入出金ができます。

メガバンクやゆうちょ銀行などても窓口での硬貨の入出金ができます。

多くのネット銀行には店舗がなく、窓口というものが存在しないので硬貨で現金を引き出すことができません。

細かい預金残高を出金したい場合には、振込等で別の口座に移す必要があります。


イオン銀行は店舗のあるネット銀行

イオン銀行 硬貨

イオン銀行は預金金利が高く手数料も安く利用できるネット銀行のようなサービスですが、店舗もあるので硬貨の入出金ができ、メガバンクとネット銀行のサービスの良いとこ取りをしたような銀行になっています。

同じグループのイオン内に店舗を出店することで、コストを抑えてネット銀行並みのサービスが提供できています。

銀行に手数料を払いたくないけど、いざというときには対面のサービスを受けたい人にはイオン銀行が最適の銀行といえます。


少額を入出金するには振込を活用

イオン銀行 硬貨

硬貨のような少額を入出金したい時には、振込を利用する必要があります。

イオン銀行は1人に1つしか持ってませんので、自分の銀行口座からイオン銀行の口座に入出金する場合には、イオン銀行以外の銀行を利用する必要があります。

そうなると、イオン銀行から振込(出金)する場合もイオン銀行宛に振込(入金)する場合も、ともに他行での振込という扱いになり振込手数料がかかります。


イオン銀行へ少額を入金

イオン銀行へ少額を入金する場合は、イオン銀行以外の銀行からイオン銀行へ振込をする必要があります。

一部のネット銀行では毎月一定回数だけ振込手数料を無料で利用できますので、そのような銀行を利用することで手数料無料でイオン銀行に送金ができます。

ただ、上述した通り、ネット銀行では硬貨を入金する術がない場合がほとんどです。

手持ちの現金をイオン銀行に入金したい場合にはイオン銀行の店舗に行って窓口で入金するか、メガバンクゆうちょ銀行など窓口で入出金ができる銀行へ行って、窓口で入金した上でイオン銀行に振込をする必要があります。

かなり面倒ですね。


イオン銀行から少額を出金

イオン銀行 硬貨

次にイオン銀行から少額を出金する場合です。

近くにイオン銀行の店舗がない場合、イオン銀行の口座から硬貨を出金するには、メガバンクかゆうちょ銀行の口座にイオン銀行から振込をして、振り込んだ先の銀行の窓口で硬貨を出金するしかありません。

イオン銀行の他行宛の振込手数料は216円かかりますが、イオン銀行ポイントクラブの特典で毎月最大で5回まで振込1件ごとに216WAONポイントをもらうことができます。

実質振込手数料が無料になることになりますので、毎月一定回数の範囲内で実質手数料無料で他行に振込ができます。

少しややこしいですが、硬貨を持っている場合や小額のお金を出金する場合には、上記のようにイオン銀行から他行へ振込を利用することで硬貨になるような少額を出金することができます。


硬貨の入出金ができないATMが多い理由

イオン銀行 硬貨

  • 防犯上の問題
  • スペースの問題
  • コストの問題

多くのコンビニなどに設置しているATMでは硬貨の入出金ができません。

硬貨が入出金できない理由は防犯上の理由とされています。

また硬貨の入出金をすると多くの硬貨が必要になりますし、硬貨を補充する必要がありコストもかかります。

またスペースも多く必要になるため、コンビニの限られたスペースの中で設置するATMとしては硬貨の人出金をさせないようにしているんでしょうね。


まとめ

イオン銀行 硬貨

イオン銀行ATMで硬貨を入出金できるのか見てきました。

  • イオン銀行ATMは一部のATMで硬貨の出金ができる
  • 硬貨の入金は窓口のみ
  • 少額の入出金には振込を活用する

イオン銀行の店舗内にあるATMであれば硬貨の出金ができます。

ですが、硬貨の出金が可能なATMは限られ、出金しかできません。

これは不便に感じるかもしれませんが、コンビニATM等では入出金は一切できないので、ネット銀行を利用している人にとってはイオン銀行は硬貨の出金ができる貴重な銀行です。

イオン銀行 硬貨

イオン銀行は預金金利が高く貯金用の口座として活躍する銀行です。

生活圏にイオンがあればイオン銀行ATMでいつも手数料無料で入出金できます。

その他みずほ銀行ATM三菱東京UFJ銀行ATMゆうちょ銀行ATMで手数料無料で入出金できるので、お財布がわりに使う銀行としても便利に使えます。

他のネット銀行と比較しても、かなり利便性の高い銀行です。

預金金利を少しでも高い銀行に預けたい人は、イオン銀行はおすすめですので検討してみてください。

イオン銀行の口座開設

イオン銀行 硬貨

なお、イオン銀行の高い預金金利を得るにはイオンカードセレクトを持っている必要がありますので、イオン銀行を持っていてまだイオンカードセレクトを持っていない人はぜひ作っておきましょう。

イオンカードセレクトの詳細を見てみる

イオン銀行口座とイオンカードセレクトの同時申し込みもできますので、これからイオン銀行の口座開設をする人は同時申し込みが手間がなくおすすめです。

イオンカードセレクトとイオン銀行の同時申し込み


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ