イオン銀行で競馬の馬券を買うことはできる?ネットで馬券を購入する方法・メリット

公開日:2016年12月29日

イオン銀行 競馬

普通預金金利が最強のイオン銀行はメイン銀行として利用している人も多いと思います。

ネット銀行経由でJRAの馬券を購入することができるので、最近はネット銀行で馬券を購入している人も多いです。

イオン銀行からネットで競馬の馬券を購入できるか気になる人も多いと思いますので、イオン銀行から馬券を購入できるか見ていきたいと思います。

イオン銀行口座で中央競馬の馬券は買える?

イオン銀行 競馬

結論から言うと、イオン銀行の口座からネット経由で馬券を購入することはできません。

イオン銀行は中央競馬の馬券購入に対応していませんので、イオン銀行ATMでも馬券を購入することはできません。

イオン銀行から馬券を購入するには、馬券購入に対応したネット銀行を準備して、イオン銀行から振込をしたり、イオン銀行の口座からお金を下ろして対象銀行の口座に入金後、馬券を購入する必要があります。

中央競馬の馬券が買える銀行(即PAT対応)は、住信SBIネット銀行楽天銀行ジャパンネット銀行じぶん銀行、三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行です。


イオン銀行口座で地方競馬の馬券は買える?

イオン銀行 競馬

イオン銀行では地方競馬の馬券も購入することができません。

地方競馬の馬券が購入できるサービスはありますが、即PATから地方競馬の馬券は購入することができ、全競馬場に投票ができるなど便利ですので、即PATを利用するのがおすすめです。

即PATが利用できる銀行は、住信SBIネット銀行楽天銀行ジャパンネット銀行じぶん銀行、三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行です。


ネットで馬券を購入する方法

イオン銀行 競馬

ネットで馬券を購入するには、ネット経由の馬券購入に対応したネット銀行の口座を準備する必要があります。

即PAT対応の銀行であれば、中央競馬、地方競馬どちらの馬券も購入することができます。

即PATに対応した銀行は、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、三菱東京U FJ銀行、三井住友銀行です。

イオン銀行 競馬

人気のネット銀行である住信SBIネット銀行が対応しています。

住信SBIネット銀行は毎月最大15回までATM手数料が無料になるなど、利便性が高いので、競馬用の口座を用意したい人には住信SBIネット銀行がおすすめです。

住信SBIネット銀行の口座開設

ジャパンネット銀行、楽天銀行は宝くじの購入にも対応していますので、宝くじも買いたい人はジャパンネット銀行か楽天銀行がおすすめです。

楽天銀行の口座開設

ジャパンネット銀行の口座開設

ソニー銀行やセブン銀行、新生銀行では馬券購入ができませんので、これらの銀行を利用している人は、上記ネットの馬券購入に対応している銀行口座を用意するようにしましょう。

即PATに対応したネット銀行を準備することで、自宅から馬券を購入することができ、当選金も自動的に入金されることになりますので、競馬がぐっと便利になります。

私は即PATを利用するようになってから、競馬を自宅で楽しむようになり、毎週ウインズに行かなくてもすむようになりました。

競馬を自宅で楽しみたい人は、ぜひ即PATに対応しているネット銀行を作ってみてください。


ネットで馬券を購入するメリット

イオン銀行 競馬

  • 自宅や外出先で馬券を購入することができる
  • ウインズに行く必要がない
  • 換金手続きが必要ない
  • 馬券を紛失する恐れがない

即PATでいつでも馬券が買える

ネットから馬券を購入することで、自宅のPCや外出先からスマホで馬券を購入することができます。

ウインズに行く必要がなく、人混みやギャンブラーや怖い人が多いウインズの何とも言えない雰囲気が苦手な人には大きなメリットとなります。

私は競馬は好きですが、ウインズの雰囲気は乱暴で怖い人が多いイメージでそれほど好きではありません。

ネット購入を知らない時には、いやいやでも仕方なく行っていましたが、ネット購入できるようになり、純粋に競馬を楽しむことができるようになりました。

私と同じように感じている人は少なくないと思いますので、ネットで馬券を購入することには大きなメリットがあります。


換金時のメリットもある

イオン銀行 競馬

また、購入時だけでなく換金時のメリットもあります。

ネットから馬券を購入すると、当選した配当金は銀行口座に自動的に入金されます。

そのため換金の手続きが必要ありません。

通常は当たり馬券はウインズなどで払戻を受ける必要がありますが、ネットから購入すれば払い戻しが必要なく、手間が少なくすみます。

ウインズで馬券の払い戻しをすると、当選金を狙ってスリや恐喝などトラブルに巻き込まれることもありますので、安全に配当金を受け取ることができる点も大きなメリットです。

また自動的に換金がされることで、配当のもらい忘れや当たり馬券のチェックミスなどを防ぐことができ、払い戻し忘れや漏れを防ぐことができます。

馬券の購入時、払戻時の両方でメリットがあり、馬券を買うならネット1択という状況といえます。


まとめ

イオン銀行 競馬

イオン銀行で競馬の馬券を買う方法やネットで馬券を購入するメリットを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • イオン銀行からネットで馬券は買えない
  • ネットで馬券を買えるのは、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行
  • 馬券を買うならネット1択

イオン銀行で馬券を買うことはできませんが、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行であればネットから馬券を購入することができます。

ネットから馬券を買うと、自宅から手軽に購入できたり、当たり馬券の配当金が自動的に入金するので換金忘れをすることもありません。

馬券を買うならネット購入がダントツで便利ですし、「私はウインズで買うのが臨場感があって好きだ」という人もウインズに行けない日に馬券を買えるようになるので、ネットで馬券を購入できる環境(銀行口座)は準備しておくと便利です。

競馬だけなら住信SBIネット銀行、宝くじなど公営くじ全般で利用したい人ならジャパンネット銀行、楽天銀行がおすすめですので、チェックしてみてください。

住信SBIネット銀行の口座開設

楽天銀行の口座開設

ジャパンネット銀行の口座開設

なお、楽天銀行の口座をすでに持っている人は、こちらから即PATの申込ができます。

即PATの無料申込(楽天銀行)

即PATの無料申込(楽天銀行以外)


本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひトップページから気になるページをご覧ください。



当サイトのおすすめネット銀行


logo-aeon
イオン銀行は預金金利が最強の銀行です。

クレジットカード機能付きのキャッシュカード「イオンカードセレクト」を持っている人だけの特典で、普通預金金利が0.1%上乗せ!
ネット銀行の中でもダントツに金利が高く、金利が高い銀行に預けたい人はイオン銀行がおすすめです。

リンク先はカードの申込ページですが、同時申込ができるのでイオンカードセレクトを紹介しています。
koushiki7
logo-sbi
住信SBIネット銀行は総合力が高く、誰にでもおすすめできるNo1ネット銀行です。

振込手数料ATM利用手数料はランクに応じてそれぞれ月に最大15回まで無料になります。

グループのSBI証券との連携サービスは株取引が便利になるだけでなく、普通預金金利がぐんとアップするメリットもあります。
koushiki2
ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードを導入しておりセキュリティに強いネット銀行です。

日本初のネット専業銀行で、様々なサービスに対応しており、オークションやポイントサイトを利用している方には特におすすめ。

3万円以上の入出金は回数無制限でATM手数料が無料!
koushiki2


高金利の銀行を選んでメガバンクの120倍の金利を得る

マイナス金利といわれる今だからこそ、少しでも金利を高くするために銀行選びが重要になります。金利の差はわずかでも10年20年と経った時に大きな預金の差をつけることができますよ。

今は一番金利が高い銀行に預けることで普通預金金利をメガバンクの120倍も高くすることができます。お得になる金額は毎年100万円を預け続けると、10年で7万円弱、20年で25万円以上になります。

銀行サービスを研究している当サイトでも、今一番お得な情報だと考えています。

特に今メガバンクを利用している人はぜひ一度見てみてください。

預金金利を120倍にする方法を見る



サブコンテンツ

このページの先頭へ